40〜50代にVIOの介護脱毛が人気の理由やメリット・デメリットを紹介

Masako Yonedaの画像

こんにちは、脱毛ライターのMasakoです。

最近男女問わず脱毛をする人が、私の身近でも増えています。

特に20〜30代で脱毛をしている若者が増えている印象でしたが、新しく「介護脱毛」という言葉を耳にするようになってきました。

「VIO脱毛をしていたほうが、介護されるときに気まずくないよね。」

と介護される日に備えて、VIOを脱毛する40〜50代の方が増えているんです。

そこで今回は、介護脱毛が人気な理由やメリットなどを紹介したいと思います!

40〜50代にVIOの介護脱毛が人気の理由

介護脱毛とは?

介護脱毛とは、介護を受けるときにアンダーヘアがあると、排泄時や体を綺麗にするときに邪魔になったり、雑菌が入り様々なトラブルの原因になる可能性があるので、介護される日に備えてVIOを脱毛しておくことです。

脱毛は20〜30代に人気なイメージがあったのですが、先を考え40〜50代の中で介護脱毛をする人が増えています。

介護に向けてVIO脱毛をしておく4つのメリット

なぜ介護脱毛が増えているのかというと、40〜50代にもなると自分の親を介護することも多くなり、肉体的にも精神的にも負担があることを知っているからです。

VIOに毛がないだけで介護の負担は少し楽になります。

介護脱毛をするとどんなメリットがあるのか具体的に紹介しますね。

1. 清潔感があり介護する人に不快な気持ちをさせない

排泄が自分でできなくなると、オムツをしないといけなくなります。

オムツを変えるときに、便や尿がアンダーヘアについてしまうと拭き取りずらくなって、菌が繁殖してしまったり、介護するときに手間にもなってしまいます。

清潔感を保つためにも、介護する側の負担を少しでも減らせるようにと、アンダーヘアの処理はしておきたいと考えるようです。

2. 匂いがこもりにくい

またオムツだと匂いがこもりやすいですが、アンダーヘアがないと処理もしやすく匂いがこもりずらいです。

ムレると雑菌も繁殖しやすく、炎症や感染症の原因にもなるので、アンダーヘアを処理しているとそういった心配が減りますね。

3. 介護される恥ずかしさや気まずさが減少する

いざ介護される立場となると、特に排泄面では恥ずかしさや気まずいと感じる人がほとんどです。

しかし、VIO脱毛をしておくことで毛が生えていないので、介護する側への負担が少し減り、気まずさや恥ずかしさが減少します。

介護脱毛のデメリット

介護脱毛には、メリットがたくさんありますが、デメリットはあるのでしょうか。

ここでは、介護脱毛をするデメリットを紹介します。

若い世代が多く脱毛をするときに恥ずかしい

脱毛は20〜30代の人が特に多いので、スタッフや施術者も20代が多いです。

そんな中、40〜50代の自分が脱毛するのは恥ずかしい…と思うかもしれません。

しかし、気にしなくて大丈夫です!

最近では人生100年とも言われているので、40〜50代なんてまだ若いんです。

最近は介護脱毛も人気が出てきているので、徐々に40〜50代の利用者も増えています。

早めに脱毛をしておくのがおすすめです。

白髪が生えていると脱毛が痛い

歳を重ねると白髪が生えてきますよね。

残念ながら光脱毛やレーザー脱毛器では、白髪は脱毛できません。

白髪は反応しないので、痛みの強いニードル脱毛を使っての施術になります。

そのため一般的な脱毛よりも値段が高く、痛みも強いので白髪が生えてくる前までに脱毛を完了しておくのがおすすめです。

介護脱毛をするならどこまでVIO脱毛すべき?

介護脱毛をするなら、どこまでVIO脱毛をすべきか悩みますよね。

ここでは介護脱毛で人気のVIOのデザインを紹介します。

VIOすべてツルツル

介護脱毛で一番人気なのは、VIOを全てツルツルにするハイジニーナです。

ハイジニーナが人気の理由は、今後オムツをするようになったときに備えて衛生的や介護する側のためにもという思いがあるようですね。

どうせ脱毛するならツルツルにしておく方が楽とハイジニーナは選択する40〜50代が増えています。

Vだけ少し残す

IとOは完全にツルツルにし、Vラインだけ減毛し形を整えて残すのはハイジニーナの次に人気です。

ハイジニーナだと少し抵抗感があるという場合は、Vラインを少し残すと安心感があるようですね。

さいごに

介護脱毛は最近40〜50代に人気が出てきた、老後を考えた脱毛です。

親の介護をしている年代だからこそ、VIO脱毛の毛があると何かと処理が難しいことがよくわかっていて、自分の将来に備えて脱毛する人が増えています。

VIOの毛があると、オムツを履くとムレて匂いやすく、便も拭きづらく介護している側にも負担を与えてしまうかもしれません。

VIO脱毛すると清潔感を保ちやすく、快適に過ごせますし、介護する側へ配慮することができます。

この話を聞いて、介護脱毛に興味を持った人はまずは体験で話を聴きに行ってみてはいかがでしょうか。