ハウステンボスの入場料金を割引クーポンなどで格安にする方法のまとめ。1DAYパスポートをお得に!

スポンサーリンク

長崎県にある国内最大級のテーマパークであるハウステンボス。
行ったことはありますか?

私はまだ小学生だった頃に家族旅行で行ったことがあります。

そんな私も今は父親になりました。
もしかしたら今後家族旅行で行くことになるかもしれないので、その時は少しでも安く済ませれた方がハッピーです!

このページでは、ハウステンボスで使える割引方法をまとめました。

ハウステンボスに安く入場する方法

エポスカードを使うと、いろいろ5%OFFに!

ハウステンボスに行くなら、エポスカードは必須でしょ!
そう言いたくなるぐらい、エポスカードでの特典が充実しています。

エポスカードを使うことで、ハウステンボスのあらゆる利用料が5%OFFになるんですよね。(2017/9/30までは7%OFF)

  • 1DAYパスポート
  • タワーシティ1F/2Fレストラン
  • 健康レストラン オーラ -AURA-
  • おみやげショップ

これらをエポスカードを使って一括払いすると割引対象になります。

1DAYパスポートまで割引になるってかなりすごいと思うのですが、エポスカードの威力を見せつけられた感じですね。

1DAYパスポートの通常料金と割引料金は以下の通りです。

年齢通常料金割引料金
18歳以上7,400円7,030円
中高生6,400円6,080円
4歳〜小学生5,000円4,750円
65歳以上6,900円6,555円

こうやって見比べると、5%安くなるのはかなり大きいと思いますよね。
大人だと、370円も安くなりますので。

1DAYパスポートだけでなく、レストランやお土産でも安くできるので、エポスカードを持っているだけでほぼ全般的に7%安くできると思って大丈夫かと思います。

エポスカードって年会費無料のカードなんですが、ハウステンボスで割引になるだけでなく、他にもめちゃくちゃ充実したサービスがありますので、本気でおすすめです!

スポンサーリンク

ハウステンボスエポスカードでミールクーポン1,000円プレゼント

エポスカードには、ハウステンボスのデザインや文字が入ったデザインカードの「ハウステンボスエポスカード」もあります。

ハウステンボスエポスカードを作ると、特典でハウステンボス内のレストランやカフェで使えるミールクーポン1,000円分をプレゼントしてもらえますよ。

これ自体はお得なのですが、通常のエポスカードを申し込む方が特典の内容が充実していますので、特におすすめではありません^^;

デイリーPlusで割引する

Yahoo!の会員制優待サービスであるデイリーPlusを使っても、ハウステンボスの1DAYパスポートを割引できます。

割引料金は一律で200円引き。

ハウステンボスでの割引は少し微妙な感じですが、他の施設ではめちゃくちゃ割引額が大きい場合もありますよ。

デイリーPlus、特に映画館を利用する場合はおすすめです。

あとは、エクスペディアでの海外出張・旅行時のホテル予約で割引が使えるのも便利なところ。

JAFで1人200円割引に

車を持っている方になじみ深いJAFの会員証を提示して、1DAYパスポートを買うと、1人あたり200円割引できます。

最大5人まで割引できるのがいいですね。

ヤフオク!などのオークションで安く手に入れる

ヤフオク!を探せば、ハウステンボスの1DAYパスポートなどが数多く出品されています。

個人間でのやり取りになるので不安になるかもしれませんが、評価をしっかりチェックしておけば、そうそう問題はないでしょう。

ヤフオクで買ったら、エポスカードで買うのと同等か、少し安いぐらいにはできる相場感でした。

もちろん、ヤフオクの場合は銀行の振込手数料を払わないように心がけましょう。

チケットショップで探してみる

ヤフオクより探しにくくはなりますけど、チケットショップでも販売されている可能性があります。

どこでもあるわけではないと思うので、チケットショップ巡りをするのはおすすめしませんが、通りかかったところであるかどうかチェックするぐらいにとどめておくのがおすすめです。

あればラッキー、みたいな感じがちょうどいいかな。

H.I.S株主優待券で割引券の記載があるものを使う

H.I.Sの株主優待券の中にハウステンボスの入場割引券があります。

1枚で500円割引になり、1枚あたり5人まで割引できるのが大きな魅力です。
最大で2,500円割引ですね。

もし、5人で行く予定があるなら、これはかなりお得な方法だと思いますよ!

もちろん、ヤフオク!でも仕入れることができます。

株主優待券は、やり方次第で証券会社の手数料だけで取得できますので、今後ハウステンボス以外でもいろいろ得したいと思うなら、ぜひ活用してみてください。

2DAYパスポート・3DAYパスポートだとちょっと安くなる

ハウステンボスってとても広いので、1日では回りきれないかもしれません。
そんな時は2日・3日とじっくり滞在して楽しみたいですよね。

そんな時のために2DAYパスポート・3DAYパスポートがあります。
大人の料金は以下の通り。

  • 2DAYパスポート:12,800円(1日6,400円)
  • 3DAYパスポート:16,400円(1日約5,466円)

どちらにしろ、1日あたりの料金は1DAYパスポートよりも安くなりますね!

年間パスポートを買う

1年の間に何度も何度もハウステンボスに行くのであれば、これまでの紹介してきた方法を使うよりも、年間パスポートを買ってしまった方が1回あたりの料金が安くなります。

年間3回以上いけば元が取れる感じになっていますし、長崎県民だとそれ以外の都道府県の人よりも安く買えるサービスもありますよ!

また、新規と更新で料金が変わってきます。
毎年使い続けるのであれば、2年目以降は年間パスポートの料金も安くなりますよ。

以下は、新規料金です。

  • 18歳以上:22,000円
  • 65歳以上:20,000円
  • 4〜17歳:16,000円

長崎県民だと新規料金が18歳以上・65歳以上が3,000円引き、4〜17歳が2,000円さらに安くなります。

クレジットカード一括払いで割引に

ハウステンボスのチケットを買う時には、クレジットカードが使えます。

クレジットカードで買えるので、一括払いにすると、ポイント分だけお得になりますよね。

還元率の高いクレジットカードでチケットを買えば、それだけよりお得になります。

現金で買うのではなく、クレジットカード一括払いでハウステンボスのチケットを買いましょう。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

JALカードを持っていて、JALマイレージバンクを使っていれば、JALマイルを貯めることもできます。

ショッピングマイル・プレミアムに加入していると、100円で2マイル、そうでなければ200円で2マイル貯まる仕組みです。

商品券や全国共通ゆうえんち券を使って入場する

ハウステンボスの入場券は、カード会社などのギフトカードを使って買うこともできます。

クレジットカードのポイント交換や、プレゼントでもらってギフトカードが余っているのであれば、ハウステンボスで使うのもいいと思いますよ。

リンク先はギフトカードを安く手に入れる方法についてです。

HISクーポンを使うと、ハウステンボス内のレストラン・カフェでの飲食代を割引できる

H.I.Sのクーポンを調べると、ハウステンボスの中にあるレストランやカフェでの飲食代を安くできるものがいくつか見つかります!

知っているかどうかだけでお得かどうか変わってくるので、これはぜひ活用したいですね。

平日だと、平日限定のクーポンもあったりします。

スポンサーリンク

ハウステンボスへの行き方と安くする方法

ここまではハウステンボスでの節約術を紹介してきましたが、そもそもハウステンボスへの行き帰りでもお金がかかりますよね。

行き帰りの交通費はなるべく節約しましょう!

公共交通機関でハウステンボスに行く場合、飛行機もしくは新幹線と特急を乗り継いで行く方法があります。

長崎空港を経由する場合の行き方と運賃

長崎空港の便があるのは、以下の空港です。

  • 羽田空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 中部国際空港
  • 那覇空港

長崎空港からは、連絡船もしくはバスでハウステンボスまで約50分で行くことができます。

連絡船の場合の運賃は片道1,960円・往復3,420円で、バスの場合は片道1,150円です。
どちらも同じぐらいの所要時間なので、バスの方が安い分だけお得感がありますね。

大村湾の船旅を楽しむのであれば、連絡船を使うのもまた楽しみ方の1つだと思います。

飛行機を使う場合は、スカイスキャナーを使って安い航空券を探しましょう。

新幹線と特急を使う場合の行き方と運賃

新幹線と特急を乗り継ぐ場合は、まず博多まで行く必要がありますね。

もし、東海道新幹線の区間も挟んで使うのであれば、エクスプレス予約を使って新幹線の運賃を安くするのがおすすめですよ!

私自身、使い始めてからそのお得さに気付いて、出張や旅行のたびに使っています。

おそらく東京から新幹線で行く方はそうそういないと思うので、新大阪から西の人を対象にして考えると、JR西日本の株主優待券を使って博多まで行くと、運賃を半額にできます。

博多駅からは、ハウステンボス行きの特急列車に乗り換えて、1時間45分で到着です。
博多からだとちょっと遠いですね。

宿泊する時はホテル代も安くしよう

ハウステンボスに行く場合、宿泊を伴うことの方が多いのではないでしょうか。

よりハウステンボスで楽しむためにも、ホテル代を少しでも安くできるに越したことはないですよね。

普段よく使っている宿泊予約サイトを使って、自分のプランに合う場所を探すのが一番です。

オフィシャルホテル宿泊者用のチケットがお得

ハウステンボスには、オフィシャルホテルがいくつかあります。
そこに泊まった方向けにパスポートが安くなる仕組みがありますよ。

オフィシャルホテル宿泊者用の割引には、1.5DAYパスポート・2DAYパスポート・3DAYパスポートの3種類があります。

それぞれ、普通に買うよりもかなり安くなりますので、宿泊するなら、オフィシャルホテルがおすすめですよ!

オフィシャルホテル宿泊者用の割引料金は以下の通り。

  • 1.5DAYパスポート:9,000円
  • 2DAYパスポート:10,900円
  • 3DAYパスポート:14,000円

ホテル代は別途必要ですが、かなり安いですよね。

さいごに

ハウステンボスで使える節約術で、劇的に効果があるものってないのですが、割引する方法はそれなりの数がありましたね。

特にエポスカードの割引特典は、かなり充実しているように思いました。

年会費無料のクレジットカードを持つだけで、割引になるのだから、お得としか言いようがないですよね。

このページで紹介した方法を使って、少しでも安くして、あとは思いっきりハウステンボスでの時間を楽しんでください^^

浮いたお金を飲食やお土産に回すのもいいと思います。

おまけ:他のレジャー施設で割引する方法

ハウステンボスにも国内最大級のレジャー施設がありますよね。
そういった場所に遊びに行くことを検討されている方は、以下のページで施設ごとに安くする方法を紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る