ANAアップグレードポイントの貯め方とおすすめの使い方のまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ANAには、ポイントやマイルの仕組みがたくさんあります。

有名なところだとANAマイレージクラブ(ANAマイル)がありますよね。

他にもANA SKYコインANAプレミアムポイントといった仕組みがあるのですが、他にもアップグレードポイントというのがあるのをご存知ですか?

私もANAを利用するようになってからANAアップグレードポイントの存在を知りました。

このページでは、自分がANAアップグレードポイントの存在を忘れないためにも、詳しく説明していきますね。

ANAアップグレードポイントの貯め方とおすすめの使い方のまとめ

ANAアップグレードポイントとは?

では、そもそもANAアップグレードポイントとはなんでしょうか。
まずはそこからですよね。

ANAアップグレードポイントは、1月から12月に貯めたANAプレミアムポイントに応じて付与されるポイントのことです。

ただ、ANAブロンズ会員以上(プレミアムメンバー以上)でないともらえません。

所持しているANAアップグレードポイントは、座席クラスのアップグレードやラウンジ利用に使えますよ。

国内線だとプレミアムクラス、国際線だとビジネスクラス・ファーストクラスへのアップグレードをポイント利用だけでできちゃいます。

プレミアムポイントに応じて付与されるポイント数

1年間のANAプレミアムポイント獲得数に応じて付与されるアップグレードポイント数は以下の通りになります。

ちなみに、換算されるプレミアムポイントはグループ運航便のみです。

プレミアムポイント数アップグレードポイント数
00
1〜9,9994
10,000〜19,9996
20,000〜29,9998
30,000〜39,99910
40,000〜79,99920
80,000〜119,99940
120,000〜149,99950
150,000〜199,99960
200,000〜249,99980
250,000〜100

ちなみに私は30,000ポイント台でしたので、アップグレードポイントは10ポイント付与されました。

ANAアップグレードポイントの履歴

アップグレードポイントの貯め方

上の画像でも紹介しましたが、アップグレードポイントが付与されるのは、翌年の2月1日になります。

他にもポイントの貯め方はありますので、ここから紹介していきますね。

スーパーフライヤーズカード会員で4ポイント

もし、ANAスーパーフライヤーズカードを持っていて、ANAブロンズ会員以上になっているのであれば、一律で4アップグレードポイントがもらえます。

上の画像でも4ポイント付与された証拠がありましたね。

ただし、前年にANAグループ便を使ってない場合や、ANAスーパーフライヤーズカードの家族会員は、アップグレードポイントが付与されません。

アップグレードポイントの有効期限は1年間

ANAアップグレードポイントの有効期限は各年度のみ。
つまり、1年間しか使えません。

4月1日〜翌年3月31日までですね。

翌年以降にアップグレードポイントを持ち越すことができないので、早めに使い切るのが大切です。

アップグレードポイントの使い方

貯めたアップグレードポイントの使い方は、基本的に座席クラスのアップグレードになります。

他にもいくつかあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

座席クラスのアップグレード

座席クラスのアップグレードにポイントを使う場合、どれぐらいポイントを使うのかが気になりますよね。

国内線の場合は、普通席からプレミアムクラスにアップグレードするためにポイントを使います。

このときに使うのは一律で4ポイント。

ちょっとややこしくなるのは、国際線になった場合ですね。

国際線になると距離が全然違ってくるので、距離やクラスによって必要なアップグレードポイント数が大きく変わってきます。

最も必要ポイント数が多いのは欧米路線。

  • エコノミークラス→ビジネスクラス:10ポイント
  • ビジネスクラス→ファーストクラス:20ポイント

東南アジアやホノルルに向けて利用する場合の必要ポイント数は以下の通り。

  • エコノミークラス→ビジネスクラス:8ポイント
  • ビジネスクラス→ファーストクラス:16ポイント

中国・香港・韓国・台湾・オーストラリアの場合は、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードしかポイントが利用できません。(そもそもファーストクラスがないため)

オーストラリア便でビジネスクラスにアップグレードする場合は10ポイント、それ以外の路線だと6ポイント使えばビジネスクラスにできますよ。

アップグレードポイントを使うなら、なるべく欧米路線で使いたいところですよね。

そのほうが1ポイントあたりの価値も大きくなりますし、個人的にもおすすめです!

ラウンジ利用

アップグレードポイントは、ANAラウンジを使いたい場合にも使えます。

2ポイント使うことでラウンジ利用できますが、座席クラスアップグレードに比べると利用価値が高くないので個人的にはおすすめしません。

ANAラウンジを使った感想は以下の記事で確認できますよ。
それで判断してみてもいいと思います。

ANA SKYコインへの交換

アップグレードポイントをしばらく使う予定がない場合は、ANA SKYコインに交換してしまうのも1つの手です。

1ポイントを1,000コインに交換できますよ。

ANA SKYコインは、ANA航空券を買うときの支払いにあてることができて、節約につながります。

ポイントをムダにせず、ちょっと有効期限を引き伸ばすときにANA SKYコインへ逃しておくという考え方でも使えますよ。

さいごに

あまり意識することはないであろうANAアップグレードポイント、これだけの使い道があるんですね。

あまり乗らない場合は忘れてしまいそうになりますが、最低でも1年に1回はログインして確認するようにしておきましょう。

私もたまたまANAマイレージクラブにログインしたことでアップグレードポイントが貯まっていることに気づきました!

関連する記事

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る