10万円以上あげる人が全体の13%!大人が子供にあげるお年玉の総額がすごいことになっていた

スポンサーリンク

子供や親戚の子供にいくらお年玉をあげますか?

「ノマド的節約術」では、この度、お年玉をあげる人を対象に『お年玉にいくら使うか?』を教えていただくアンケートをとってみました。

その結果、驚くべき事実が判明したのです。
というのも、お年玉に10万円以上支払う人たちが全体の13%もいたからです・・・!

10万円以上・・・!?

少子高齢化が叫ばれて久しい昨今。
お年玉に10万円・・・!!?

月給が30万円のサラリーマンからすると、月給の1/3がお年玉に消えるということです。
数字にすると信じがたいですが、その証拠に以下のアンケート結果をご覧ください。

アンケート集計結果

お年玉の金額で悩んでいる人が多かったのか、アンケート回答者数は2,600人を超え、たくさんの回答が集まりました。

このアンケート結果を見る限り、お年玉に10万円以上使う方が13%もいます。

10万円以上になるケースをシミュレーション

10万円以上になるケースをシミュレーションしてみました。

●自分の子供もしくは親戚に大学生が1人、高校生が1人、中学生が1人、小学生が1人、幼児が1人いるケース。
————————————————————
大学生・・・3万円
高校生・・・2万円
中学生・・・1万円
小学生・・・5,000円
幼児・・・1,000円
————————————————————

これだけでも結構な金額を支払っている気はしますが、上記の合計でも66,000円です。
10万円には程遠いです。

10万円が必要になる条件とはどんな条件なのでしょうか・・・。

別のケースで考えてみます。

●自分の子供もしくは親戚に大学生が4人いるケース。
————————————————————
大学生・・・3万円×4=12万
————————————————————

このケースだと、12万円に達しましたね。
しかし、よく考えてみると、自分が大学生のときに3万円ももらっていなかった気がします・・・。

10万円とは一体・・・。

もしよろしければ、Twitterなどのコメントでお教えいただけると幸いです。

それでは、よいお年を・・・。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る