うっかりさん必見!財布・携帯・貴重品をなくしたときに必ずやるべき対処方法まとめ

石川優太(yutaishikawa)の画像

こんにちは!フリーライターの石川優太(@yutaishikawa_)です。

私事ですが、僕は先日財布を失くしてしまいました。
厳密に言うと、財布ではなく「鞄ごと盗まれた」のですが……。

事の発端は、飲み会で調子に乗ってお酒を飲みすぎたことでした。

家に帰ろうと思ったとき、すでに午前4時をまわっていて、このまま始発の電車を待つか、タクシーで帰るかを迷っていました。

そのとき、飲んで疲れも溜まっていたのか、道端に座り込みそのまま居眠りしてしまったのです。

気がつくと、肩にかけていたはずの鞄がなく、手ぶらの状態で朝を迎えました。

こういった「お酒の失敗」の経験、一度はあると思います。
僕の場合は手元に携帯もありませんでしたが、ポケットに入っていた小銭入れだけが残っていました。

それが、6月初旬の出来事です。

そこで今回は、”もしも”のときに役立てるよう、財布(や携帯電話)の紛失・盗難に遭ったときの対処方法を紹介します。

財布をなくしたときの対処方法

もし携帯も紛失してしまった場合の対処方法

iphone5
約12,000円で買いなおしたiPhone5

鞄を失くしてハッと目が覚めた僕は、すぐに警察署に向かい、クレジットカード・キャッシュカード・携帯電話の使用を一時的に停止するようにお願いしました。

ですが、後々に携帯電話を利用停止したのは失敗だったことに気づきます。

もし財布も携帯も失った場合、すぐに携帯電話を止めてはいけません!

それはどうしてかというと、非常事態に備えて、各キャリア(softbank、au、docomo)は「ケータイ捜索サービス」というプランを用意しているからです。

これはカスタマーセンターが独自の技術を使い、GPSで携帯電話の位置情報を特定するサービスのこと。

僕と同じように、財布等の貴重品と同時に携帯も紛失してしまった場合、焦らずにカスタマーセンターへ連絡しましょう。

そうすると、盗難・紛失後に手がかりが掴めるかもしれません。

各キャリアのサポートセンター一覧はこちらです

紛失ケータイサービス
引用:紛失ケータイ捜索サービス | ソフトバンク

さきほど説明した「失敗だったこと」というのは、捜索サービスのことを知らずに、携帯自体のサービスを止めてしまったことでした。

普段から携帯電話に暗証番号ロックをかけていますよね?
もしロックをかけていない場合も、悪用される前に適切な措置をとりましょう。

iPhoneの場合はiCloudの機能で「iPhoneを探す」こともできますね。
このサービスを使えば、遠隔でデータを削除することもできます。

しかし、どんなに頭がいい人でも、焦ってしまうと頭の働きが鈍くなるそうです・・・。

僕が今回得た教訓は「緊急時こそ冷静になること

なんでも同じことが言えますが、焦ってしまうと取り返しのつかないことになりかねません!

紛失・窃盗に遭った場合はすぐに警察に届け出を提出する

さて、本題です。
財布を失くしてしまった場合、カード類を止めたら警察に届け出を提出しましょう

盗難の場合は「被害届」、紛失の場合は「紛失届(遺失物届)」です。
僕の場合は窃盗だったので、被害届を提出しました。

被害届に記したのは以下の通りです。

【被害者の住所について】

  1. 自宅の住所
  2. 氏名
  3. 職業
  4. 年齢
  5. 電話番号(警察からの連絡先)

【被害の年月日】

何年何月何日、何時何分からいつまでの出来事かを記す。
(例:2016年6月10日午前4時00分 〜 2016年6月10日午前7時00分まで)

【被害の場所】

どこで被害にあったのかを記す。
(例:〇〇付近の交差点)

【被害模様】

被害の模様(事実)だけを記す。
(例:〇〇をしていたところ、気がつくと〇〇で〇〇だった。)

【被害金品】

被害にあった物の価値を記す。
(例:鞄 – ¥4,000、Macbook Pro – ¥60,000、iPhone6plus – ¥25,000)

※ 僕が警察官に聞かれたのは、「被害対象物を売ったときの相場感覚」でした。

その相額によって、警察の動きが変わるのかもしれません。

【その他参考となるべき事項】

補足を記す。
(例:ひどく酔っていたため、被害当時のことを覚えていません)

届け出を提出する際、警察の方も親身になって対応してくれます。

必ず嘘は書かないようにしましょう。
運良く紛失物の発見・届けがあった場合、届け出に記した電話番号に連絡が届くそうです。

だからといって捜索してくれるわけもなく、未だに音沙汰がないのですが・・・。

財布も携帯も失い、手元に残った僅か800円でやったこと

冒頭で説明したように、鞄が盗まれることで、仕事用のパソコン、携帯電話、財布、キャッシュカードを失いました。

もう、頭のなかが真っ白でしたね(笑)
何から対処すればいいのか手順がわからず、なんども足止めを食らいました。

すぐに携帯電話を復旧しようと試みても、身分証明書がないので、本人確認ができず携帯ショップで手続きができません。

銀行口座の再発行も、本人確認ができないと断られてしまいます。

では、どうすればいいのか。

僕はすぐさま、公衆電話を使って両親や仕事関係者に事情を説明しました。
それから借りれる人からお金を借り、市役所で住民票を発行しました。

公共料金の支払い伝票と一緒に、住民票を携帯ショップに持って行けば、手続きは可能なんです。

それから仕事に必要なパソコン、携帯電話本体を借りたお金で買い直し、銀行でキャッシュカードを再発行する手続きをしました。

このとき、人間は一人では生きていけないこと思い知りました

自分のことを信用してくれる方がいて、本当によかったです。

各手続きにかかった時間と反省点

続いては、財布を失くした際、手続きに要する時間(期間)をお話します。

各所で手続きを依頼したときに聞いたことを元に、大まかにまとめてみますね。

保険証(国民年金保険の場合)

…住民票がある市町村区で、パスポートや免許証などの顔つき身分証明書と印鑑があれば、本人確認がスムーズに行うことができ、即日発行してもらえます。

しかし、どれか一つでも欠け、本人確認ができなければ郵送手続きとなってしまい、4日〜7日ほどの期間が必要です。

保険証(社会保険の場合)

…職場を経由し、全国健康保険協会に申請する手続きが必要になるため、少なくとも7日ほどの期間を要するそうです。

教会の支部と職場の距離が離れている場合、郵送期間も視野に入れ、7日以上の期間が必要となります。

参考:保険証を紛失したとき再発行にかかる期間はどれくらい?

免許証

…最寄りの運転免許試験場、運転免許センター、警察署で再交付の手続きが行えます。

都道府県によっては、警察署で手続きが行えないようなので、事前に連絡して確認しておく必要があります。

また、「運転免許試験場・運転免許センター」の場合は、即日で再交付ができますが、警察署だと3日~7日の期間が必要だそうです。

参考:運転免許 総合案内所

銀行各所のキャッシュカード

…銀行会社によると思いますが、基本的に本人確認書類(パスポートや免許証、マイナンバーなど)と銀行印があれば後日郵送してくれます。

僕は三菱UFJ銀行でしたが、8日間ほどで自宅に届きました。

各社クレジットカード

…電話越しに再発行手続きが行われます。
クレジットカード会社によりますが、基本は再発行手続き書類を送付しなければなりません。

僕が持っていたのは楽天カードでしたが、3日ほどで再発行手続き書類が届きました。すぐに返送しても、2週間ほどの期間がかかりました。

こうして考えると、財布を紛失・窃盗前の状態に戻すのに、2〜3週間、長ければ1ヶ月の期間が必要となるのではないでしょうか。

手続きの期間が遅くなるほど、お金がないため生活は不便になり、苦しい時期が続いてしまいます。

僕は仕事が忙しくて手続きをする時間がなく……。
なかなかキャッシュカードの再発行が行えず、苦しい時期が長引いてしまいました。

おかげで家を追い出されたり、借金にまみれていたりした時期を思い出しました。

もし紛失・盗難にあった際は、すぐに手続きを心がけるようにしたほうが良いです。

そうしないと、本当に苦しい日々が続いてしまいますよ。

被害総額は約30万円。「大事なものを持っている」という意識を忘れない

MacbookAir2010
約7万円で買いなおしたMacbookAir2010

何度も繰り返しますが、鞄は貴重品が詰まった、いわば”宝石箱”のようなものです。

フリーランスとして働いている僕は、プライベートも仕事もすべて詰め込んだ鞄でした。

失くしたもの、買いなおしたものを足すと、被害総額は約30万円ほど。

仕事に必要なデータがたくさん入ったMacbookPro、買いなおしたばかりのiPhone6plus、月末の請求に必要な領収書、友人から誕生日プレゼントでもらった財布、各種手続きにかかる費用……などなど、考えるだけで悔しさがこみ上げてきます。

イタリア製の財布

今回の失敗で得た教訓は「貴重品の管理を徹底すること」

さまざまな対処方法を説明してきましたが、最後に伝えたいことは以下のことです。

貴重品の管理は徹底すること。怠らないこと。

鞄を失い、言葉にできないほど大変な目に遭いました。
そしてなにより、いろんな人に迷惑をかけてしまったのも事実です。

1ヶ月以上経った今だからこそ言えますが、財産のほぼすべてを失った後、仕事も生活も限りなくだらしなくなってしまったのです。

お金がないと心のゆとりが乏しくなるし、元の状態に戻るためには多大なエネルギーが必要で、面倒です。

かなり長い間気落ちしていました。
ようやく仕事が安定してきたかと思えば、この仕打ち……。

ただし今回の失敗は、仕事が軌道に乗り始めたがゆえの気の緩みが原因でもあります。

もちろん、貴重品を失くさないように意識しなければなりませんが、生きている以上、いつどこでなにがあるかなんて誰にもわかりません。

そんな緊急時に備えておく必要性は、常に誰もがしておくべきなんだと感じました。

もしものことがあれば、この記事のことを思い出していただけたらと思います。

誰しもが知っておいたほうがいいと思いますので、TwitterやFacebookなどでシェアしていただけるとうれしいです。