お菓子代が家計に与える影響はどれぐらい?2019年4月の家計簿公開!【Yukiの家計簿連載 #7】

スポンサーリンク

ついに新元号「令和」がスタートしましたね!

慣れ親しんだ「平成」はもう過ぎたんだと思うとまだ実感がわかないですが、きっと徐々に新しい元号に慣れて、「令和」が当たり前になっていくのでしょうね。

さて、そんな平成最後の2019年4月の家計簿を集計しましたので公開していきますよ!

2019年4月の支出大公開!

それではさっそく先月4月の家計簿の内訳を公開しますね!
ちなみに10の位は四捨五入しての金額です。

まずは固定費から。

2019年4月の固定費
項目金額
家賃64,000円
水道代2,000円
電気代4,300円
ガス代2,100円
スマホ代3,300円
Wi-Fi代0円
AdobeCC3,200円
合計78,900円

続いて、変動費です。

2019年4月の変動費
項目金額
食費24,500円
日用品1,800円
交通費4,600円
医療費1,700円
ヘルスケア費3,900円
交際費5,100円
娯楽費19,000円
美容費6,600円
服飾費8,900円
その他2,600円
合計78,700円

2019年4月の総支出は157,600円となりました。

ちなみに保険や年金は入れていないです。

2019年4月の家計簿についての反省

今回はそれなりに出費を抑えることができました!

詳しく見ていきましょう。

固定費の反省

いろいろと削減できた部分があり、固定費が下がっています!

まず水道光熱費ですが、さらに暖かくなってきたのでトータル8,400円でした。
ガス代がグッと下がったためですね!

前回(2019年3月)からガス代は下がり始めてはいましたが、今回はさらに-1,500円の2,100円で済みましたよ。

これから当分はこのくらいで推移していけたらいいなと思います。

一方で電気代が前月比-100円と、ほとんど下がっておらず面食らいました。

やっぱりウォーターサーバーの影響なのでしょうか…、もう少し様子見ですね。

そしてスマホ代が1,200円ほど安くなりました。

これは機種代として今まで分割で支払っていた分がなくなったためです。
24回払いはやっぱり地味に長いですね。

あと1年くらいは今の端末を使い続けたいので大事に使おうと思います。

そしてさらにWi-Fi代がなくなりました。

前まではポケットWi-Fiでネットを利用していたのですが、今住んでいる物件がインターネット無料なので、引っ越してからポケットWi-Fiを使うことがほとんどなくなっていたんですね。

ちょうど契約更新月が近づいていたので解約金ゼロのタイミングで解約しました。

今後はこの項目は無くなります。

削れる部分が削れて良かったです!

変動費の反省

食費の24,500円はまずまずでしょうか。

相変わらずお菓子の割合がかなり高いです…。
お菓子にかける金額が減るだけで食費削減に繋がるのですが…、意志が必要ですね。

食費はできればもう少し抑えたいところです。

交通費は、たびたび出掛けた時に乗る電車代が積み重なって意外とかかってしまいました。
できるなら用足しは一度にまとめるなどして、電車に乗る回数を減らしたいですね。

そして久しぶりに医療費がかかってしまいました。

今回はそんなに大きな金額にはなりませんでしたが、検査や通院となると医療費も相当な出費になりますからね、健康第一ですね。

娯楽費は相変わらずスノーボードの分が大きいです。
できればもう少し行きたかったのですが我慢しました。

5月もまだやっているスキー場はあるので行きたいところですが、今シーズンはここで終了です。
来シーズンのために、今できる時に節約しようと思います!

あとは久しぶりに服飾費がかかりましたね。

私は洋服や靴など、買って失敗することがたまにあるのですが、今回買ったものは正解でした。
いい買い物ができるとお金を払っても良い気分になるのでいいですね!

他の項目はいつも通りというところでした。

今回は反省するほど無駄に使ってしまったという部分はそんなになかったように思います。

さいごに

今回は特出している項目があるわけでもなく、バランスの良い内訳でした。

固定費も減らせる部分を削減できたので、今後も何か減らせる部分はないかチェックしつつ、無駄な出費は避けていきたいと思います。

次月もぜひまた読んでいただけたらうれしいです!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

Yuki

1987年生まれ、埼玉県在住。大学卒業後に一人暮らしを始め、同時に節約生活を開始。目的のために貯めては使い、貯めては使いでなかなか増えませんが、30代になったのでしっかり貯金を増やしていきたいです。

執筆メンバの一覧を見る