クレジットカードに対して、怖い・嫌い・不正利用が心配な場合に知っておきたいこと

松本 博樹の画像

クレジットカードを持つこと・使うことにどうしても抵抗がある方もいると思います。

学生時代の教育で「クレジットカードは怖いもの」というように教えられたり、両親がクレジットカードが苦手で使うな・持つな、と教えられていることもあるでしょう。

このページでは、改めてクレジットカードについての仕組みを知ることと同時に、怖い・嫌いなどの理由でどうしても使いたくない場合に、どうすればいいのかを考えてみました。

クレジットカードのメリット・デメリット

全員ではないですが、クレジットカードに抵抗を持つ方の多くは、クレジットカードの仕組み自体をそもそもあまり理解できていないように思います。

クレジットカードに限らずですが、お金のこと全般は、知っているかどうかだけで、人生が大きく変わってくるものです。

ここで改めてクレジットカードのメリットとデメリットについてまとめてみました。

クレジットカード払い

メリット

  • 現金を持たずに買い物できる
  • 支払いを先延ばしにできる
  • ポイントが貯まるので、現金払いよりも節約になる
  • 一括払いなら手数料0円

クレジットカードを使うメリットは、主にこの4つになるでしょう。一括払いで使う分には、手数料を一切取られることがないので、お得です。その上、ポイントも貯まるので、現金で払うよりも節約になります。

経営者になれば、支払いを先延ばしにするのはとても重要なことなので、クレジットカードは欠かせません。

デメリット

  • 支払いがあとになるので、借金となる
  • お金を使う意識が薄くなり、買いすぎになりがち
  • リボ払い、分割払いにすると手数料を取られる

クレジットカードのデメリットはこの3点でしょうか。メリットと同じですが、考え方を変えるとデメリットになります。

クレジットカードを使って買い物した時点ではお金が減らないので、お金を使わずモノを手に入れてることになります。それが気持ち悪く感じてしまうのはしかたないことだと思います。

それ以上に気をつけないといけないのが、リボ払いや分割払いを使って買い物することです。そもそもリボ払いや分割払いしないと買えないのにカードを使って買い物するのは、賢い買い物とはいえません。

やむを得ない事情で使わないといけないことが、もしかしたら人生に数回ぐらいはあるかもしれませんけど、冷静に考えたら、どうしてもリボ払い・分割払いにしてまで買わないといけないようなものはないはず。

デメリットはありますが、知っておけば自分でコントロールできることばかりなので、私からいうとデメリットにはなりません。

クレジットカードを使う時は、本当に必要なモノだけを必ず一括払いで買うようにします。そうすれば、現金で買うよりも節約になりますよね。

クレジットカード会社の儲けは?

一括払いで支払う分には、手数料が一切かかりません。0円です。じゃあ、クレジットカード会社はどうやって売上を上げているのかが気になると思います。

クレジットカード決済を導入した店舗で、お客さんがクレジットカードで支払いをした時に、クレジットカード会社に支払う手数料がお店側に発生します。

この手数料がクレジットカード会社の儲けになります。この手数料は5%程度と言われています。

ネットショップを見ていると時々、クレジットカード払いの時は5%上乗せしているところがありますが、その上乗せ分がクレジットカード会社に払う手数料だと思われます。

デビットカードという選択肢

クレジットカードの仕組みを理解できると、便利なのはお分かりいただけたかと思います。

便利なのはいいけど、やっぱり借金になるのは嫌だし、使いたくないという場合はどうすればいいのでしょうか…。

この場合は、クレジットカードのメリットはそのままに、デメリットだけをなくしたデビットカードという選択肢があります。

デビットカードは、クレジットカードのように一括払いでカード払いすると、引き落とし先に指定してる口座から即時でお金が引き落とされます。

つまり、借金することなくカードを使うことができますよ。
どうやったとしても銀行口座の残高以上は使えないので、使いすぎたとしても最悪0円になるだけなので、借金することはありません。

デビットカードだと、お金がなくなるという痛みがリアルタイムに発生するので、お金を使っている意識はそのままだと思います。

クレジットカードを使う時よりも、ムダ使いを減らすこともつながるでしょう。

デビットカードは、ジャパンネット銀行やスルガ銀行といったネット系の銀行でもあるし、ゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行といったメガバンクでも発行しています。

三菱UFJ銀行のVISAデビットカード「三菱UFJ-VISAデビット」なら、クレジットカードのポイントの代わりにキャッシュバックもあり、ポイントをもらうよりも嬉しいですね。

現金払いも悪くない

クレジットカード・デビットカードでの支払いについてここまで説明してきました。
まだ現金払いについて言及してませんでしたね。

個人的には、カードの便利さを知ると、現金払いが面倒になってきます。
カードを使おうが現金だろうが、お金を使っている意識は変わらないので、私にとってはデメリットがありません。

でも、そんな私でも現金を使うこともあります。
カード払いすると、どうしてもお店の利益が下がってしまうんですよね…。

応援したい方やお店にお金を払う場合は、あえて現金払いすることで、応援することにつながります。

そんな機会はあまりないですが、応援したい方がいれば、現金払いしてみるのもいいですよ。

自分の考え方に合わせて使い分けてみては?

クレジットカード・デビットカード・現金払い。どれで支払うのも自由です。

何も知らずにどれかの方法で支払うよりも、仕組みをちょっとでも知った上で、自分の好きな方法で支払うようにできれば、お金を使うことに対する意識も変わってくると思います。

それぞれの仕組みを理解していろいろな方法で支払ってみてください。

私は基本的にクレジットカードで支払いたい派ですけど、クレジットカードに抵抗がある方は、デビットカードもしくは現金で払うといいですよ。

デビットカードについてはいくつかブログ記事がありますので、合わせて読んでみてくださいね。
参考:デビットカードに関する記事一覧

セキュリティ面での安心感を持つなら三井住友カード

あと、クレジットカードを持つときの心配ごとに、紛失してしまった場合の不正利用があると思います。

自分が使ってない請求があると怖いですよね。

対策としては、そもそも紛失しない・暗証番号を漏らさないなどの基本的なことを徹底するしかありません。

カードによって差別化するのであれば、三井住友カード(デビュープラスカードは除く)だと裏面に顔写真を入れることができます。

顔写真があれば、万一紛失してしまった場合でも、不正利用防止になる可能性がありますよ。