インヴァストゴールドカードのメリット・デメリット・年会費の元を取るお得な使い方を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
金融ライターの大西カツシ(@katsushio1603)です。

投資をしたことがないと、「投資に興味はあっても自己資金を使うのは怖い」と思うのではないでしょうか。

インヴァストゴールドカードなら、自己資金を使わずに、カード利用代金で貯まったポイントで自動売買投資ができますよ。

年会費は税抜5,000円かかりますが、ポイント還元率が高く、ゴールドカードならではの特典も用意されています。

とはいえ、年会費を払ってまで使う価値があるかどうか、気になりますよね。

そこでこのページでは、インヴァストゴールドカードのお得な使い方や年会費、メリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

【要点のまとめ】インヴァストゴールドカードの特徴

インヴァストゴールドカード1

このページでは、インヴァストゴールドカードについて紹介していきますが、詳しく説明すると長くなってしまうので、まずは要点だけをまとめておきますね。

  • ポイントで自動売買投資ができる
  • カード発行にはインヴァスト証券の取引口座が必要
  • ポイント還元率は1.5%
  • ネットショッピングならポイント還元率2%以上
  • 国内の空港ラウンジが無料で利用できる
  • 国内・海外旅行傷害保険が充実している
  • 家族カード、ETCカードが無料で発行できる
  • J’sコンシェルでチケットや金券がお得に購入できる
  • カード盗難保険が付いている
  • 年会費は税抜5,000円(初年度無料)

公式サイトも併せて確認してみてくださいね。

参考:インヴァストゴールドカードの詳細を確認するにはこちらから

ポイントで自動売買投資ができる

インヴァストゴールドカードは、ポイントで自動売買投資ができます。

カード利用金額に応じてインヴァストゴールドカードポイントが貯まり、貯まったポイントはインヴァスト証券の取引口座へ自動的にキャッシュバックされますよ。

キャッシュバックされた資金を原資に、インヴァスト証券のマネーハッチで自動売買の積立投資が行われます。

ポイントだけで投資できるので、自己資金を使わずに投資を試してみたい場合におすすめです。

インヴァストゴールドカードを作るには、インヴァスト証券のトライオートETF口座を開設しておく必要がありますよ。

マネーハッチとは?

インヴァストゴールドカード2

マネーハッチとは、インヴァスト証券の自動売買による積立投資で、投資先はトライオートETFというCFD(差金決済取引)です。

インヴァストゴールドカードのポイントのほかに、現金などを原資に投資を始められますよ。

通常の積立投資は価格に関わらず、定期的に一定額を購入していきますが、インヴァスト証券のマネーハッチは価格が上がったときには決済し、利益分を自動で再投資してくれます。

そのため、通常の積立投資より効率的に資産を増やせる可能性がありますよ。

マネーハッチで運用できる商品(投資スタイル)は以下の8種類です。

  • 世界株ETF自動売買
  • 世界株ETF自動売買1.5倍
  • S&P500ETF自動売買
  • S&P500ETF自動売買1.2倍
  • 日経225ETF自動売買
  • 日経225ETF自動売買1.2倍
  • 高利回り社債ETF自動売買
  • 高利回り社債ETF自動売買2倍

インヴァストゴールドカード3

日本や米国、世界の株式のほか、高利回り社債のETFにも投資可能です。

投資スタイルを選ぶと自動で売買してくれるので、時間や手間をかけることなく運用できますよ。

運用せずに現金だけ引き出すことはできない

インヴァストゴールドカードの利用で、インヴァスト証券の口座にキャッシュバックされた現金は、運用せずに引き出すことはできません。

ポイントを運用せずに現金化したい場合はデメリットになりますね。

ただし、うまく運用できれば、キャッシュバックされた現金をさらに増やせる可能性がありますよ。

ポイント還元率は1.5%と高い

インヴァストゴールドカードは、ポイント還元率が1.5%と高いのが魅力です。

カード利用金額200円(税込)ごとに、インヴァストカードポイントが3ポイント貯まります。

貯まったポイントは1ポイント=1円に換算し、インヴァスト証券口座にキャッシュバックされますよ。

たとえば、インヴァストゴールドカードで10万円買い物をすると、1,500円(10万円×1.5%)が現金で返ってきます。

他のクレジットカードと比べてポイント還元率は高めに設定されているので、クレジットカードを利用する機会が多いならお得ですよ。

ネットショッピングならポイント還元率2%以上

インヴァストゴールドカードのポイント還元率は、JACCSモール経由のネットショッピングなら2%以上にアップします。

JACCSモールとは、カード発行元のジャックスが運営する会員限定のショッピングモールで、Amazon楽天じゃらんなど、さまざまなショップが参加していますよ。

インヴァストゴールドカード4

JACCSモールを経由して買い物をすると、インヴァストゴールドカードポイントとは別に0.5%~12%のJデポが還元されます。

Jデポとは、有効期限内にカード利用金額からJデポ金額を差し引いて請求される値引きシステムのことです。

Jデポの還元率が0.5%なら、通常のポイント還元率1.5%と合わせてポイント還元率が2%(1.5%+0.5%)にアップします。

インヴァストゴールドカードでネットショッピングをするなら、JACCSモールを経由して、ポイント還元率をアップさせるのがおすすめですよ。

国内の空港ラウンジが無料で利用できる

インヴァストゴールドカードを持っていると、国内の主要空港にあるラウンジが無料で利用できます。

家族会員も無料で利用できますよ。

国内の空港ラウンジはそこまで設備が充実しているわけではありませんが、無料でドリンクが飲めますし、新聞・雑誌の閲覧もできるので、フライトまでの待ち時間を有効に使えます。

通常は1,000円前後の利用料金がかかるため、空港を利用する機会が多いなら、ラウンジ利用だけでもカードを作るメリットはありますよ。

国内・海外旅行傷害保険が充実している

インヴァストゴールドカードは、国内・海外旅行傷害保険が充実しており、保険金額は国内・海外ともに最高3,000万円までです。

国内旅行は利用付帯で、旅行費用をカードで事前に支払っている場合のみ保険が適用されます。

一方、海外旅行は自動付帯で、旅行費用をカードで支払わなくてもカードを保有しているだけで保険が適用されますよ。

海外旅行に行く機会が多いなら、海外旅行傷害保険が自動付帯のインヴァストゴールドカードはメリットがありますね。

家族カード、ETCカードを無料で発行できる

インヴァストゴールドカードは、家族カードを無料で発行できます。

家族カードを発行しておけば、家族の支払いもインヴァストゴールドカードに集約できるので、効率よくポイントを貯められますよ。

また、ETCカードの発行は追加料金がかかるイメージがあるかもしれませんが、インヴァストゴールドカードなら無料です。

高速道路の通行料金をETCカードで決済すれば、さらに多くのポイントを貯められますね。

J’sコンシェルでチケットや金券がお得に購入できる

インヴァストゴールドカードを発行すると、J’sコンシェルという会員限定の優待サービスを利用できます。

さまざまな特典が用意されており、映画館のチケットや金券などが会員価格で購入できますよ。

▼たとえば、一部のギフトカードや図書カードNEXTは0.5%OFFで購入可能です。

インヴァストゴールドカード5

▼また、映画館も会員料金で利用できますね。

インヴァストゴールドカード6

うまく活用すれば、J’sコンシェルだけでも十分に元がとれますよ。

カード盗難保険が付いている

インヴァストゴールドカードには、カード盗難保険が付いています。

カードを不正利用されても、一定期間内にジャックスに連絡すれば、不正利用された損害金は補償されますよ。

カード盗難保険が付いていれば、安心してカードを利用できますね。

カードの紛失・盗難、不正利用に気づいたら、すぐにジャックスに連絡して、指示に従って手続きをしましょう。

年会費は税抜5,000円(初年度は無料)

インヴァストゴールドカードの年会費は初年度無料で、次年度以降は税抜5,000円です。

家族会員は次年度以降も無料になります。

ポイント還元率が1.5%なので、年間36万円(月3万円)利用すると年会費の元はとれますよ。

公共料金や生活費をインヴァストゴールドカードで決済すれば、年間36万円は十分に利用できる金額ではないでしょうか。

また、ネットショッピングならさらにポイント還元率はアップしますし、国内の空港ラウンジ無料、J’sコンシェルの優待特典を考えると、年会費5,000円でもかなりお得だと思います。

ただし、年間36万円以上利用しない場合は、そこまでメリットがあるカードではないですね。

ポイント還元率が1.5%と高いので、クレジットカードの利用金額が大きいほど、インヴァストゴールドカードを利用するメリットも大きくなりますよ。

インヴァストゴールドカードの審査について

インヴァストゴールドカードを作ってみようと思ったときに、自分は作れるか気になると思います。

インヴァストゴールドカードの申し込み資格は以下の3つです。

  • 年齢20歳以上(学生を除く)
  • 安定した収入があること
  • 電話連絡が可能であること

会社員の方など、毎月給与収入がある場合は条件を満たせそうですね。

自営業者・フリーランスの場合、会社員よりも審査は厳しくなると思いますが、気になるなら申し込んでみるのもアリだと思いますよ。

インヴァスト証券を利用する場合におすすめ

インヴァストゴールドカードは、ポイントがインヴァスト証券の口座に自動でキャッシュバックされ、自己資金を使わずに自動売買投資ができるのが最大のメリットです。

ポイント還元率が高いので、支払いをインヴァストゴールドカードに集約すれば、より多くのポイントを投資に回せます。

インヴァスト証券を利用しないならメリットは少ないと思いますが、インヴァスト証券を利用するならおすすめですよ。

さいごに

さいごに、インヴァストゴールドカードのメリットをまとめて一覧にしておきますね。

  • ポイントで自動売買投資ができる
  • ポイント還元率は1.5%
  • ネットショッピングならポイント還元率は2%以上
  • 国内の空港ラウンジが無料で利用できる
  • 家族カード・ETCカードは無料で発行できる
  • J’sコンシェルでチケットや金券がお得に購入できる

ポイント還元率が1.5%と高く、インヴァスト証券の口座に自動でキャッシュバックされて自動売買投資ができるのは大きな魅力です。

インヴァスト証券のトライオートETFで運用するなら、インヴァストゴールドカードはとてもお得なカードだと思いますよ。

投資に興味があるなら、インヴァストゴールドカードを使って、ポイントで自動売買投資を始めてみてはいかがでしょうか。

参考:インヴァストゴールドカードを使うにはこちらから

ゴールドカードではない一般カードがいいなら、普通のインヴァストカードもありますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

大西カツシ

1979年生まれ、千葉県在住のWebライター。元経理課長で投資歴は10年以上。経理経験と投資経験を活かして「金融ライター」として活動しています。税理士科目合格(簿記論・財務諸表論)/日商簿記2級/FP2級。お金や時間に縛られないシンプルな生き方を追求しています。個人ブログ「かつにっき」も運営中。

執筆メンバの一覧を見る