ANAプレミアムポイントの貯め方・使い方と上級会員メンバーになるメリットまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ANA上級会員を目指している、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

飛行機のANAでは、よく利用する方に向けた会員制度があります。

会員ステータスを上げるためには、ANAプレミアムポイントを一定期間で多く貯めないといけません。

この仕組みが絶妙にできていて、上級会員を目指してチャレンジする人が多いです。

何を隠そう、私自身もANAプレミアムポイントを貯めて上級会員を目指しているところ。

効率よく、楽しくポイントを貯めていくために、ANAプレミアムポイントについてまとめました。

ANAプレミアムポイントの貯め方と使い方

ANAプレミアムポイントとは?

ANAってマイルもあるし、SKYコインもあるし、いろいろなポイント制度がありますよね。

その上さらにプレミアムポイントまであって、こんがらがりそうです・・・。

ANAプレミアムポイントとは、1年間で利用したANA便やスターアライアンス加盟航空会社の便を使ったときに加算されるポイントです。

毎年1〜12月に獲得したプレミアムポイント数に応じて、次の年の会員ランク(プレミアムメンバー)のステータスが決まります。

会員ランクが高ければ高いほど、受けられるサービスがよくなりますよ。

上級会員になるために修行している方もいるほど。

ANAプレミアムメンバーサービスの会員ランク一覧

ANAプレミアムポイントを貯めて、会員ランクを上げるとありますが、そもそも会員ランクの一覧はどうなっているのかが気になりますよね。

会員ランクが上がることで受けられる特典も気になるところ。

ランクの一覧とそれぞれランクアップに必要なポイント数は以下の通りです。

会員ランク必要ポイント数内ANAグループ
でのポイント数
ブロンズ30,00015,000
プラチナ50,00025,000
ダイヤモンド100,00050,000

ANAグループでのポイントも必要になりますので、その点は注意してくださいね。

ANAプレミアムメンバーサービスの会員ランク一覧

30,000ポイント以上って、かなりハードルが高いのでは?
そう思いますよね。

海外旅行や出張が頻繁なら、ハードルはそれほど高くないです。

でも、国内線だけしか使わなかったり、そもそも飛行機にあまり乗らないとハードルが高くなります。

プレミアムポイントを貯める方法はこのあと紹介していきますね。

ブロンズ会員になるメリット

3つの会員ランクの中で一番下のランクになるブロンズ会員。

そんなにメリットがないように思うかもしれませんが、ブロンズ会員になるだけでもかなりメリットがあります。

ブロンズ会員になることで受けられる特典は以下の通りです。

  • プレミアムメンバー専用サービスデスク
  • ANAラウンジが使える
  • 座席のアップグレード
  • 国内線座席指定の優先予約
  • 空席待ちの優先予約
  • プレミアムエコノミーチェックインカウンターを使える
  • 手荷物容量の制限が増える
  • 空港での空席待ち優先案内
  • 香港国際空港で優先レーンが使える
  • アップグレードポイント付与
  • 40〜55%のボーナスマイル付与
  • ANAゴールドカード・ANAカードプレミアム継続時に2,000マイル加算
  • ANA SKYコインへの交換倍率がアップ
  • アップグレードポイントをANA SKYコインにできる
  • ATM出金手数料が無料に(※1)
  • プレミアムメンバー限定ANAセレクション

※1 ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードの利用者

ブロンズ会員になるだけでこれだけの特典があるんですよね。

ほとんどは、プラチナ・ダイヤモンドになっても共通の特典で、まずはブロンズ会員を目指すことになります。

参考:ANAブロンズ会員特典の詳細はこちらで

ANAマイレージクラブのブロンズ会員
↑ANAマイレージクラブのブロンズ会員カード↑

プラチナ会員になるメリット

年間50,000ポイント貯めたらプラチナ会員になれます。

ブロンズ会員よりも受けられる特典が充実してきますよ。再び一覧にしてみました。

ブロンズ会員と共通の特典は省いて、プラチナ会員だけの特典を一覧にしています。

  • 空席があれば追加料金なしで国際線プレミアムエコノミーに変更
  • 国内線予約を2週間先行できる
  • 国際線特典航空券を優先予約
  • 優先チェックインカウンターが使える
  • 手荷物優先受け取り
  • 専用保安検査場が使える
  • 優先搭乗できる
  • (成田空港)提携駐車場を優待料金で使える
  • (羽田空港)第3駐車場の優先予約
  • 90〜105%のボーナスマイル付与
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが5%割引
  • (80,000ポイント以上のみ)ANA SUITE LOUNGE利用券3枚
  • ライフスタイルマガジンが届く
  • カレンダー・デスクダイアリーが届く

プラチナ会員になると、ブロンズ会員以上にサービスが充実しますね。

優先チェックイン・専用保安検査場・優先搭乗が特に魅力的です。

飛行機に乗る前のストレスがだいぶ軽減できて、快適な移動ができそうですね。

個人的にもプラチナ会員を目指したいところ。

ダイヤモンド会員になるメリット

さいごのダイヤモンド会員、年間で100,000ポイントも貯めないとダイヤモンド会員になれません。

プラチナ会員が50,000ポイントなので、その2倍もポイントが必要です。

ダイヤモンドになることで受けられる特典をまとめました。ブロンズ・プラチナと共通のところは省いています。

  • (羽田・成田)ANA SUITE LOUNGEで専用コンシュルジュがつく
  • 特典航空券の優先予約
  • 国際線手数料の免除
  • 115〜130%のボーナスマイル付与
  • マイル有効期限が延長に
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが10%割引
  • オリジナルネームタグをプレゼント
  • (15万ポイント以上)特別仕様ネームタグ
  • 7つのコースから選べる特典

個人的にはダイヤモンド会員にさほど魅力を感じませんでした。

ダイヤモンド会員でいる限りはマイルの有効期限が無制限になるのはありがたいです。

ANAスーパーフライヤーズカードの年会費を払い続ければ生涯上級会員になれる

プラチナ会員以上になると、ANAスーパーフライヤーズカードに申込できるようになります。

ANAスーパーフライヤーズカードを持って、毎年年会費を払い続けていれば、それだけでずっと上級会員であり続けられますよ。

ANAで仕組みが変わらない限りは・・・。

プラチナ会員と同じようなサービスが受けられますので、ここを目指して修行する方が多いです。

ANAプレミアムポイントを貯める方法

会員ランクを上げるためには、ANAプレミアムポイントを貯める必要があります。

ここからはANAプレミアムポイントを貯める方法を紹介していきますね。

フライトでのプレミアムポイント計算方法

基本的には、飛行機に乗ることでプレミアムポイントが貯まります。

プレミアムポイントの計算式がありますので、知っておくとなんとなくでも計算しやすくなりますよ。

計算式は以下の通りです。

基本区間マイレージ × 積算率 × 路線倍率 + 搭乗ポイント

ANAプレミアムポイントの計算方法

神戸空港から羽田空港で計算すると、以下のようになります。

280マイル × 100% × 2倍 + 400ポイント = 960ポイント

参考:プレミアムポイントの計算シミュレーション – ANA

ANA便を使う

まず、基本となるのがANA便を使うことです。

国内線・国際線どちらを使ってもANAプレミアムポイントが貯まりますよ。

国内線だとポイント2倍になっており、ANAプレミアムポイントが貯まりやすいです。

その代わり、国内線で貯まる基本ポイント数がそもそも大きくありません。

国内線だけで会員ランクをあげようと思うなら何度も飛行機に乗る必要があります。

路線ごとのポイント倍率は以下の通りです。

  • 国内線:2倍
  • ANAグループ便の日本発着アジア・オセアニア路線:1.5倍
  • ANAグループ便のその他路線、スターアライアンス便:1倍

スターアライアンスの便を使う

ANAはスターアライアンスに加盟しています。

スターアライアンスに加盟している便を使った場合にも、ANAプレミアムポイントが貯まりますよ。

私は3月にニュージーランド航空を使いましたが、しっかりとANAプレミアムポイントが増えていました。

ランクアップのために必要なポイントも半分まではスターアライアンス加盟航空会社でも大丈夫です。

いろいろなところを旅行するタイミングで、スターアライアンスに加盟しているところを使えば、ANAプレミアムポイントがすぐに貯まりますよ。

株主優待券を使ってもプレミアムポイントが貯まりやすい

ANA国内線の運賃が半額になる株主優待券。

株主優待券を使うと、ANAマイルの積算率は75%になりますが、搭乗ポイントで400ポイント加算されるので、結構貯まりやすいです。

半額になって運賃はかなり安いのに、プレミアムポイントはそこそこ貯まるのがいい感じですね。

ちなみに、私が住んでいる神戸から新千歳まで行った場合のプレミアムポイントは以下の通りになります。

  • 普通運賃:1,732ポイント
  • 株主優待:1,399ポイント

ちなみに、株主優待券を使う時のやり方も記事にしていますので、使う場合は参考にしてくださいね。

マイルを交換した特典航空券ではポイントが貯まらない

会員ランクを上げようと思って、フライトを積み重ねると、必然的にANAマイルが貯まりますよね。

マイルが貯まると使って特典航空券に交換したくなります。

でも、特典航空券でのフライトでは、プレミアムポイントが貯まりません。

節約することを考えるならマイルを使いたいところですが、ランクアップを狙うなら、それまでは控えましょう。

安くするならマイルをANA SKYコインに交換する

航空券を安くしつつ、プレミアムポイントを貯めるなら、ANAマイルANA SKYコインに交換するのがおすすめです。

ANA SKYコインを使えば、航空券の運賃を安くできて、プレミアムポイントも貯まります。

お金も節約しつつ、しっかりとプレミアムポイントを貯めるなら、ANA SKYコインを使ってみましょう。

ブロンズ会員以上になると、マイルからANA SKYコインへの交換レートが良くなります。

貯まったANAプレミアムポイントの使い方

ANAプレミアムポイントが貯まったら、ランクアップするのはわかったけど、ポイント自体を使うことができないのか気になりますよね。

これは残念ながら何もありません。

ただプレミアムポイントが貯まって、会員ランクが上がるだけで、ポイント自体を使うことはできないんですよね。

数字が積み重なっていくところによろこびを感じるしかありません。

私は数字マニアなので、ポイントが増えていくのを見るのは爽快です!

プレミアムポイントは、ゲームでいうところの経験値のようなものです。

さいごに

いかに効率よくANAプレミアムポイントを貯めるかが一番気になるところでしたよね。

ANAスーパーフライヤーズカードを目指すなら、1年で50,000ポイントが必要です。

一気に貯めるとなると、あちこち出かける機会も多くなりますので、各地に出かけたときは楽しみましょう!

参考:ニュージーランドで使えるお得情報
参考:台湾で使えるお得情報

ANAを使うなら、以下のページもおすすめですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る