初めてでもわかる銀行口座の作り方と銀行口座開設に必要なものまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
銀行口座を10種類ぐらい持っている、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

今では銀行の口座を作ることに抵抗がなくなってしまいましたが、初めて銀行口座を作るときはどうやったらいいのだろうかと悩むこともありました。

今までやったことないことって、初めてのときに緊張しますよね。
銀行口座を作るのもその1つです。

このページでは、銀行口座をこれから作ろうと思っているときに何を準備したらいいのかや、どのように手続きしたらいいのかについて過去の経験から紹介しますね。

初めてでもわかる銀行口座の作り方と準備しておくもの

店頭で銀行口座開設する場合に必要なものや手順

銀行口座を作るとなると、まずは最寄りの銀行で作ることを思い浮かべるかと思います。

最寄りの銀行に行くとなっても、まずは何を準備すればいいのかがわからないですよね。

店頭で銀行口座開設する場合は以下のものを準備しておきましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 印鑑(シャチハタは不可)
  • 口座に入金するためのお金

例えば三井住友銀行だと、写真付きの本人確認書類が必要になるため、写真付きではない本人確認書類の場合は、公共料金の領収書などの別の書類が必要になります。

印鑑はシャチハタではない普通の印鑑にしましょう。
実印である必要はありませんよ。

私は高校を卒業するときにもらった普通の印鑑を今も使い続けています。

あとは、口座開設するときに入金するお金を持っていきましょう。
別に大金である必要はなく、1,000円で大丈夫です。

私が中学生ぐらいの頃に口座開設したときは200円とかの入金でしたね。

あとでATMで下ろすことも考えたら、1,000の倍数になっているほうが下ろしやすいですよ。

銀行口座を作ったあとに、最初に預けた1,000円をATM手数料無料の時間帯に下ろせば無料ですからね。

店頭での銀行口座の作り方の流れは、みずほダイレクトの口座を作ったときの記事がありますので、参考にどうぞ。どこの銀行でも同じような流れになります。

店頭での銀行口座を作るときのメリットとデメリット

店頭で口座開設する場合は、銀行員さんに相談しながらできるのが大きなメリットです。

その代わり、他に人が並んでいたりすると、時間がかかって拘束されてしまうのはデメリットになります。

銀行の店舗に行って口座開設したいと伝えたら作ってくれますので、わざわざ相談するほどでもないと思いますよ。

インターネット専用銀行(ネット銀行)であれば手間いらず

まずは店頭での銀行口座開設手順を紹介しましたが、もっと手軽に銀行口座を作りたいのであれば、インターネットから申し込みしましょう。

インターネットからの口座開設だと、いつでもどこでも好きなタイミングで申し込みできますからね。
家から一歩も出なくても口座開設できてしまうのがいいところです。

必要なのは本人確認書類

ネット銀行を作るときに必要な書類は本人確認書類になります。
運転免許証や健康保険証があれば作れますよ。

例えば、以下の銀行は本人確認書類があれば口座開設できます。

手数料の面でもネット銀行のほうがお得

また、銀行を使うとなると、振込手数料やATM手数料などの費用が出てきますよね。

ネット銀行の場合は、振込手数料やATM手数料を無料にできるところも多く、時間だけでなくお金の面でもネット銀行のほうが明らかにお得です。

私は2004年からネット銀行を使い続けていますが、今まで問題になったことは一度もありません。

管理しているのはどちらもコンピュータですから、ネット銀行だからといって変わるものでもないです。

対面かどうかの違いぐらいしかないですよ。

これから銀行口座を作るときにおすすめのネット銀行

もし、これから銀行口座を作ろうと思っているときにネット銀行を選ぶのであれば、どこがおすすめなのかがわからないかと思います。

ほとんどのネット銀行を使っている中でおすすめだと思うのが、住信SBIネット銀行です。

無条件で月1回は他行宛振込手数料が無料、ATM手数料も月2回まで無料なのがいいですよ。

住信SBIネット銀行の利用状況に応じて、これらの手数料無料回数が増えるため、余計なお金を使う機会が減って、結果的にお金が増えているのと同じことになります。

また、住信SBIネット銀行は証券会社のSBI証券とも同時に口座開設できて、ノマド的節約術(このサイト)の限定キャンペーンの条件を満たせば、現金2,000円プレゼントになりますよ。

手間は変わらず簡単に同時口座開設できちゃうので、この機会に作っておくのがおすすめ。

▼SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設はこちらから▼
SBI証券の特別キャンペーン

以下のページでも、それぞれの視点でおすすめの銀行を紹介していますよ。

それぞれの銀行ごとの口座の作り方

ノマド的節約術では、銀行ごとに口座の作り方を手順にして紹介しています。
もし気になった銀行があれば参考に作ってみてくださいね。

さいごに

銀行口座の作り方は、店頭で作る場合でもそれほど難しいものではありません。

本人確認書類・印鑑・お金を持っていれば、ふらっと行ってすぐに作れますからね。

ただ、時間が拘束されてしまうデメリットがあるため、わざわざ店頭で口座開設することにこだわる必要もないですよ。

今はネット銀行のほうが手数料面でも安く、使い勝手がとてもいいので、個人的には普通の銀行口座よりもネット銀行の口座を作ることをおすすめします。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る