スカイマークの手荷物サイズ・重さ・個数の条件は?手荷物を減らす工夫についても紹介します

スポンサーリンク

カウンターで預ける荷物や機内に持ち込む荷物は、航空会社によって大きさや重さがちがいますよね。

場合によっては追加料金を支払わないといけないときもあるので、できるだけ無料の範囲内でおさめたいところです。

先日スカイマークの飛行機に乗る機会があったので、今回はスカイマークの手荷物条件についていろいろ調べてみました。

このページではスカイマークの手荷物の大きさ・サイズ・超過料金のまとめと、私が実践した手荷物を減らす工夫について紹介します。

スカイマークを利用する予定があるなら、よかったら参考にしてみてくださいね!

スカイマークの手荷物サイズ・重さ・個数の条件

「お預け手荷物」と「機内持込手荷物」の違い

どの航空会社でもそうですが、手荷物には「お預け手荷物」と「機内持込手荷物」があります。

お預け手荷物とは、航空カウンターでチェックイン手続きをするときに預ける荷物のことです。

大型のスーツケースなどがこれに該当しますね。

一方、機内持込手荷物は飛行機内に持ち込む手荷物のことです。
機内の収納棚に入るもの、ハンドバッグなどの手回り品のことをいいますよ。

スカイマークの手荷物について

スカイマーク航空カウンター写真

さて、お預け手荷物と機内持込手荷物の違いがわかったところで、それぞれの手荷物の大きさや重さ、個数などの条件をみてみましょう。

お預け手荷物の条件

スカイマークで無料で預けられる荷物の条件は次の通りです。

  • サイズ:50cm×60cm×120cm以内
  • 重さ:一人合計20Kgまで
  • 個数:制限なし

ちなみに、サーフボードなど長さがあるものは、280cmまでは無料で預けられます。

20Kgを越えて100Kgまでの手荷物は、重量超過10Kgごとに1,000円が加算されるので注意が必要ですね。

とはいえ、一人合計20Kgまでは大丈夫なので、よほどの大荷物でない限り心配はないかと思います。

機内持込手荷物の条件

スカイマーク手荷物サイズ写真

スカイマークでは、ハンドバッグや傘、カメラなどの手回り品以外の荷物も、機内に持ち込めます。

機内持込手荷物の条件は次の通りです。

  • サイズ:55cm×40cm×25cmで3辺の合計が115cm以内
  • 重さ:10Kg以内
  • 個数:1個

お預け手荷物は受け取りまでに時間がかかるので、急ぐ場合は機内に持ち込める小さなスーツケースに荷物をまとめてしまうのがおすすめです。

スカイマークはペットも預けられます

スカイマークでは、全線一律5,000円でペットを預けることも可能です。
預けられるペットの種類は次の通り。

  • 小鳥
  • ハムスター、うさぎなどの小動物

ただし、パグ、シーズ-、ボストン・テリア、ペキニーズ、チン、ボクサー、ブルドッグ、チベタン・スパニエルなどの短吻種(たんふんしゅ)犬は、安全上の理由で預けられません。

なお、基本的にペットの機内持込はできませんが、昆虫や金魚類は条件を満たせば機内に持ち込むこともできるようです。

予約は必要ありませんが、事前に同意書の記入が必要。

搭乗日当日は、搭乗便出発時刻の30分前までに航空カウンターで手続きをすませましょう。

ペットが過ごす空間についてなどの詳細が知りたい場合は、航空カウンターに問い合わせてみてくださいね。

スポンサーリンク

手荷物を減らすために実践したこと

スカイマークではお預け手荷物が一人20Kgまで無料なので、特に不便は感じなかったのですが、それでも手荷物は少ない方が移動も楽です。

手荷物を減らすために実践したことを紹介するので、よかったら参考にしてみくてださい。

現地調達できるものは余分にもっていなかない

子どもが小さいと、なにかと心配になると思います。

私もおむつの替えや粉ミルクを多めにもっていったりしていましたが、結局使わずに終わることがほとんどなので、「なくなったら現地で探す」と決めて必要以上にもっていくのはやめました。

海外だとまた事情は変わってくるかもしれませんが、少なくとも国内旅行であれば、現地調達でなんとかなります。

宿泊先の周辺にコンビニやスーパーがないか、事前に確認しておくと、より安心できますよ。

宿泊先のホテルにあるものを事前にチェックしておく

パジャマや基礎化粧品、ヘアアイロンなどは、ホテルに置いてあるか事前に電話で確認します。

ホテルによっては子ども用のパジャマも用意してくれるので、そこもかならずチェックしていますよ。

基礎化粧品がホテルにない場合は、試供品など使い捨てできるものを持参しています。

意外とホテルで借りられるものは多いので、ぜひ一度ホテルに問い合わせてみてくださいね。

お土産はネットで購入する

お土産

旅の醍醐味のひとつともいえるお土産購入ですが、やっぱり荷物が増えると移動も大変ですよね。

私は手配り用に大量にお土産がほしいときには、事前にネットでお土産をチェックして購入することが多いです。

もちろん旅先でもネットにはなかったお土産を見つけると購入することはありますが、ほとんど事前購入で済ませています。

荷物も減りますし、お土産を選ぶ時間をほかの観光時間にあてることもできるので、一石二鳥の方法ですよ。

ちなみに、全国のお土産情報については「OMIYA!」で詳しく紹介しています。
旅先のおいしいお土産を探したいのなら、ぜひチェックしてみてくださいね!

さいごに

スカイマークの飛行機

スカイマークの手荷物に関しては、あまり厳しくないなという印象です。

同じLCCのジェットスターは、お預け手荷物はすべて有料になるので、それに比べると良心的ですよね。

2泊以上の旅行や大人数での旅行となると、つい手荷物が多くなってしまうこともあるかと思います。

サイズや重さ、個数の制限がなければ特に気にならないかもしれませんが、手荷物が少ないと移動も楽なりますよ。

荷物を減らして身軽にして、快適な旅行を楽しんでくださいね!

もしスカイマークのチケットを取るのであれば、skyticketをチェックしてみましょう。

スカイマークに関する記事はこちら

スカイマークの乗り方やマイルを貯める方法を知りたいなら、こちらをチェックしてみてください。

飛行機代の節約に関する記事はこちら

飛行機代って、意外とかかるものですよね。

少しでも節約したいと思ったら、こちらも合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る