VIO脱毛は本当に痛いのか体験してみた!痛い理由と痛みを軽減する4つの方法もブログ記事で解説

スポンサーリンク

「VIO脱毛したいけど、怖い…」
「痛さが気になって脱毛しようか悩んでいる」

そんな悩みはありませんか?

こんにちは!
現在VIO脱毛をしているMasako@macha_tabi15です。

VIO脱毛は清潔感を保てますし、施術する人が増えて最近では、珍しいことではなくなりましたね。
私はVIO脱毛をする前は痛みが気になり、不安が大きかったです。

しかし不安とは裏腹に、VIO脱毛はみるみる効果が出て快適になったので、迷っているなら絶対おすすめですよ!

今回実際に医療脱毛でVIO脱毛をしたので、気になる「痛み」についてや、痛さを軽減する方法などを徹底的に解説しますね。

VIO脱毛の痛い理由と痛みを軽減する方法

VIO脱毛はクリニックかサロンどちらが痛い?

脱毛をする時に悩むのが、脱毛サロンで受けるか、脱毛クリニックで受けるかですよね。
痛さがあるのは、断然脱毛クリニックです。

脱毛クリニックは医療脱毛でレーザーを使用して、医師免許を持っている先生か看護師さんが施術してくれますよ。

出力が高いため痛さはありますが、その分短期間で施術が終わり永久脱毛の効果もあります。

アンダーヘアは毛が濃い部分なので、脱毛サロンでは出力が弱く効果が出るまで時間がかかり、何年も通わなければなりません。

そのため私は、痛さを伴ってでも脱毛クリニックを選んでよかったと思いました。

以下の記事で、サロンとクリニックの違いをもっと細かく説明しているので、もっと知りたい場合は合わせて読んでみてくださいね。

VIO脱毛は本当に痛い?どんな痛さなのか実際に施術した感想

施術ベッド

実際に湘南美容クリニックで施術してきたので、よりリアルに痛さや施術内容を解説していきます!

施術前はスキンチェックが入り以下の確認がされますよ。

  • きちんとシェービングできているか
  • 傷などないか
  • 日焼けしていないか

毛が剃れていない場合は、一箇所の部位につき500円かかりますが剃ってくれました。

日焼けや剃った後の傷があると、その箇所を避けての施術になるのでお手入れの際は気をつけましょう。

不安になりながら、先生に「痛いですか?」と聞いたら、「出力を下げたり、我慢できない場合は麻酔もすることもできますので、言ってくださいね。」とのことで少し安心。

施術前にひんやりしたジェルを塗ってもらい施術がスタートします!

Vラインの痛み

Vラインは、痛みというよりじんわりくる熱さがあり、時々チクッと肌に刺さる痛さがありましたが、全然我慢はできる範囲でした。

パンツを脱いで下半身を丸出しの施術は痛みより、恥ずかしさがまずありましたが、先生も慣れているので手際よく話しながら施術してくれましたよ。

緊張すると痛みが出てしまうので、「リラックスしてくださいね〜」といわれましたが、最初はそれどころじゃなかったです。笑

Iラインの痛み

Iラインは、片足を折り曲げ横に倒しての施術で、全て丸見えなのでかなり恥ずかしい格好になります。

そして、VIOの中でもIラインが1番粘膜が薄く痛みを感じやすいです。

何回かに分けてピッピッと当てていくのですが、VIOの中で1番痛い!

熱さとチクチクと肌に刺さる痛さで、泣き叫ぶほどではないのですが、つい力んでしまいビクビクしてしまいました。

ただ、30秒くらいであっという間に終わったので全然我慢はできるくらいでした。

Oラインの痛み

Oラインは、うつ伏せになりレーザーを当てていきます。

Oラインは、VとIと比べると毛が少なく薄いからか、私的にはVIOの中で1番痛みを感じず楽勝でした。

それよりも人にお尻を見せるなんて、脱毛の先生って凄いなぁともうここからは、恥ずかしさよりも感心と感謝の気持ちでしたね。笑

VIOの脱毛で一番痛かったのは”I”の部位

結果VIOで1番痛みを感じたのは、Iでその次がV、Oでした。

先生も慣れていて手際がいいので、施術自体は5〜10分で終わり、後は冷やして30分以内には終了しましたよ。

VIO脱毛は確かに痛いですし、最初当てられる時の怖さもあるのですが、終わったら思っていたよりも平気で「なんだ、こんなもんか。」とほっと安心しました。

もちろん痛みの感じ方は人それぞれなので、痛みがひどい場合は麻酔をしたり、出力を下げることもできますよ。

VIOは痛いもんだと思って挑戦すると、心構えができると思います。

VIO脱毛の痛みを減らす方法

痛みをできるのなら減らしたいですよね。

VIO脱毛はお手入れや、施術する期間を考えることで痛みを和らげることができます。

1. 保湿する

施術部分が乾燥していると、脱毛で痛みを感じやすくなるので要注意です。

お肌に潤いがある場合は、毛根の奥までレーザーが届くので施術が綺麗に仕上がり、痛さも軽減されます。

普段から、シャワーやお風呂の後に保湿ケアを意識しましょう。

2. 施術場所は日焼けしないように気をつける

脱毛をする場合は、日焼けは要注意です。

光脱毛もレーザー脱毛も、黒い色素に反応するので、日焼けをすればするほど痛みが出やすくなります。

VIOはそこまで日焼けしない部位だと思いますが、わたしは海外に行ったときのビキニの日焼けが残っており、いつ日焼けしたのか聞かれました。

日焼けがひどいと施術ができない可能性もあります。

3. 生理中は避けた方がいい

生理中でも脱毛が可能なところも多いですが、生理中はホルモンのバランスが崩れて肌が敏感になりやすいので、通常よりも痛みを感じる場合があります。

生理中のVIO脱毛は気まずいですし避ける場合がほとんどですが、痛みも伴うので予約の際は被らないようにしましょう。

4. 痛みの少ない機械を選ぶ

脱毛の機械によっても、痛みの強さは変わってきます。

最初に説明を受けると思いますが、痛みが心配な場合は看護師さんに相談して、痛みの少ない機械を選んだほうがいいですよ。

湘南美容クリニックでは、ウルトラ美肌脱毛とアレキサンドライトから2種類選べました。

ウルトラ美肌脱毛の方がジェルを塗り保湿しながら施術し、比較的に痛みが軽減されるということでこちらに決めましたよ。

ウルトラ美肌脱毛

痛みというよりは、熱いときがありますが、なんとか乗り越え無事施術完了!

痛みを堪えてでもVIO脱毛をして良かったこと

VIOの痛みを聞いて、「みんな痛そうにしているのに、なんでVIO脱毛できるの?」と思いませんか?

私も最初は痛さに耐えてまで、脱毛するべきか考えました。

しかし、多少の痛みを堪えてでも「VIO脱毛は心の底からやって良かった!」と言えます。

その理由は4つあります。

1. 効果が目に見える

VIO脱毛はレーザーだと、それなりに痛いですが回数を重ねるごとに、面白いくらい効果が目に見えます!

脱毛してから数日後に毛が抜け出し、次に生えてくる毛が回数を重ねるごとに薄くなったり、範囲が狭まるんです。

改めて医療脱毛で正解だったなと思いました。

2. お手入れが楽になった

Vラインの毛の範囲が狭まるので、パンツに毛がはみ出る心配もいりませんし、段々とお手入れが楽になりますよ。

以前は毛を剃ってチクチクする、シェーバーで肌を傷つけるなんてこともありましたが、毛が細くなるので最高です。

3. ムレなくて生理のときも楽チン

VIOの毛があると、暑い日や生理の日は特にムレるので気持ち悪いですよね。

まだ3回しか当ててないので、全部つるつるにはなってないですが、だいぶ毛量は減りムレなくなりました。

4. 清潔感が保てる

VIO脱毛は世界から見ても、エチケットになりつつあります。

毛がなくなると、デリケートゾーンが洗いやすくなり、ムレにくく清潔感が保てるのも魅力です!

以下の記事で、VIO脱毛をする前とした後の感想を正直に述べてるのでぜひ参考に一読してみてくださいね。

さいごに:VIO脱毛は快適!

VIO脱毛は、部位が部位なだけあり恥ずかしさもありますが、恥と痛さを耐えてでもやる価値はあると私は感じました!

たった6回ほど痛さを耐えるだけで効果がみられ、1年弱で綺麗になりこれからの人生でVIOの毛に悩まされないなら、コスパは抜群です。

それでも、痛さに耐えられるか不安な場合は、実際にクリニックに行って体験や相談をしてみるのがおすすめですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

Masako Yoneda

大阪出身。 海外旅行が大好きでフリーランスの仕事をするようになりました。 1年の半分は気づけば海外に。 海外をお得に回ることが大好きなのでオトクな情報を発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る