Kitacaのチャージする4つの方法。端末・コンビニ・クレジットカードでの方法を紹介

スポンサーリンク

札幌エリアでは、メインの交通系ICカードはKitaca(キタカ)が使われています。

そんなKitacaを使う上で知っておきたいのが、チャージするときのやり方です。

初めてだったり、慣れていないうちはどうやってKitacaにチャージしたらいいのかがわからないですよね。

そこでこのページでは、Kitacaにチャージする方法をまとめて紹介していきます。

Kitacaのチャージする方法を紹介

Kitacaにチャージする3つの方法

Kitacaにチャージする方法はいくつかありますので、まずは一覧でまとめてみました。

  • 現金でチャージする
  • コンビニでチャージする
  • クレジットカードでチャージする

いろいろな方法でKitacaにチャージできますよ。
ここからはKitacaにチャージするそれぞれの方法を詳しく紹介しますね。

現金でKitacaチャージする方法

よく使うKitacaへのチャージ方法は、現金からのチャージだと思います。

札幌近辺の各駅では、Kitacaにチャージする端末が置いてあり、そこから現金を入れると気軽にチャージできますよ。

また、Kitaca以外の交通系ICカードへのチャージにも対応しています。

もちろん、SuicaやPASMO・ICOCAにもチャージ可能ですよ。

では、チャージの具体的なやり方を紹介しますね。
▼まずはチャージ端末の前に立って、Kitacaのカードを差し込みましょう。

端末からKitacaにチャージする方法

▼続いて、チャージ金額を左下から選びます。
今回は3,000円にしました。

端末からKitacaにチャージする方法

▼金額を設定できたら現金を入金しましょう。

端末からKitacaにチャージする方法

▼現金を入れたらすぐにチャージが完了しましたね。

ちゃんとおつりも出てきます。

端末からKitacaにチャージする方法

▼領収書をもらうようにボタンを押せば、紙が出てきますよ。

端末からKitacaにチャージする方法

スポンサーリンク

コンビニでKitacaにチャージする方法

Kitacaはコンビニでもチャージできます。
対応している主なコンビニはこちら。

  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

レジで店員さんにKitacaチャージしたいことを伝えたら、あとは流れに沿ってチャージすれば完了しますよ。

チャージではないですが、普通にコンビニの買い物でKitacaを使えば残高がいくらあるのかもわかります。

セブン銀行ATMからKitacaにチャージする方法

また、主にセブンイレブンに設置されている、セブン銀行ATMを使ってもKitacaにチャージができます。

駅の券売機からチャージするのと同じような感覚でKitacaにチャージできますよ。

具体的なチャージ手順は以下のページが詳しいです。
Suicaの手順ですが、Kitacaでもまったく同じですよ!

クレジットカードでKitacaにチャージする方法

クレジットカードでKitacaにチャージできたらポイントが貯まってお得だと思いますよね。

でも、普通のKitacaではクレジットカードからのチャージに対応していません。

ではKitacaにチャージする方法がないではないか、と思うかもしれませんね。

そのときに使えるのがイオンカードKitacaです。

イオンカードKitacaだと、200円ごとに1円分のポイントが貯まるため、チャージすればするほどポイントが貯まりますよ。

Kitacaは繰り返し使うものになると思いますので、イオンカードKitacaでチャージするようにしておけば、その都度ポイントで戻ってきてお得になります。

Kitacaのチャージ方法の中で一番おすすめの方法ですね。

もし今後もずっとKitacaを使うのであれば、イオンカードKitacaがおすすめです。

イオンカードKitacaでチャージする場合は、みどりの窓口での対応になります。

Suicaを使うのもおすすめ

これまで紹介したいずれのKitacaチャージ方法はいずれも少し時間がかかります。

チャージにかける時間がもったいないと思うのではないでしょうか。

それならば中心となるエリアは異なるものの、Suicaを使うのも検討するのがいいと思います。

電車に乗ることだけ考えるなら機能面では大差ないですし、モバイルSuicaを使っていれば、スマホの操作だけでチャージが完了しますよ。

私もiPhoneでSuicaを使っていますが、アプリをちょこっと操作するだけでチャージできるため、片手間で終わります。

クレジットカードと紐付けるため、しっかりとポイントも貯まるのがいいですね。

Suicaにしようと思うのであれば、ビックカメラSuicaカードにすると年に1回でも使えば年会費無料にできるのでおすすめです。

さいごに

Kitacaを使い続けていくのであれば、チャージは欠かせないですよね。

どうせチャージはすると思いますし、せっかくならお得な方法を使って少しでも交通費を節約できるようにしていきましょう。

さいごに紹介したイオンカードKitacaでのチャージはおすすめですよ。

参考:イオンカードKitacaを使うにはこちらから

Kitacaにこだわらないのであれば、Suicaも検討してみましょう。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る