楽天信用口座とは?楽天証券信用取引の手数料や金利・口座の作り方から審査の流れや体験談のまとめ

松本 博樹の画像

楽天証券では、信用取引にも対応しています。

信用取引で株の売買をしたい場合や、株主優待を取得するためにクロス取引したい場合に役立ちますよ。

ただ、楽天証券に口座開設しただけでは信用取引ができません。口座開設後に別途申し込みする必要があるのですよね。

そこでこのページでは、楽天証券の信用取引についてや、信用口座の作り方手順を詳しく紹介していきます。

ちなみにタイトルは「楽天信用口座」を入れましたが、楽天証券の信用口座のことです。

楽天信用口座とは?信用取引の手数料や金利・体験談などまとめ

楽天証券の信用取引手数料について

楽天証券の信用口座を作るのにはお金はかかりません。

ただ、信用口座ができたあとの信用取引については手数料がかかりますよ。
これはどこの証券会社であっても同じですね。

楽天証券の信用取引手数料は、業界内でも低く設定されているので、取引しやすいと思います。

2つ手数料コースがあるので、それぞれ詳しく紹介しますね。

超割コースの手数料

1つ目が「超割コース」です。
超割コースは、1回の取引ごとに手数料が決まる仕組みですよ。

超割コースの信用取引手数料
取引金額手数料
10万円まで99円
20万円まで148円
50万円まで198円
50万円超385円

手数料の1%分がポイントで戻ってくる特典もありますよ。

ちなみに大口優遇になると、取引金額に関係なく手数料0円になります。
大口優遇には少なくとも5000万円以上必要になるので、あまり気にしなくていいですよ。

いちにち定額コースの手数料

もう1つのコースが「いちにち定額コース」です。

こちらは、文字通り1日あたりの取引金額合計で手数料が決まる仕組みですよ。

いちにち定額コースの信用取引手数料
1日の取引金額合計手数料
50万円まで0円
100万円まで943円
200万円まで2,200円
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,100円追加
3,300円

1日50万円までは無料になっているのがいいところですね!

50万円以内の銘柄をクロス取引で株主優待取得のために使ってみると、手数料節約になりますよ。

ETF・ETN・REITは手数料無料になる

信用取引する場合、ETF・ETN・REITの対象銘柄の場合は、手数料無料で取引できます。

余計なお金がかからないのはうれしいですね。

信用取引には金利が発生する

楽天証券で信用取引する場合、手数料だけでなく信用取引することによる金利もかかってきます。

信用取引の金利はどこの証券会社を使っても発生しますが、証券会社ごとに微妙に金利は違いますよ。

ちなみに、金利の一覧は以下の通りです。

  • 制度信用取引:買方通常金利 年2.80%
  • 一般信用取引(無期限):買方通常金利 年2.80%
  • 一般信用取引(1日・100万円以上):年0.00%
  • 一般信用取引(1日・100万円未満):年1.80%

制度信用取引・一般信用取引と聞き慣れない単語が出てきましたが、以下のページで意味を解説していますよ。

株主優待目当てで信用取引する場合は、なるべく一般信用取引を使うほうがおすすめです。

信用口座の開設基準や審査について

これから楽天証券の信用口座を作ろうと思ったときに、自分が作れるかどうか気になるかと思います。

信用取引になると、普通に株を売買するよりもリスクがあるため、誰でも作れるわけではありません。

ちなみに、楽天証券の信用口座開設基準は以下のようになっています。

  • 総合取引口座または法人口座を開設済み
  • インターネットが使える環境がある
  • メールアドレスがある
  • 登録の電話番号に間違いがなく、常時連絡をとることができる
  • 他社を含め、信用取引あるいは一定の現物株式取引の投資経験がある
  • 金融資産が100万円以上ある
  • 年齢が80歳未満であること

楽天証券の口座があれば、信用口座が作れますよ。

楽天証券の口座開設と同じタイミングで信用口座も作れる

また、楽天証券にこれから口座を作る場合は、信用口座も一緒に作れます。

▼口座開設を進めていると、「信用取引口座の申込」という項目が出てくるので、そこで「申込む」を押すだけですね。

楽天証券の信用口座開設

ちなみに楽天証券の口座開設は以下のボタンからできますよ!

楽天証券で信用取引口座開設する流れ

ここからは、既に楽天証券の口座を持っている状態で、信用口座だけを作る流れを紹介していきますね。

まずは楽天証券にログインしてください。

ログイン後、上のメニューにある「国内株式」→「信用取引情報」と進むと、以下の画面が出てきます。

▼申し込みするためのボタンを押して次へ進んでください。

楽天証券で信用取引口座開設する

▼次の画面を開くと、「申込が必要なお取引」というメニューがあり、そこに「信用取引」があります。横にある申込ボタンを押してください。

楽天証券の信用取引口座開設

次の画面へ進むと、注意事項や規定の書類を確認します。
▼これを一読して納得できれば、右にある「同意します」にチェックを入れましょう。

楽天証券の信用取引口座開設 規約を読む

画面を下にスクロールすると、信用取引口座開設にあたってのアンケートを入力していきます。

▼最後まで入力できれば、確認画面へ進んでください。

楽天証券の信用取引口座開設 アンケート回答

▼確認画面では、先ほどの入力内容が表示されます。
問題ないかチェックして、一番下にある申込ボタンを押してください。

楽天証券の信用取引口座開設 確認画面

▼これで楽天証券の信用取引口座開設申込ができました。お疲れ様でした!

楽天証券の信用取引口座開設完了

あとは審査に通るのを待ちましょう。

電話連絡がある可能性もあるので、心構えだけはしておくのがいいですよ。

信用口座開設のお知らせが郵便で届いた

その後、ログインした時に見れるメッセージボックスにメッセージがなかなか届かないので、これは審査落ちしたのかと思っていたら、忘れた頃に郵便が届きました。

楽天証券で信用口座開設 封筒が届く

開封してみると、信用口座が開設できたとのこと。良かった〜!

楽天証券 信用口座開設ができました

信用取引のやり方

楽天証券の信用口座ができれば、いよいよ信用取引ができます。

やり方は、株を買うときと同じような流れで、「信用買い」もしくは「信用売り」で注文すればOKです。

▼銘柄画面から「信用新規」を選べば進めますよ。

楽天証券 信用取引

以下のページは、信用売りのやり方を詳しく紹介しています。
株主優待タダ取り(クロス取引)するときに使えますよ。

さいごに

楽天証券で信用口座は必ずしも必要というわけではありませんが、株主優待を狙いたい・株の売買を積極的にやりたい場合は、必須と言っていいぐらいです。

信用口座を作ったからといって、取引をしないといけないわけでもないので、一旦作っておくというのもおすすめですよ。

私も日常的に信用口座を使っているわけではないですが、既に口座があるからいつでもできるという意味の安心感はあります。

信用口座以前に、これから楽天証券の口座開設から進める場合も、一気に終わらせられるのがいいですね。

以下のボタンから一気に信用口座と合わせて口座開設できますよ!