【TOICA】に関する記事一覧(6件)

これからTOICAを使いたいと思ったときは、どうやって作ればいいか・使い方やメリットなどが気になるかと思います。

そんなTOICAのお得な使い方やメリット・デメリットについて、ノマド的節約術がブログ記事で詳しく紹介しています。記事をチェックしたいなら、下のほうから気になる記事を探してみてくださいね。

TOICAの作り方や購入方法

これからTOICAを使いたいと思ったときに、どうやって手に入れたらいいのかがまず気になると思います。

TOICAは、対応している駅の券売機で買うことができますよ。

TOICAには記名式や無記名式などの細かな種類がありますので、これから作るときは以下のページもチェックしてみてくださいね。

TOICAにチャージする方法

TOICAを手に入れたら、チャージしておかないと使えないですよね。
作ったときにある程度の残高はあるものの、使い切ったらまたチャージしないといけません。

そんなTOICAのチャージは、駅の券売機だけでなくいろいろな場所で対応していますよ。

TOICA定期券としても使える

TOICAは、定期券としても使えます。
TOICAを入手しただけでは定期券として使えないですが、別途定期券の購入をすれば、定期券としても使えますよ。

TOICAの残高を確認する方法

TOICAを使っていると、「今どれぐらいお金があったかな…?」と思うことが出てきます。

そのときは、TOICAの残高を確認しておきましょう。
残高確認の方法もたくさんあって、知っておくと役立ちますよ!

基本的には、駅の券売機で残高を確認できます。
あとは買い物したときのレシートとかでも確認できますよ。

それ以外の残高確認のやり方は、以下のページが詳しいです。

TOICAの履歴を確認や印字する方法

確定申告や出張旅費の精算で、TOICAの利用履歴を見たいときもあると思います。

そういったニーズにもTOICAはしっかりと対応していますよ。
紙で印字してもらうこともできます。

使わないならTOICAを解約・払い戻しできる

TOICAを作ったはいいけど、やっぱり使うことがなかった…という場合は払い戻しすることができますよ。

ただ、何も考えずに払い戻しすると220円の手数料を取られるのがデメリットです。
とはいえ、やり方を工夫すれば手数料無料で払い戻しできますよ!

TOICA払い戻しを実際にやってみた手順は、以下のページが詳しいです。

TOICAの詳しい使い方をチェックしてみよう

ここまで、ざっくりとTOICAの使い方を紹介してきました。
もし、TOICAを使ってみようかなと思うのであれば、気軽に作れるので試してみるといいですよ。

ページ下にも、TOICAの使い方を解説した記事がありますので、気になる記事があればチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

全6件中 1 - 6件を表示

交通系ICカード一覧に戻る