Right-on(ライトオン)でPayPayを使う方法・支払いの流れ・使えないときの対処法について徹底解説

中山 宏太郎の画像

こんにちは!
PayPayを利用している中山です。

Right-on(ライトオン)では、PayPayが利用できます。

PayPayで支払いをすれば、ポイント還元がつくのでお得!

ライトオンは価格も安いので、さらにポイント還元で実質割引になるとうれしいですね。

ただライトオンでPayPayを使ったことがないと「どうやって使えばいいのか」が不安になるのではないでしょうか。

PayPayの支払いは、とても簡単なので、すぐに使いこなせるようになると思います。

そこでこのページでは、ライトオンでPayPayを使う流れ・注意点について説明していきますね。

Right-on(ライトオン)でPayPayを使う方法・支払いの流れ・対処法

まずはPayPayを使えるようにしよう

ライトオンでPayPayを利用する前に、PayPayのダウンロードと設定をしなければいけません。

設定方法はとても簡単で、自分の情報やクレジットカードを登録するだけでOK!

詳しい登録方法はこちらの記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

ライトオンでPayPayを使うときの流れ

payapayをrightonを利用

ライトオンでPayPay決済しようと思ったら「どうやって支払えばいいのか?」が気になりますよね。

普段使ってない方法で決済をするときに、間違ったり、レジでモタモタしたりするのは避けたいと感じるかもしれません。

PayPayの支払い方法はとても簡単なので、安心してくださいね。

  • レジで「PayPay支払い」と伝える
  • PayPayのアプリを開いて、バーコードを表示
  • バーコードを読み取ってもらう

この3つの手順で、簡単に支払いができます。

まずレジで「PayPay支払い」と伝えます。

▼PayPayのアプリを開いて、バーコードを表示させてください。

▼バーコードを読み取ってもらいましょう。

payapayをrightonを利用

▼支払いが完了すれば、画面が切り替わります。

payapayをrightonを利用

PayPayは「PayPay残高」という方法で支払いをすれば、1.5%のポイント還元があるので、お得です。

▼レシートにもPayPay支払いが明記されてました。

payapayをrightonを利用

▼購入したのは今治タオルのハンカチです。

payapayをrightonを利用

私もはじめて使ったときは「大丈夫かな?」と不安でしたが、とても簡単でわかりやすかったので、問題なく利用できました。

PayPayは他の支払いと併用できない

ライトオンでPayPayを使うときに「他の支払い方法と併用したい」と思うかもしません。

店舗によって異なりますが、ライトオンは電子マネーやクレジットカードの支払いに対応している場合もあります。

しかしPayPayは、他の支払い方法と併用できないので注意してくださいね。

PayPayで支払いをするなら、全額PayPayでの決済になります。

ライトオンでPayPayが使えないときの対処法

PayPayが使えないケースもあるので、事前に対策をしておくといいですよね。

店舗に行って実際に支払いときに、使えないの困るので、チェックしておきましょう。

  • モバイル端末の液晶にヒビや傷がある
  • PayPayの上限金額を超えている
  • PayPayに登録したクレジットカードの限度額を超えている
  • PayPayに対応している店舗ではない

PayPayは利用上限が決まっており、クレジットカードでの支払いの場合、本人確認をしていないと支払い上限が1回5,000円になります。

本人確認が完了すると、支払い上限が引き上げられて1回20,000円になります。

なのでPayPayのクレジットカード払いを利用するなら、事前に本人確認をしておくのがオススメですよ。

多くのお店はPayPayに対応していますが、一部例外もあるので注意してくださいね。

店内に「PayPay利用できます」の張り紙やポップがあれば、問題なく利用できます。

またレジによって対応してない場合もあるため、事前にPayPayの対応レジがどうか確認しておくといいですね。

さいごに

PayPayは使えば使うほど、ポイントが貯まっていきます。

服はシーズンごとに購入すると思うので、毎回PayPayを使っていれば、どんどんポイントが積み重なっていきますよ。

金額としては少ないと思うかもしれませんが、何回も繰り返して積み重ねていけば、大きな金額になります。

「ちょっとでもお得に買い物をしたい」というなら、ぜひPayPayを使ってみてはいかがでしょうか。