iTunesカードをヨドバシカメラやビックカメラ株主優待でお得に安く買う方法

スポンサーリンク

ヨドバシカメラビックカメラソフマップなどでiTunesカードを買うと2枚目が半額になるキャンペーンが時々ありますよね。

私が行った時は3,000円と5,000円のカードを2枚買えば2枚目が半額になるキャンペーンでした。

つまり6,000円分が4,500円、10,000円分が7,500円で買えるというとんでもなくお得なキャンペーンです。割引率はなんと25%!

25%引きでも十分すごいですが、ここで止まってしまってはダメですよ。
まださらに節約できますからね。

このキャンペーンも定期的に行われているようなので、今は買えないという方も次回以降のために、今回の内容を覚えておいていただけると嬉しいです。

ヨドバシカメラの場合

ヨドバシカメラの場合の話をします。

ヨドバシカメラでiTunesカードを買う時はヨドバシポイントは付与されません。
付与されれば一番いいのですが、世の中甘くはないです…。

ポイントは付かない代わりに、今まで貯めていたポイントを使って買い物することはできます。

普段貯めているポイントをここで一気に使うと効率が良くなります。

もう1つ、25%よりお得にする方法があります。

ヨドバシカメラでは商品券が使えるのはご存知ですか?
商品券をチケットショップで定価より安く入手して、会計時に商品券で払います。

チケットショップで商品券を買えば1〜2%弱の節約になります。

端数はクレジットカード一括払いで、カードのポイントを貯めます。

これで少なくとも26%以上安く買えるはずです。

還元率の高いカードを使えば、1〜2%の還元率が期待できますよ!

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

ヨドバシカメラで安く買い物する方法は、以下のページでも紹介しています。

ビックカメラ、ソフマップの場合

ここからはビックカメラ、ソフマップでiTunesカード2枚を最安で買う方法を紹介します。
実はこっちの方がすごいです。

めったにいないとは思いますが、500円の支払いだけで買える方もいます。
少なくとも30%引きにはなりますので。

ソフマップ

ビックカメラの株主優待券を使う

ビックカメラでは、株主優待券を使って買い物ができます。
iTunesカードも例外ではありません。実際に試しましたので。

7,000円分は株主優待券で払って、自腹は500円のみという素晴らしい買い物ができた経験もありました。

ビックカメラの株主になっていれば、最低でも年間3,000円のビックカメラソフマップで使える商品券がもらえます。

ビックカメラの株主優待券

ここ重要です。
ビックカメラの株主優待券はソフマップでも使えるんです!

株主ならまるまる3,000円分浮くことになりますね。私もこれで浮かしました。

でも、「株主になるのは面倒だ!」と思うのではないでしょうか。

確かにそうですよね。
証券会社に口座を作って株を買わないといけませんし、値下がりのリスクもあります。

最初に言っていた少なくとも30%というのはここからです。

ビックカメラの株主優待券をヤフオク!ラクマで落札します!

この方法なら確実に定価より安く手に入ります。
どれだけ高くても定価の95%程度でしょう。

95%で買ったとすると25%+5%で30%引きになります。

うまく買えれば定価の90%ぐらいになったりします。
ここまでくれば相当安くなりますよね。

この2枚目半額セールがあったときにすぐ飛びつけるように今のうちにこの記事を読んで、安くする方法をマスターしておきましょう。

株主優待券は、オークション以外にも自分で株を買って取得する方法もあります。
裏ワザを使えば、数百円で優待券だけを手に入れることもできますよ!

さいごに:2枚目半額以上にできるのを意識しておきましょう

2枚目半額!25%引きだ、やったー!
と浮かれるのはわかります。私もそうです。

確かにそれでも十分安いですが、まだまだ安くする方法はあるんですよ、ということを知っていただければと思います。

おまけの節約術

iTunesと関連してAppleのMacbook Airを安く買う方法を徹底的に調べた記事がこちらです。

ヨドバシカメラなどの家電量販店のポイントを活用してiTunesカードを節約する方法もあります。これはかなり実用的!

コストコだと常に5%安くiTunesカードを入手できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る