間違えてクレジットカード購入したJRきっぷ(乗車券)を払い戻しする方法

松本 博樹の画像

JRきっぷを買ったはいいけど、間違ってたということはないでしょうか。

いつも間違えることはないのですが、たまたま間違えて買ってしまうことがあり、それがもったいないので払い戻しできないか試してみました。

結果、なんとか払い戻しができましたので、やり方をまとめておきますね。

ちなみに今回、クレジットカードでJRきっぷを買いました。

駅員さんに間違えて買ったことを伝える

間違えてJRきっぷを買ってしまったときは、駅員さんに伝えるのが確実です。私もどうしようと思ったときにまず駅員さんに聞きました。

そこで払い戻し手続きしてくれる場合もあれば、次にやることを教えてもらえると思います。

駅によっては精算所で手続きする

私が利用したのは札幌駅で、その場合は駅にある精算所に行って払い戻し手続きしてくださいと言われました。

精算所にいるスタッフさんに事情を説明して払い戻ししてもらうことになりました。

今回、JRきっぷをクレジットカードで購入したので、「払い戻し手数料で220円かかりますがいいですか?」と聞かれましたが、払い戻さないよりはお得なので泣く泣く手数料を払うことに。

クレジットカード購入の場合は払い戻し手続きのために暗証番号を入力しないといけません。

▼手続きが済んだら、クレジットカードご利用票がもらえました。

JRきっぷを払い戻したときの明細

540円のJRきっぷを間違えて買ったのですが、払い戻し手数料で220円払ってしまったので、結局は損になりました。

マニアックな話になりますが、札幌駅から新千歳空港駅の区間は分割きっぷするほうがお得になるのですが、間違えて分割する片方の区間を2枚買ってしまったのが原因でした…。

50円節約になるはずが220円払ったので、結局170円の損でした。

さいごに

このように、JRきっぷを間違えて買ってしまったときは、少し損にはなりますが、払い戻しするのがおすすめです。

買ってしまった金額すべてがムダになることを考えると、わずかな手数料を払ってでも払い戻したほうがお得ですからね。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール