楽天カーサービスの査定は評判通り?使ってわかったメリット・デメリットまとめ

パパンダの画像

「そろそろ車検だし、ちょうどいいタイミングだから車を乗り換えようかなぁ」と思ったことはないですか?

もちろん乗り換える理由は、他にもたくさんありますよね。

乗り換えを考えたあとの行動は、「車を売る」ではないでしょうか!

売ればお金が手に入るので、今乗っている車は「いくらになるのか」が気になるところです。

どこかの中古車屋さんで見てもらうのも手ですが、1社だけだと「本当にその査定額なの?」と疑問に思うこともあるもの。

そんなときは、楽天カーサービスで一度にたくさんの査定会社で査定をしてもらいましょう!

普段、楽天市場で買い物をしているようであれば、お得かもしれません。

なぜかというと、楽天ポイントが成約で1,500ポイントももらえるからなんです!

楽天カーサービスで査定してもらうと、どのような流れになるのかや、査定額の差がどのくらいになるのか気になると思います。

このページでは、楽天カーサービスのメリット・デメリットから実際に使ってみた感想までを紹介していきますね。

楽天カーサービスの査定は評判通り?使ってわかったメリット・デメリットまとめ

楽天カーサービスの特徴

まずは、楽天カーサービスがどんなサービスなのかを詳しく紹介していきます。

▼特徴は以下のとおりです。

  • 一括査定で、楽天ポイントが5ポイントもらえる(翌月15日頃付与)
  • 成約で、楽天ポイントが1,500ポイントもらえる
  • 最大10社に一度に査定依頼

自分で1社ずつ、計10社に査定を申し込むのって結構手間がかかりますよね。
その点、楽天カーサービスでは、必要な項目を入力すれば同時に申し込めるので手間が省けます。

また、一括査定サービスってどこも同じように思うかもしれませんが、サービスごとに微妙に違いがあるものです。

査定してもらう査定会社は、自分で絞り込みできますよ。
多すぎて対応が大変なのであれば、ある程度絞り込めばラクです。

ただ、絞り込みすぎると安くできるメリットが減ってしまうので、3〜5社ぐらいは査定するようにしましょう。

楽天ポイントの付与について

日ごろの買い物を、よく楽天市場でしている場合、楽天ポイントを貯めていますよね。

楽天カーサービスは、その名のとおり楽天株式会社のサービスです。

一括査定のあと、成約で1,500ポイントももらえるのは、ありがたい!

▼ただし注意点もありますよ。

  • 付与ポイントは期間限定ポイント
  • 楽天会員IDでログインした状態で、査定依頼された場合のみ付与対象
  • 車の引渡し後、別途サイトより成約申請が必要
  • ポイントの付与は申請した翌々月15日頃

「楽天カーサービスで車を売ろう!」と思っている場合は、申し込みの時点から楽天会員IDでログインしておきましょう!

中古車一括査定のメリットとデメリット

今乗っている車(中古車)を一括査定するわけですが、基本的なメリットとデメリットって気になりますよね。

▼メリットは、以下のとおりです。

  • 査定依頼が一度に、WEBから短時間でできる
  • 一括査定なので、複数の買取店の査定金額を比較できる
  • 出張査定も対応可能な場合もある
  • 出張査定を利用する場合、複数社を同時に呼べば時間の節約ができる。また、競い合うので高額査定がでやすい
  • 中古車市場で人気の車種は、ディーラーよりも査定額が高くなることが多い

▼デメリットは、以下のとおり。

  • 実際に車を見て査定するため、複数の買取店とスケジュールを調整する必要がある
  • 査定額に満足したあとに売る場合、すぐの引き渡しになる。そのため、代車が確保できない場合は、生活が不自由になる場合がある
  • 住んでいる地域によっては、出張査定依頼が可能な買取店や、買取できる車種に制約がある
  • 車の状況により買取ができないと判断された場合、査定会社から連絡がない場合もある

物事やサービスには、メリットとデメリットはつきものです。
たとえば、デメリットのことばかり考えても仕方がないので、まずは申し込んでみるのがよいかと思いますよ。

楽天カーサービスのおおまかな流れ

インターネットから24時間いつでも、自分の好きな時間に利用できる楽天カーサービス。

実際に利用する前には、どんな流れで行われるのか、気になりますよね。

▼おおまかな流れは、以下のとおり。

  1. 専用フォームから申し込む
  2. 楽天カーサービスから確認メールが届く
  3. 各査定会社から電話やメールで連絡がくる
  4. 査定の日程を決める。また、査定会社によって「出張査定」か「来店査定」を選ぶ
  5. 実際に車を査定してもらう

流れはとても単純です。

楽天カーサービスに申込する手順について

ここからは、楽天カーサービスを申し込みする方法を紹介していきますね。

▼まずは、楽天カーサービスのページを開きます。
「今すぐ査定依頼スタート」を押しましょう。

【楽天カーサービス】今すぐ査定依頼スタート

▼車両情報を入力する画面に移動しました。
以下の項目を入力しましょう。

  • メーカー名
  • 車種名
  • 年式
  • 走行距離
  • 車体色
  • 車検有効期限

【楽天カーサービス】車の情報を入力

【楽天カーサービス】車の情報を入力

▼氏名などの基本情報は、楽天IDログイン状態であれば、自動的に入力されています。
空欄の場合は、ログインされていないので、楽天市場などで一度ログインしましょう。

【楽天カーサービス】基本情報を入力

なお、氏名などの基本情報で入力する欄は、以下のとおりです。

  • 氏名(漢字)
  • 氏名(フリガナ)
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

▼査定会社を選ぶ画面に移動しました。
最大10社が表示されますが、僕が申し込んだときは4社出てきましたよ。

【楽天カーサービス】査定会社を選ぶ

出てきた査定会社は、以下のとおりです。

  • カーセブン
  • ビッグモーター
  • シーボーイ
  • カープライス(楽天グループ)

▼査定会社を選んだあとは、先ほど入力した基本情報に間違いがないかどうか、確認をしましょう。

【楽天カーサービス】申込内容の確認

▼「よろしければ、以下の項目にもお答えください」の欄も、楽天IDでログインしている場合、自動的に入力されていました。
問題がなければ、「この内容で査定依頼する」を押しましょう。

【楽天カーサービス】この内容で査定依頼する

▼申込完了です!
買取相場も出ていますね。

【楽天カーサービス】査定依頼完了

▼申込後には、査定依頼完了メールも届きます。

【楽天カーサービス】査定依頼完了メール

一括査定申し込み後のできごと

楽天カーサービスで申し込んだあとは、しばらくして選んだ査定会社から電話がかかってきますよ。

電話にでられる状況であれば、すぐにでも具体的な査定の手続きができるのでいいですね。

ただ、「申込だけは先にしておいて、あとでゆっくり予定を決めよう」と思っている場合は、はやめにかかってくる電話がわずらわしく感じられます。

電話に出られるような余裕があるときに、楽天カーサービスで申し込むがよいかもしれませんね。

実際の査定時に必要なもの

車を査定するには、楽天カーサービスで申し込みが必要ですよね。
その後、実際に査定会社に行ったときには、何か持って行くものがあるのか気になります。

▼車の査定に必要なものは、以下のとおりです。

  • 査定してもらう車
  • 車検証
  • 自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の証明書

査定してもらう車

「査定してもらう車」がないと、意味がないのはわかりますよね。
たとえば「来店査定」を依頼する場合、間違えても家族や友人の車で行かないようにしましょう。

車検証

車検証は、車を運転するうえで必ず車内に保管しておかなければなりません。
そのため、忘れることは少なそうですね。

万が一紛失している場合は、陸運支局等で再発行してもらいましょう。
なお、手続きはナンバーを発行した陸運支局等で行う必要があります

だから、引越し後に登録(届出)時の都道府県外へナンバー変更をしていない場合は、自宅から遠く離れた陸運支局等まで行かなければならないので注意です!

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の証明書

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられています。
新車購入時、または車検取得時には必ず加入しているので、証明書があるハズ。

それでも自賠責保険の証明書が見つからないときは、保険会社に問い合わせをして再発行してもらいましょう。

もし、自分が加入している保険会社がわからない場合は、車を購入したお店や、車検をお願いしたお店に相談します。

中古車査定会社での査定の流れ

楽天カーサービスで申し込んだあとは、選んだ査定会社から電話がかかってきましたよね。

その後、実際に車を見せて査定をしてもらう必要があります。
それぞれの査定会社での手続きや流れが、どのようになったのかを紹介しますね。

シーボーイでの査定結果

まずは、シーボーイからです。

▼電話連絡だけではなく、個別にメールも届きましたよ。
3,000円という、衝撃的な安さですけどね…。

【車査定比較.com】シーボーイからのメール

古い車なので仕方がありませんが、実際に車両本体を見てもらわないと、なんともいえませんよね。

シーボーイからかけてきてもらった電話にでるのが、電話代がかからなくてよいですが、出られなかったときはかけなおしましょう。
フリーダイヤルがあると、ラッキーですね。

▼査定がどんな感じで行われるのか気になったので、いろいろ聞いてみた結果がこちら。

査定は、「出張査定」と「来店査定」が選べます。
お車の査定時間は、だいたい15分~20分です。
その後、具体的な査定額などの話しがあるので、合計で30分~1時間くらいかかりますよ。

僕は、自宅からお店が近いこともあり、「来店査定」を選びました。
電話で来店の日時決めや、お店の場所確認などを話しますよ。

▼約束した日時に、お店へ向かいます!

【車査定比較.com】シーボーイ

▼車を査定してもらっていますよ。
査定開始前に、車のキーと車検証を渡します。
車検証は、コピーを取られますよ。

【車査定比較.com】シーボーイの査定

査定は、約20分くらいで終わりました。
電話でいわれたとおりですね。

▼査定が終わったあとは、店内で具体的な話しを聞きます。

【車査定比較.com】シーボーイの査定結果

査定額は、メールに載っていたとおり3,000円でした。
相場価格というものがあり、どうしてもこの価格になるそうです。

車の年式や走行距離、需要などで相場は変わるので、もちろんもっともっと査定額が高くなる車種もありますよ。

僕が乗っている車はすごく古いので、少額となってしまいます。
残念…。

また僕の場合、車検がまだ1年以上残っているため、自賠責保険の差額の約10,000円くらいは上乗せできるとのこと。
ちなみに軽自動車税は、戻ってきません。

なお査定額は、査定した「今」の価格のため、売るタイミングで変わります。
査定を依頼したときに契約書を書くと、売るタイミングがあとになっても「査定したとき」の価格が保証されるとのことでした。

しかしながら、売るまでの間に事故をしたなど、車体に傷やへこみ、変形があると価値は下がります。

このように、売るときのことも詳しく教えてくれました。
接客もていねいで、とてもよかったですよ。

▼査定には子供と一緒にいったので、キッズスペースの存在がありがたかったです。

【車査定比較.com】シーボーイのキッズスペース

金額を聞いたからといって、「すぐにその場で車を売らなければならない」ということはないので、安心してくださいね。

「見積書」のような書面は、もらえませんでした。

すべての話しが終わったのは、来店から1時間後です。

ビッグモーターでの査定結果

次は、ビッグモーターです。

▼電話連絡だけではなく、個別にメールも届きましたよ。
具体的な金額は載っていません。

【車査定比較.com】ビッグモーターからのメール

申し込み直後の電話には出られなかったので、僕から電話をして査定の予約をしました。

▼査定がどんな感じで行われるのか気になったので、いろいろ聞いてみた結果がこちらです。

お車の査定時間は、だいたい20分です。
弊社は中古車の販売も行っているので、乗り換えの予定があるのならご案内もできます。
お時間があれば、ご来店いただくことは可能でしょうか。

乗り換えのことも想定して、ちゃっかりと営業もされますよ。
新しい車の案内が不要な場合は、断ってくださいね。

ビッグモーターも自宅からお店が近いので、「来店査定」にしました。
このあと、来店の日時決めをします。

▼約束した日時に、お店へ向かいましょう!

【車査定比較.com】ビッグモーター

査定開始前に、車のキーと車検証を渡します。
車検証は、コピーを取られると思いますが、特に何もいわれませんでした。

▼車の査定をしてもらっている間は、「商談予約席」でフリードリンクをいただきながら、リラックスして待っていました。

【車査定比較.com】ビッグモーター商談席

店内は明るく流行りのJ-POPも流れていて、広々しているので待っている間も、飽きませんよ。

フリードリンク以外のサービスとしては、ポップコーンの無料提供、キッズスペース、そして授乳室なども完備されていました。
家族向けには、ピッタリのお店だと思いましたよ。

電話では20分で査定が終わるといわれましたが、そのとおりで約20分ほどで終了しました。

▼ちなみに、「査定前に、何か自己申告はありますか?」と聞かれたので、左のサイドミラーが壊れていて、ネジで無理やり固定していることを伝えました。

【車査定比較.com】サイドミラー破損

サイドミラー部分は見てわかるものですが、「車体フレーム」など見えない部分の不具合や修理状況などは、包み隠さず伝えた方がいいですね。

査定が終わったあとは、店内で具体的な話しを聞きます。

具体的な査定額の話しからではありませんでした。
僕が車を売る目的は「乗り換え」です。

そのため、乗り換える車の提案を含めた話しでしたよ。

ただ単に、「車を売りたい」というだけの場合は、正直申し訳ないですが「無料引き取り」でした。

たまたま、私のお客様で「状態はどうでもいいので、乗りやすい車を探している」というかたがいます。

この方へ、今のお車をお渡しする前提と、パパンダさんが望んでいる条件を精一杯くんだ提案をさせていただきました!

車の査定は約20分で終わりましたが、その後の提案は1時間を超えるもので、僕も真剣に対応しましたよ。
熱意が大切です。

その結果、査定額は以下のとおり。

ビッグモーターで、乗り換えの車をご購入いただくのであれば、「下取り」というかたちで10万円は引かせていただきます。

な、なんということでしょう。
「ただ単に売る」だけでは「無料引き取り=0円」ですが、乗り換え目的の車をビックモーターで買う条件により、10万円まで跳ね上がりました!

しかしながら、このような提案がすべてあるわけではありません。

▼以下のタイミングや条件が、重なったからだと思います。

  • 車を売る目的が乗り換え
  • 乗り換える車もビッグモーターで購入すること
  • 営業担当のお客さんのうち、状態はどうでもいいので乗りやすい車を探している
  • あるていど、査定価格を操作できる裁量のある営業担当(肩書は「営業主任」)だった

このような条件は、本当に「運」だと思います。

ちなみに金額を聞いたからといって、「すぐにその場で車を売らなければならない」ということはないので、安心してくださいね。

「見積書」のような書面は、もらえませんでした。

カーセブンでの査定結果

カーセブンの店舗情報を確認すると、自宅から30分~40分もかかることがわかりました。

結構遠いですよね。

ちなみに先ほど紹介した2店舗(シーボーイ、ビッグモーター)は、車で10分の距離です。

よほどドライブが好きだとか、数社の査定会社と比べたい場合は、時間をかけて行ってみてもよいですね。

店舗へ行くメリットとしては、来店特典として500円のQUOカードがもらえること!
自宅から店舗が近い場合は、ぜひ行ったほうがいいと思います。

でも僕は30分~40分もかけて行くことと、なおかつ査定する時間がだいたい1時間、そして帰り道も30分~40分と、合計3時間もかけたくありませんでした。

店舗へ行けない場合は、自宅まで出張査定ができるか電話で聞いてみましょう。

▼もしくは申込後に送られてきたメールに、出張査定希望のフォームがついていたので、返信してもOKです。

【楽天カーサービス】出張査定依頼

▼日程を調整して、出張査定の日を決めましょう。

【楽天カーサービス】出張査定の日程を決める

……約束の日時より少し前に、車の掃除をしていたところ、査定員から電話がかかってきました。

平成16年式の車ですよね?
この場合、再販はできないんです。

あ、再販というのは、うちが買い取って再度お店で販売することなんですよ。

ですので、現場で車を見ても同じことが言えます。

でも車検期間が、令和3年2月まであるので、その分を考えると引き取り額は、20,000円となりますね。

なんと、出張査定を依頼していたのに、約束の時間20分前に電話で告げられました…。

せっかく予定を空けていたし、車の掃除までしていたのに!!

どうも古い車種や人気がない車種だと、このような扱いになるみたいですね。

査定額は20,000円でした。

出張査定の基準にある車の場合は、査定のスタッフが来てくれ、車を見てくれるので、安心してくださいね。

しかし、もう少し早めに電話連絡が欲しかったです…。
とても残念な気持ちになりました。

カープライス(楽天グループ)での査定結果

カープライスは、さきほどまで紹介してきた3社とは、少し違います。
車の査定というよりは、オークション形式で売却額が決まるんです。

車を売りたい金額「ウリキリ価格の設定」をし、この価格を超えると売買成立という流れ。

そのため、カープライスの上手な使い方は、他の査定会社で査定してもらった金額を参考に、ウリキリ価格の設定をするといいですよ。

▼もしカープライスを利用するのであれば、まずは無料車両検査の予約から開始です。
SMSでメッセージが届いたので、指定URLから進みましたよ。

【楽天カーサービス】カープライスの無料車両検査

▼「認証コードを発行」という画面に移動しました。
すぐに認証コードが、SMSに届くので入力し、「入力完了」を押しましょう。

【楽天カーサービス】認証コード

▼パスワードを入力し、「設定してログイン」を押します。

【楽天カーサービス】新しいパスワード

▼「無料検査を予約しましょう」のページに移動するので、あとは進めていくだけです。

【楽天カーサービス】無料検査を予約しよう

注意点としては、他の査定会社の査定をせずに、いきなりカープライスで申し込んでしまうこと。

よくわからず、そのまま無料検査を行い、「これくらいの金額で売れたらいいなぁ」という金額を設定、そして売買成立してしまうと、もう引き返せません。

ですので、最後の最後で申し込みをしましょう!

▼僕の場合、これまで査定してもらった結果は、以下のとおりでした。

  • シーボーイ:13,000円
  • ビッグモーター:100,000円
  • カーセブン:20,000円

それぞれ最大限の金額ですが、この金額から「ウリキリ価格」を決めるといいですよね。

そうですねぇ、できれば高く売りたいので、強気で100,000円を設定したいところ!!

……ただ、本当にこの金額を超えて競り落とされてしまうと、車を売らなきゃいけません。

まだ新しい車が手元になく、車が無くなってしまうと困るので、これ以上は進めませんでした。

申込から査定完了までの経緯

楽天カーサービスに査定申込をしたあと、査定完了までどのくらい時間がかかるのか、気になりますよね。

▼実際に査定申し込みをしてみた結果は、以下のとおりです。

出来事日時
査定申込2019年12月13日 11:47
査定会社からの最速電話2019年12月13日 15:55
実際の査定:1社目2019年12月16日 10:30
査定完了と話し:1社目2019年12月16日 11:35
実際の査定開始:2社目2019年12月17日 10:30
査定完了:2社目2019年12月17日 10:55
査定完了後の提案終了:2社目2019年12月17日 13:00
電話の査定:3社目2019年12月20日 12:40
査定完了:3社目2019年12月20日 12:40

2社目のビッグモーターに関しては、提案終了まで時間がかかっていますが、査定自体は約20分で終わりましたよ。

申込から査定完了まで、だいたい7日ほどかかっています。

ひとつの目安としてみてください。

楽天カーサービスを使ってみた感想

楽天カーサービスで車の査定を受けてみると、査定会社によって対応の違いがわかりますね。

実際に車を見てもらわないと正確な査定金額がわかりませんが、申し込み後のメールでだいたいの金額を教えてくれたり、「電話してください」という対応だけもあります。

また、メールや電話だけでは査定会社の雰囲気や査定するようすなどはわかりません。
比較もできませんよね。

査定をしてもらってから、自分にとってよい査定会社を選ぶといいですよ。

▼結果をざっくりとまとめます。

査定会社査定金額備考
シーボーイ3,000円自賠責保険残で+10,000円
ビッグモーター100,000円乗り換えの車を購入するなど条件あり
カーセブン20,000円車検期間が1年以上あるため
カープライス(楽天グループ)オークション形式
※ウリキリ価格(最低希望落札価格)を超えた場合、車の売却が必要

楽天カーサービスは最大で10社の査定を受けられます。
地域によっては、僕のように4社という場合もありますよ。

「10社でなくても、4社もあるので十分かな」と思いました。
また反対に「10社もあると、比較するのも大変だし、見てもらうのも大変…」という思いが出てきたかもしれません。

ただし4社の査定会社が出てきたとしても、「連絡がとれない」や「連絡なし」の状態もあるかもしれませんね。
すべてにおいて「査定を受けなければいけない」ということはないので、少し負担が減りますね。

さいごに

楽天カーサービスを利用すると、申し込みが一度に行えてとても便利です。

また申込自体はインターネットからできるので、24時間のうち都合のよい時間が使えるのも魅力。

手間としては、実際に車を見てもらわないといけない点ですね。
仕事や育児、家事をしていると、なかなか隙間時間を確保するのは難しいですよね。

何日か都合のよい日をピックアップしてから、申し込むとスムーズに手続きができるかもしれませんよ。

おまけ:他にも売りたいものがある場合

ノマド的節約術では、車だけではなく、いろいろなジャンルの買取を試しています。
もし、気になるジャンルがあればチェックしてみましょう。

この記事を書いた人

岡山県在住の主夫Webライター。お金の使い方は「ドケチ」、一方で奥様が「散財系」なので、困っています…。それでも僕としては「お金に愛されている」と思っていますよ。社会保険系・給与系でのお金のこと、福祉的なことをわかりやすく丁寧にお伝えします。あらゆる「手順系」も得意です!

パパンダのプロフィール