ドイツのクレジットカード事情や支払い方法はどう?現金払いのお店も意外とあります

スポンサーリンク

こんにちは!
ドイツに旅行したことのある、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ドイツ旅行するときに気になるのが、ドイツ国内での買い物でクレジットカードが使えるかどうかですよね。

実際にドイツに旅行してきましたので、ドイツのクレジットカード事情がどうなっているのか、感じたことを中心に紹介していきます。

ドイツ フランクフルト駅

ドイツに行くならクレジットカードは必須!

いきなりですが、ドイツに行くのであればクレジットカードは必須です。

買い物や食事したときの支払いに使えるのはもちろんのこと、保険代わりとしても使えますからね。

クレジットカードでの支払いに抵抗がある場合でも、海外旅行傷害保険が自動付帯になっているクレジットカードを持っておくことで保険代わりにできます。

そのため、ドイツ旅行するときにクレジットカードは必須アイテムといえますよ。

これはドイツ旅行に限らず、どこの国に行くときも同じですね。

「自動付帯」という言葉が出てきましたが、詳しく仕組みを知るなら以下のページをチェックしておきましょう。

海外旅行傷害保険が自動付帯になっているカードをドイツに行く前に用意するのであれば、エポスカードがおすすめですよ。

年会費無料で持てる割に保険の内容が充実していますからね。

クレジットカードが使えないケースもそこそこある

ドイツのお店ではクレジットカードが使えるところがそこそこある印象でした。

ただ、思ってたほどは多くなかったですね。

ドイツは先進国のイメージがあるので、どこでも使えるのかと思っていましたが、実はそうではなかったんです。

例えば・・・

  • タクシーを利用したときはクレジットカードが使えなかった
  • 小さなお店など小額決済の場合もクレジットカードが使えなかった

なんてことがありました。

過去、オーストラリアやニュージーランドに旅行したときは、どこでもクレジットカードが使えてほとんど現金が必要なくて、そのイメージで行ったらそんなことはなかったです。

そのため、ユーロの現金を用意しておく必要があります。

支払いはクレジットカードと現金のユーロを使い分けよう

マネーパートナーズ 成田空港で外貨受取 ユーロ

ドイツでは、どこでもクレジットカードが使えるわけではないので、クレジットカードだけに頼ると心もとないです。

そのため、クレジットカードとユーロ現金の両方を用意しておき、状況に応じて使い分けるのがいいですよ。

私もそんな感じでドイツ滞在しました。

ユーロへの両替でお得にする方法は、以下のページが詳しいですよ。

FXのマネーパートナーズを使うか、クレジットカードのキャッシングを使うのがおすすめです。

Sony Bank WALLETが便利だった

Sony Bank WALLETカード

ドイツ滞在でクレジットカードは必須なんですが、私は買い物では一度もクレジットカードを使いませんでした。

その代わりに使っていたのが、ソニー銀行のデビットカードである「Sony Bank WALLET」です。

クレジットカードよりおすすめな理由は、決済時に手数料がかからないこと。

クレジットカードだと、決済時に1.6%ほど手数料が上乗せされてしまうんですが、Sony Bank WALLETの場合はそれが0円ですからね。

ソニー銀行の外貨預金でユーロを入金しておけば、そこから引き落とされる仕組みです。

かかる手数料は日本円からユーロに変えるときの手数料だけ。
1ユーロあたり0.15円という安さ。

クレジットカードを使うことでもらえるポイントを差し引いても、Sony Bank WALLETのほうがお得ですので、私はドイツ滞在中にカード払いできるところは全部これで決済しました。

▼以下の明細は、ドイツの空港でバーガーキングを利用したときに7.99ユーロ支払ったものです。
余計な手数料がかからずちゃんと7.99ユーロ引かれていますね。

ソニー銀行のデビットカードで外貨決済できた証拠

ソニー銀行は、海外利用だけでなく国内での利用もATM手数料が無料になったりするので、確実に持っておいたほうがいい銀行口座の1つですよ。

さいごに

ドイツ フランクフルトの街並み

このように、ドイツではクレジットカードがどこでも使えるわけではありません。

だからといって、クレジットカードをまったく持っていかないというのはいい選択肢とはいえないです。

クレジットカードを持っていきつつ、現金も持っていく。
支払いはソニー銀行のデビットカードを使って、手数料を節約するのがお得な方法ですよ。

浮いた手数料の分だけ、使えるお金が増えますので、より旅行を楽しめますよね!

それでは、よいドイツ旅を!

おまけ:関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る