スカイマークでANAマイルやJALマイル・デルタ航空のマイルを貯める方法

スポンサーリンク

こんにちは!
飛行機に乗る機会が多い、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

私が住んでいる神戸にある神戸空港では、スカイマークがメインで飛んでいます。

スカイマークに乗るときはスカイマークのマイルがあるのかどうか、貯まるのかどうかが気になるのではないでしょうか。

飛行機に乗る楽しみの1つにマイルが貯まることがありますよね。

スカイマークでマイルを貯める方法

スカイマークにはマイルの仕組みがありません

ところがスカイマークにはマイルの仕組み自体がありません!

ANAJALのような独自のマイルの仕組みがスカイマークにはないんですよね。

そのため、スカイマークでマイルを貯めるというのは考えなくても大丈夫です。

マイルが面倒でなんとなく手が出せていなかったという場合は逆にホッとするのではないでしょうか。

スカイマークの飛行機

スカイマークの料金支払いにマイルが貯まるクレジットカードを使う

スカイマークの料金支払いはクレジットカードになりますよね。

その支払いをマイルが貯まるクレジットカードにすれば、間接的にではありますが、マイルを貯められます。

例えばANAカードJALカードで支払えば、ANAマイルJALマイルが貯まりますよね。

これらのクレジットカードでスカイマークの料金を支払えばマイルが貯まります。

私がスカイマークを使うときもよく使っているANAカードで支払っていますよ。

違う航空会社のマイルにはなりますが、スカイマークの利用で確実にマイルを貯めるのであれば、この方法が一番確実ですね。

例えば100円使うごとに1マイル貯まるクレジットカードで、20,000円の航空券を買った場合は、それだけで200マイルにもなります。

地味な積み重ねですが、この繰り返しが節約につながりますよ。

私が過去、北海道にANAマイルの特典航空券を予約したときは通常運賃46,300円に対して6,000マイルで航空券を買えたので、この場合は1マイルあたり7.71円の価値です。

スカイマークのマイルはありませんが、クレジットカードをうまく使えば他の航空会社のマイルは確実に貯められますよ。

ただ、スカイマークでのフライトではマイルが貯まらないのでその点は頭の片隅に置いておきましょう。

スポンサーリンク

スカイマークの利用でデルタ航空のマイルを獲得(事後登録)する方法も

これまた間接的な方法にはなりますが、スカイマークの飛行機を利用することで、デルタ航空のマイルであるスカイマイルを貯めることもできます。

デルタ航空では、国内線を利用する後に申請することでスカイマイルが500マイル貯まるキャンペーンが開催されており、これを使えばスカイマークの利用でスカイマイルが貯められますよ。

ただ、手続きが少し面倒になるため、細かくこだわらないのであれば、無理に利用しなくてもいいかもしれません。

ちなみにこのデルタ航空のキャンペーンは、スカイマークに限らずどの航空会社でも国内線を利用したあとに申請すれば500マイルが貯められるため、フライト回数が多ければ多いほどお得になる仕組みですよ。

一般会員だと年に10回まで、メダリオン会員の場合は年40回までのフライトに対応しています。

それぞれ5,000マイル、20,000マイルまで獲得可能ですね!

詳しい手順は以下のページで。

スカイマークではデルタスカイマイルを使って航空券を取得できる

また、スカイマークではデルタスカイマイルを使って航空券を取得できます。

2018年4月時点での区間ごとの必要マイル数は以下の通り。

スカイマークの国内線で特典航空券を取得するときに必要なデルタスカイマイル
区間必要マイル数
福岡 (FUK) – 那覇 (OKA)15,000マイル
羽田 (HND) – 神戸 (UKB)15,000マイル
神戸 (UKB) – 茨城 (IBR)15,000マイル
神戸 (UKB) – 鹿児島 (KOJ)15,000マイル
神戸 (UKB) – 長崎 (NGS)15,000マイル
神戸 (UKB) – 那覇 (OKA)15,000マイル
中部国際空港 (NGO) – 那覇 (OKA)20,000マイル
中部国際空港 (NGO) – 新千歳 (CTS)20,000マイル
羽田 (HND) – 福岡 (FUK)20,000マイル
羽田 (HND) – 鹿児島 (KOJ)20,000マイル
羽田 (HND) – 長崎 (NGS)20,000マイル
羽田 (HND) – 那覇 (OKA)20,000マイル
羽田 (HND) – 新千歳 (CTS)20,000マイル
茨城 (IBR) – 新千歳 (CTS)20,000マイル
神戸 (UKB) – 新千歳 (CTS)20,000マイル

片道でも往復でも同じマイル数になるため、利用する場合は必ず往復にしましょう。
でないと1マイルあたりの価値が下がってしまいますからね。

さいごに

スカイマークの利用ではマイルが貯まらないものの、間接的に他の航空会社のマイルを貯めることはできますね。

これを知っているかどうかで、今後他の航空会社を使うときにマイルで特典航空券に交換しやすくなってお得になりますよ。

飛行機移動が多いのであれば、これらの方法を知っておけば、長い目で見たときにかなり節約になるのではないでしょうか。

ちなみに、スカイマークの予約から乗り方までを書いた記事もありますので、もし利用される場合は参考にしていただけたらと思います。

チケットを取るのであれば、skyticketを使ってみましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る