ANAマイルを特典航空券に交換して13万円分の家族旅行を無料にできた方法と予約手順

スポンサーリンク

こんにちは!
小林敏徳(@enrique5581)です。

ぼくは8年ほど前からANAカードを利用しています。

最初の3年間は「ANA VISA 一般カード」を利用していましたが、今ではマイル積算率がアップする「ANA VISAワイドゴールドカード」に切り替えています。

ぼくがANAカードを利用している理由は以下の通りですが、「マイルを貯めて旅行したい!」が一番のモチベーションです。

  • クレジットカード払いでマイルが貯まる
  • クレジットカードポイントをマイルに交換できる
  • 年会費(通常15,400円)を支払っても節約に効果的
  • 貯まったマイルで旅行ができる

ついにコツコツ貯めてきたマイルを使うタイミングがやってきました。

東京ディズニーランドとディズニーシーに家族旅行するために、ANAマイレージクラブの特典航空券を予約しましたので、一連の流れをご紹介します。

ANAマイレージクラブで特典航空券

特典航空券にしたあと、空港に行って搭乗するまでの流れを以下のページで紹介しています。

ANAマイレージクラブで特典航空券を予約する方法

ANAマイレージクラブで貯めたマイルを使って、大阪府から東京都まで家族旅行をします。

特典航空券の予約は、どのようにすれば良いのでしょうか?

ANAマイレージクラブにログインしてマイル口座残高を確認

ANAマイルで航空券を特典予約

まずは「ANAマイレージクラブ」にログインします。

すると、画面左上に「マイル口座残高」が表示され、現時点でどれくらいのマイルが貯まっているのかを確認できます。

現時点で97,921マイル貯まっており、これは大人2名でハワイ旅行できる程度のマイルになります。

フライト区間・日時・人数・片道・往復を選択

ANAマイルで航空券を特典予約(日時指定)

次に、以下の項目を選択します。

  • フライト区間
  • 日時
  • 予約人数
  • 片道・往復

今回は下記のように指定しました。

  • フライト区間:大阪府・関西国際空港から東京都・羽田空港
  • 日時:3月中旬
  • 予約人数:大人2名、小児2名
  • 片道・往復:往復

特典対象の便から空席を選択

ANAマイルで航空券を特典予約_日時と便を選択_

次の画面で特典対象便の空席が表示されますので、希望する便を選択しましょう。

特典対象となる席は数が限られていますので、早めに予約しなければ埋まってしまう可能性があります。

旅行日程が決まっている場合は、前もって予約手続きをしてくださいね。

予約する航空券を確認して決定

ANAマイルで航空券を特典予約_日時・便を決定_

希望する便を選択できたら、予約内容を確認して決定します。

氏名・年齢・性別・マイレージクラブお客様番号を入力

ANAマイルで航空券を特典予約(マイレージ番号を入力)

飛行機の予約ができたら、次は必要事項を入力していきます。

  • 氏名
  • 年齢
  • 性別
  • ANAマイレージクラブお客様番号

今回予約した家族4人分の必要事項と、ANAマイレージクラブのお客様番号を入力しました。

eチケット・予約案内を受け取るメールアドレスと登録

ANAマイルで航空券を特典予約_メールアドレスを登録_

航空券の予約が完了したら、eチケットと予約案内を受け取るメールアドレスを登録します。

eチケットとは、空港に着いたら、その足で手荷物検査に向かえる便利なサービスです。

通常であれば、チケットを発券してから手荷物検査に行きますので、時間と手間がかかってしまいますよね。

eチケットがあれば、搭乗手続きまでの時間をショートカットできます!

マイルを利用できるのは二親等以内

ANAマイルで航空券を特典予約_ANAマイルが使える親類の範囲_

ここでマイルに関する豆知識をご紹介します。
ANAカードで貯めたマイルは、二親等以内まで利用できます

他人に譲渡することはできませんので、特典を利用する際には注意してくださいね。

今回は家族で使用しましたので、まったく問題ありませんでした!

ANAカードを使ってマイルを貯めて、家族全員で使えますね。

航空チケット発券に必要な確認番号を控えておく

ANAマイルで航空券を特典予約_予約完了_

予約が完了したら、確認番号が案内されますよ。

eチケットを利用する場合はとくに必要ありませんが、もし空港でチケットを発見する場合は、確認番号が必要となります。

忘れないようにメモするか、携帯電話で写真を撮っておきましょう。

飛行機の座席を指定

ANAマイルで航空券を特典予約_座席指定_

次は飛行機の座席指定です。

今回の家族旅行のように、みんなで近い席に座りたい場合は、座席指定サービスがあると助かりますね。

搭乗手続き用のeチケットを受け取る

ANAマイルで航空券を特典予約_バーコード表示_

eチケットとは、画像のような二次元バーコードのことです。

搭乗手続きの際に、機械にバーコードをかざすことによって、手続きが完了します。

eチケットは、以下の2つの方法で利用できますよ。

  • メールで受け取る
  • 印刷画面からプリントアウトしておく

メールで受け取った場合は、携帯電話かスマートフォンの画面に表示して、機械にかざすだけでOK。プリントアウトした場合も同様です。

航空券1枚につき1枚のeチケットが発行されますので、今回は4枚もらいました。

小さな子供と一緒に旅行するときに、こうした時間節約サービスがあると本当に助かります・・・。

旅行先のホテルもマイルで予約できる

ANAマイルで航空券を特典予約(おすすめホテルを表示)

特典航空券を予約すると、滞在先のホテルを案内してくれます。

今回の家族旅行では利用しませんでしたが、うまく活用すれば交通費だけではなく、宿泊費も節約できます!

特典に使用したマイルが口座残高から引かれる

ANAマイルで航空券を特典予約_特典予約分のマイルが減る_

すべての予約が完了してから、ANAマイレージクラブのトップページに戻ると、特典航空券に予約した分が、マイル口座残高から引かれていました。

家族4人分の特典航空券を予約しても、まだ49,921マイルが残っていますので、今後も計画的に使っていきたいと思います。

ちなみにANAマイルの有効期限は3年間で、失効するマイルについては事前にメールで知らせてくれます。

ぼくがマイルを使いきれない場合は、楽天スーパーポイントや景品に交換していますよ。

スポンサーリンク

コツコツ貯めたマイルで13万円分の旅費・交通費を節約できました。

ana-card

特典航空券を予約したことによって、約130,000円分の飛行機代を節約できました。

関西国際空港から羽田空港までの飛行機代は、「区間最安の値段で」下記の通りになります。

  • 片道:1人16,740円
  • 往復:1人33,480円
  • 家族4人分:合計133,920円

使ったマイル数は48,000。
この場合、1マイルあたりの価値は2.79円ですね。

クレジットカードを活用していなければ、今回の家族旅行は実現できませんでしたので、マイルをコツコツ貯めてきて本当に良かったと思います。

130,000円分の旅費・交通費を節約できたことで、とても得した気分です。

これからもANAカードで、地道にマイルを貯めていきたいと思います!

ANAカードの審査に通るコツと、マイル特約店については下記をご覧ください。

さいごに

ぼくは千円単位の買い物であっても、できるだけクレジットカード払いにしています。

1回あたりは少額だったとしても、コツコツと積み重ねることで、マイルが貯まっていくからです。

それでは、東京ディズニーリゾートの家族旅行を楽しんできます!

特典航空券にして、搭乗する時の流れを以下のページで紹介しています。

おまけ:ANAカードは色んな種類があります

ANAカードには、ぼくが利用している「ANA VISAワイドゴールドカード」の他にもいろんな種類がありますよ。

よく利用するお店やサービスと組み合わせることで、マイルが効率的に貯まりますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る