Suica・PASMO・ICOCAの端数を使い切る方法まとめ。残金0円にするやり方とは

スポンサーリンク

こんにちは!
意味のないお金の使い方をしたくないと思っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

Suicaを使っていて、もうこれから使うことがないから、0円まで使い切ってしまいたいと思うことはないでしょうか。

残高が残ったままだと、なんだかもったいない気持ちになってしまいますよね。

でも、Suicaにはチャージしているお金があって、それ以上の支払いがあったときにちゃんと使えるのだろうかと気になるのではないでしょうか。

私自身もSuicaをどうやったら使い切れるのだろうかと悩んでしまっていました。

そこでこのページではSuicaの残高を使い切るためにできる方法を詳しく紹介していきますね。

Suica・PASMO・ICOCAの端数を使い切る方法まとめ

まずはSuicaの残高確認しておこう

Suicaを使い切るためにまずやっておきたいのが、今の残高がいくらあるのかを把握しておくことです。

Suicaの残高がわかっていないと、そもそも使い切るためにどうすればいいのかを考えるのが難しくなりますからね。

Suica残高の確認方法はいろいろとありますので、以下のページを参考にまずは残高確認しておきましょう。

Suicaの残高確認は、支払いやチャージをしなくてもできますよ。

Suicaを使い切る方法

Suicaの残高確認ができたら、今の残高がわかると思いますので、その金額を元にSuicaを使い切る方法を考えていきましょう。

ちなみに、Suicaを使い切るためにできることは以下のような方法がありますよ。

  • 残高とまったく同じ金額の買い物をする
  • コンビニで使って端数を現金で支払う
  • Suicaで切符を買う

このあとで、それぞれの方法について詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

残高とまったく同じ金額の買い物で使い切る

Suica残高を使い切るための方法ですぐに想像できるのが、Suicaの残高とまったく同じ金額の買い物をすることだと思います。

例えば154円のSuica残高があるなら、ちょうど154円の買い物をすれば、残高0円になりますよね。

ただし、この方法のデメリットがあります。
というのも、そうそう残高と同じ金額の買い物はできないですよね。

わざわざ調整して買い物するのは、かなり計算が必要になるし頭も使います。

パズルなどが好きでゲーム感覚で楽しめるなら、この方法がいいと思いますよ。

コンビニなどの買い物で使い切る

日本各地どこにでもコンビニでは、Suicaを使った買い物ができますよね。

支払いの手間も省けて便利だと思います。

コンビニでの支払いにSuicaを使えば、残高を使い切ることができますよ。

もし、買い物の金額がSuicaの残高を上回っていたとしても、残りの支払いは他の方法で払えば大丈夫です。

そのため、確実にSuica残高を使い切れる方法といえますよ。

ただし、Suica残高を使い切るためとはいえ、必要のないものを買ってしまっては意味がありませんので、必要な買い物のときに使うようにして、ムダ使いにならないように意識しておきましょう。

Suicaで切符を買って使い切る

もう1つ、Suicaの残高を確実に使い切るのであれば、切符を買うようにするのがおすすめです。

私は、東京にいたときに「都区内パス」を使うためにSuicaを使い、残高が足りなかったので、残りを現金で支払って購入したことがありました。

都区内パスを券売機で購入する方法

これのおかげで、特に考える必要もなくSuicaを使い切ることができてホッとしましたね。

残高0円になれば払い戻し手続きしておこう

もし、これまで紹介した方法を使ってSuicaの残高を0円にできたら、Suicaカードの払い戻し手続きをしておきましょう。

普通のSuicaカードを使っているのなら、最初に購入したときにデポジットとして500円支払っています。

残高が0円になっていれば、デポジットの500円をそのまま取り戻せますよ。

通常は払い戻しするときに220円の手数料が必要になるのですが、220円以下の残金しかなければ、デポジットがそのまま戻ってくる仕組みです。

そのため、残高0円だと1円も手数料を取られることなく500円戻ってきます!

Suicaを使い切るのは、デポジットをまるまる取り戻すために必要な手続きでもありますよ。

PASMOやICOCAでも同じやり方でOKです

ここではSuicaの残高を使い切るための方法に特化して紹介してきましたが、他の交通系ICカードでも同様の方法で残高を使い切ることができますよ。

PASMOやICOCAなどいろいろな交通系ICカードがありますが、使い切りたいなら、これまで紹介してきた方法を利用しましょう。

さいごに

ここで紹介してきた方法を使うと、Suicaの残高をちゃんと使い切って0円にできますね。

ただ、普通のSuicaを使っていると、このように残高を使い切ることを考えないといけません。

こんなことを考えないといけないのはやっぱり面倒ではないでしょうか。

もし、また別のSuicaを使うのであれば、クレジットカードと一体型のSuicaにしておくのがおすすめです。

ルミネカードビックカメラSuicaカードJRE CARDなどのオートチャージに対応しているSuicaだと、手間が省けて便利ですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る