三井住友VISAプリペイドカードのお得な使い方は?ついついお金を浪費しがちな人のムダ使い防止に便利

スポンサーリンク

こんにちは、「灯台もと暮らし」編集部のタクロコマです。

クレジットカードは使いすぎが心配」「海外旅行にクレジットカードを持っていくのは不安」など、クレジットカードを利用したいけど、いざ持つとなると不安なことはありませんか?

そこで今回、クレジットカードのように便利で、かつ安心して使える三井住友VISAプリペイドカードを紹介します。

Visaの加盟店で使えるプリペイドカード

カードの特徴|三井住友VISAプリペイド
引用:三井住友VISAプリペイド公式サイト

三井住友VISAプリペイドカードは、クレジットカード最大手のVISA加盟店で使用できるプリペイドカードです。

クレジットカードとの違い

クレジットカードは入会に審査があり、年会費が必要で、商品の購入後に金額が引き落とされます。

対してプリペイドカードは、審査や口座登録は不要です。

また、プリペイドカードに貯まっている残額内でのショッピングになるため、商品の購入時に金額が引き落とされます。年会費も不要です。

したがって、クレジットカードよりも安心して使えるカードになります。
プリペイドカードの残高以上には絶対に使えないですからね。

使い方は2種類

三井住友VISAプリペイドカードは、店舗での購入とネットショッピングのどちらにも使用できますよ。

使用用途に合わせて、インターネット専用のプリペイドカードも選べます。

店舗購入とネットショッピング、どちらでも利用するなら?

三井住友VISAプリペイド(カード発行型)を選びましょう。
クレジットカードと同じように、VISA加盟店で使用することができます。

ネットショッピングのみで使用したいなら?

三井住友VISAプリペイドe(カードレス型)を使用しましょう。
こちらはインターネットショッピングのみで利用できます。

プリペイドカードの買い方

年会費は不要とはいえ、カード発行型、カードレス型問わずカードを購入する必要があります。

購入するにはまず、三井住友VISAプリペイドのウェブサービスに会員登録をしてください。

次に、マイページ(会員専用ページ)内の「プリペイドカード購入」から、もしくはコンビニ店頭で買えます。

ご購入・ご利用方法|三井住友VISAプリペイド
引用:三井住友VISAプリペイド公式サイト

コンビニで購入する場合は、ローソンの「Loppi」や、FamilyMartの「Famiポート」などのコンビニに設置された発券機で、三井住友VISAプリペイドe仮発行番号の申込券を入手後、レジで後述するチャージしたい分の代金を支払い購入します。

三井住友VISAプリペイドカードの特徴

三井住友VISAプリペイドカードの特徴を見ていきましょう。

審査は不要

まずひとつ目に、満18歳以上であれば誰でも使用できます。クレジットカードのように年齢や職業、収入などをチェックする審査はありません。

クレジットカードが持てない年齢でも利用できるため、子どもに持たせるのにも非常に便利です。

チャージ機能つき

便利な使い方|三井住友VISAプリペイド
引用:三井住友VISAプリペイド公式サイト

チャージの機能が付いています。交通機関の乗車に使用するSuicaの残高をチャージするのと同様です。1回あたり3,000円から29,000円までプリペイドカードにチャージできます。

マイページ内にログインしてWebサービスメニューの「カード一覧」からチャージしましょう。支払方法は以下の通りです。

  • クレジットカード
  • インターネットバンキング
  • 銀行/ゆうちょATM
  • コンビニ支払い

一つだけ注意しておきたいのは、チャージ1回につき200円の手数料がかかること。

ただし、三井住友VISAカードが発行しているクレジットカードを含むVJ協会、オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、MasterCardでの支払いの場合、手数料はかかりません。

どんなにチャージしようとしても上限は29,000円なので、チャージにお金を使いすぎないので安心。加えて残高に残っている金額しか使用できないため、お金を浪費することも防げます。

クレジットカードでプリペイドカードにして、普段使うのはプリペイドカードにすることで、お金の限度額を意識できるので、ムダな買い物をしてしまう抑止力になりますね。

ポイントが貯まる

三井住友VISAプリペイドカードは、月々の利用金額2,000円につき、1ポイントが貯まります。1ポイントは5円換算です。ポイント還元率にすると0.25%ですね。

仮に月20万円使用するとすれば、100ポイントで月に500円貯まります。貯まったポイントは、プリペイドカードのバリューと交換できます。

決してポイント還元率は高いとは言えませんが、プリペイドカードにポイント付与がされるだけでもありがたいですよね。

年会費はなし

三井住友VISAプリペイドカードは年会費がかかりません。カードを購入してからも年会費はかからないので、長く、気軽に利用できます。

もちろんセキュリティは安心

三井住友VISAプリペイドカードを使う時に知っておいた方がいいのがセキュリティ面。以下の3つの特徴があります。

  • VISA認証サービスに対応
  • 利用内容を確認できる
  • ご利用ロックできる

プリペイドカードの利用に際して、本人の認証を行う「VISA認証サービス」に対応しています。

これはインターネットショッピングの際に、「三井住友VISAプリペイドWEBサービス」のログイン時のパスワード(半角英数6~12桁)の入力によって、本人であるかどうか確認をするサービスです。

また、買い物した取引情報をメールでお知らせしてくれるので、自分が何にどれくらいのお金を使用しているのか「利用内容を確認する」ことができます。

お金の使い方を可視化することで、おのずとお金の無駄遣いは減少していくでしょう。

そして「ご利用ロック」ができるのもうれしいポイントですね。

「ご利用ロック」とは、プリペイドカードを使いたくない時に、会員専用ページにログインして利用を一時的に停止させる機能です。

もし残高が入ったカードを失くしたり、盗難にあったりした際には、すぐに会員専用ページから利用停止・利用再開することができます。

注意も必要

ここまで読むと、三井住友VISAプリペイドカードは良いところばかりだと思うかもしれません。

しかし、使用には注意も必要です。例えば、以下のことはできません。

  • 月額、継続課金の支払い
  • ガソリンスタンドでの支払い
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い

三井住友VISAプリペイドカードは、クレジットカードではなく、あくまでもプリペイドカードです。

そのため月額・継続課金の支払いはできません。
例えば公共料金やインターネットプロバイダーの利用料、保険料がそれに当たります。

他にも、ガソリンスタンドや高速道路通行料金(有人ブース)の支払い、プリペイドカードから、他のプリペイドカードや電子マネーの購入やチャージにも対応はしていませんので、気をつけましょう。

さいごに

審査や年会費がないので、とても気軽に使用できる三井住友VISAプリペイドカード。

チャージ性かつ利用詳細をメールで確認できるため、クレジットカードのように知らず知らずのうちにお金を浪費してしまうことはありません。

VISA認証サービスやご利用ロックによって、国内、海外問わずセキュリティの安心感もバッチリですね。下の項目に当てはまる人は、おすすめです。

  • クレジットカードを持っていない人
  • お金の浪費が心配な人
  • プリペイドカードにも安心を求める人
  • 海外でのクレジットカードの使用が不安な人

クレジットカードの次のカードとして、プリペイドカードの利用もいいですよ。

三井住友VISAプリペイドカードの公式ページはこちら

三井住友VISAのクレジットカードのお得な使い方などは、以下の記事で説明しています。

その他、知られざる三井住友VISAカードの機能を知るには、以下のページから探せます。
参考:三井住友VISAカードについての詳細ページ一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

タクロコマ

編集者/カメラマン。茨城県龍ケ崎市出身。「灯台もと暮らし」をはじめ、暮らしをテーマに活動しています。

執筆メンバの一覧を見る