チェジュ航空は評判・口コミ通り?手荷物・機内持ち込みの条件や実際に利用してみた感想をレポート

NANAの画像

先日、念願の「家族で海外旅行」の夢が叶い、韓国のLCC「チェジュ航空」を利用してグアムへ行ってきました。

私が予約をしたH.I.Sでは、ユナイテッド航空やティーウェイ航空のプランもあったのですが、我が家は価格重視でチェジュ航空を選んだんです。

とはいえ、チェジュ航空は初めて利用する航空会社だったので、「機内の座席はどうなの?」「乗り心地はいいのかな?」など、いろいろ気になることがありました。

私と同じようにチェジュ航空を初めて利用するときには、機内の様子やサービスについて知りたいと思うのではないでしょうか。

そこで、このページではチェジュ航空の機内の様子やサービス、手荷物・機内持ち込み荷物の条件などを紹介していきます。

チェジュ航空を実際に利用してみた感想もまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

チェジュ航空は評判通り?乗ってみた感想

チェジュ航空とは

チェジュ航空飛行機写真

チェジュ航空は、韓国のチェジュ島を拠点とした格安航空会社です。

日本に参入を開始したのは2005年で、東京や大阪、名古屋、福岡、札幌、那覇、松山からソウル行きの飛行機をはじめ、釜山や大邱行きの飛行機などが就航しています。

また、2018年からは成田空港や関西国際空港とグアム線の運航も開始。
料金が安くて、現地滞在時間が長い運航スケジュールのため、グアム旅行へ行く観光客にも人気です。

参考:チェジュ航空の公式サイトはこちら

機内サービスは有料です

チェジュ航空の機内サービスは有料です。
これはどの格安航空会社も同じで、航空券の価格を抑える分、サービスは簡素化されているんですよね。

ドリンクや機内食、毛布・クッションの貸し出しなどの無料サービスはないため、必要であれば、事前に購入してから搭乗するか、機内で販売している商品を購入するようにしましょう。

チェジュ航空の手荷物条件について

チェジュ航空をはじめとする格安航空会社では、無料で預けられる手荷物や持ち込める手荷物の重量、個数などに制限があります。

荷物を持っていくのにお金はかけたくないと思うので、チェジュ航空の無料手荷物条件についても、しっかり確認しておくと安心ですよ。

「受託手荷物」と「持ち込み手荷物」の違い

まず、しっかりとおさえておきたいのが「受託手荷物」と「持ち込み手荷物」の違いについてですね。

受託手荷物とは、航空カウンターでチェックイン手続きをするときに預ける荷物のこと。
大型のスーツケースやゴルフのキャディバッグなどは、この受託荷物に該当します。

一方、持ち込み手荷物は、飛行機内に持ち込む手荷物のことです。
機内の収納棚に入るものやハンドバッグなどの手回り品のことをいいますよ。

受託手荷物・持ち込み荷物の条件

グアム旅行のときの手荷物写真

格安航空会社では、受託手荷物や持ち込み荷物が有料のケースもあります。
余計なお金を払わなくてすむように、条件を事前にしっかりと知っておきたいところですね。

チェジュ航空の手荷物条件は以下のとおりです。

【持ち込み手荷物】

  • サイズ:たて・横・高さの和が115cm(ただし、各辺の長さはたて55cm、横 40cm、高さ 20cm以内)以内
  • 重さ:10Kg以内
  • 個数:1個

上記の条件を満たしていれば、手荷物は無料で機内に持ち込むことができますよ。

【受託手荷物】

  • Fly Bag+:3辺合計が203cm以内、20Kg以内(グアム・サイパンは3辺合計が203cm以内、23Kg以内許容個数は2個まで)
  • Fly Bag:3辺合計が203cm以内、15Kg以内(グアム・サイパンは3辺合計が203cm以内、23Kg以内許容個数は1個まで)
  • Fly:手荷物なし

「Fly Bag+」と「Fly Bag」のチケットの場合、上記の条件を満たしていれば、手荷物は無料で預けることができます。
なお、グアム・サイパン線以外は、個数に制限はありません。

もし規定以上の手荷物を預けたり、持ち込んだりする場合は、以下の料金が加算されるので気をつけてください。

【重量超過料金】

  • 国内線:1Kg追加ごとに2,000ウォン
  • グアム・サイパン線: 重量超過50,000ウォン(50ドル)、個数超過1個につき50,000ウォン(50ドル)

なお、グアム・サイパン線以外の国際線は以下の重量超過料金がかかります。

  • 空港:1Kg追加ごとに10,000ウォン(10ドル)
  • 事前購入:5Kg追加ごとに30,000ウォン(30ドル)

グアム・サイパン線以外の国際線の場合は、事前に重量超過料金を払うこともできます。
手荷物の重量がオーバーするのがあきらかなときは、事前に申請しておくのもおすすめですよ。

参考:チェジュ航空公式サイト「手荷物」についてはこちら

ただ、手荷物が多くなると移動も大変になりますし、お金もかかるので、できるだけ荷物は減らしたいところ。
「現地で調達できるものは持っていかない」などの工夫をして、手荷物はコンパクトにまとめられるといいですね。

▼ちなみに、我が家は家族4人分の荷物を2つのスーツケースに入れて、26.6Kgでした。

グアム旅行のときの手荷物重量写真

グアム・サイパン線は、1人23Kgまで大丈夫なので、よほどの大荷物でない限りは、無料の範囲内で問題ないと思います。

チェジュ航空を実際に利用してみた感想

さて、つづいて実際に利用してみた感想はどうだったのかを紹介していきますね。

今回、私が利用した空港は関西国際空港です。

▼関空のチェジュ航空のチェックインカウンターは、第二ターミナルビルにありますよ。

関空国際線ターミナル写真

当日はなにも考えずに、第一ターミナルビルに近い駐車場に車を停めたのですが、なかに入ってみるとチェジュ航空のチェックインカウンターがどこにもなく、スタッフさんに尋ねてみると「第二ターミナルビルにあります」と言われて、「しまった…!」と後悔…。

第一ターミナルビルと第二ターミナルビルは離れていて、バスやタクシーなどを利用しないといけない距離なんですよね。

とはいえ、わざわざ車を出して第二ターミナルビルに近い駐車場に停めなおすのも面倒だったので、無料のシャトルバスを利用して第二ターミナルに向かいました。

▼シャトルバスはこちら。第一ターミナルビルと第二ターミナルビル間の所要時間は7分~9分ほどです。

関空ターミナル間シャトルバス写真

大きなスーツケースを持っての移動は大変なので、もし関西国際空港でチェジュ航空を利用する場合は、「P5の駐車場が一番近い」と覚えておいてくださいね。

▼第二ターミナルビル内にあるチェジュ航空のチェックインカウンターです。

チェジュ航空チェックインカウンター写真

スタッフさんの手際もよく、待ち時間も15分ほどで手続きが完了しました。
そのあとは搭乗ゲート前で、メールやニュースをチェックしながら時間を潰すことに。

搭乗時間になるとアナウンスがあり、いざ飛行機へ。

▼チェジュ航空の機体はこちら。子どもたちは飛行機を見てテンションが上がり、「いまから、これ乗るの?」とワクワクした様子でした。

チェジュ航空飛行機写真

▼座席はこちら。造りはLCCだけあって、簡素な感じがしますね。

チェジュ航空機内座席写真

▼座席間隔や中央にある通路幅も狭かったです。トイレなどで移動するときは少し通りにくいかもしれません。

チェジュ航空機内写真

▼足元も同じく狭かったですが、特に不自由を感じることはありませんでした。

チェジュ航空機内写真

▼テーブルのサイズ感はこのような感じです。

チェジュ航空機内座席写真

▼ちなみに、機内にある安全に関する説明書やカタログは韓国語や英語で書かれていたので、よくわかりませんでした…。

チェジュ航空機内説明書写真

私がチェジュ航空を利用した2019年9月ごろは、ちょうど日韓関係が悪化している状況だったので、「韓国の航空会社だけど、大丈夫かな…」という心配もありましたが、欠便になることもなく、無事グアムに向かうことができました。

スタッフさんたちも、皆さん笑顔で気持ちのよい対応をしてくださり、接客サービス面でも不満はなかったですよ。

ただ、前の座席との間隔が狭いため、人が移動するときに座席が揺れるところは気になるかもしれません。

私は小説を読んだり、動画を見たりするのに集中していたので、まったく気づかなかったのですが、夫は少し不満そうにしていましたね。

座席間隔が狭く、座席を倒すのも後ろの人に申し訳ないなと思ってしまうくらいなので、長時間のフライトのときには大変かもしれませんが、4時間ほどのフライトでは問題ありませんでした。

チェジュ航空の予約方法

チェジュ航空機体写真

「公式サイトから予約する」「旅行会社のセットプラン予約する」など、チェジュ航空の航空券を予約する方法はいくつかあります。

公式サイトでは、片道1,000円からのキャンペーンなどを開催しているときもあるので、まずはサイトをチェックしてみるのもおすすめ。

参考:チェジュ航空の公式サイトはこちら

ちなみに、私は今回H.I.Sのセールを利用して、航空券とホテルをセットで予約しました。
セールを利用すれば、かなりお得に海外旅行に行けるチャンスもあるので、興味があれば、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

もし、どこか予約するのが一番安いか知りたいなら、比較サイトを使って検討してみましょう。
Skyscannerトラベルコでは航空会社・予約サイトの一括比較ができるので、最安値を探しやすいときにおすすめです。

さいごに

チェジュ航空の窓写真

今回、初めてチェジュ航空を利用しましたが、特に不便は感じませんでした。

関空からグアム間のように4時間以内のフライトであれば、スマホで動画を見たりゲームをしたりしていると、あっという間です。

飲み物やお菓子も持ち込んでいたので、子どもたちが「喉がかわいた」「お腹が減った」と言うこともなく、快適に過ごせましたよ。

座席間隔は狭く、イスの座り心地も決していいとはいえませんが、機内での快適性よりも価格を重視するなら、チェジュ航空はおすすめの航空会社です!

もしチェジュ航空を利用しようかと考えているなら、ぜひ紹介した内容を参考にしてみてください。

ちなみに、私はフライト中にAmazonのPrime Videoを満喫しました。

▼Prime Videoは、海外でも視聴できる映画やテレビ番組があります!

プライムビデオトップ画像

海外へ行くと、自動的に「海外でも視聴可能」という項目が表示されるようになっていて、「Prime Videoって海外でも見られるの…!」とビックリしました。

視聴できるのはAMAZON ORIGINAL作品ですが、もし「海外でも映画やドラマを楽しみたい」と思うなら、ぜひPrime Videoを活用してみてくださいね!

海外旅行におすすめの記事はこちら

海外旅行を検討しているなら、こちらの記事もあわせてチェックしてみてください!

この記事を書いた人

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

NANAのプロフィール