イオンカードからイオンカードセレクトへの切り替えは可能?注意点・手順・WAON移行手続きのまとめ

スポンサーリンク

こんにちは!
イオングループのダイエーをよく利用する小林敏徳です。

わが家は「イオンカード」を使ってきましたが、最近になって「イオンカードセレクト」のほうがもっと便利だと教えてもらいました。

たとえばWAONのオートチャージや公共料金の支払い等で、WAONポイントがお得に貯まるんですよね。

よし、イオンカードセレクトに切り替えよう」と思いましたが、手元にはすでにイオンカードが・・・。

わざわざ2枚目のクレジットカードを作成しなくてはいけないのでしょうか? それとも切り替えが可能なのでしょうか?

このページではイオンカードからイオンカードセレクトに切り替える手順を解説していきます。

イオンカードからイオンカードセレクトへの切り替え手順

イオンカードからイオンカードセレクトへの切り替えは可能です

イオンカードからイオンカードセレクトへの切り替えは可能です!

クレジットカードが増えるのは面倒ですから、ありがたいですよね。

イオンカード

ときめきポイントは新しいカードに引き継がれる

クレジットカードを切り替えるとき、心配なのは「これまで貯めてきたポイントはどうなるの?」ですよね。

イオンカードで貯めたときめきポイントは、イオンカードセレクトに引き継がれますのでご安心ください。

24時間・365日・ネットから切り替え手続きが可能

イオンカードセレクトの切り替えは簡単にできますよ。

インターネットで24時間、365日手続きが可能なので、スマートフォンやタブレットでもできちゃいます。

後ほど解説しますが、ぼくもスマホで手続きをしました。

書類の郵送・お届印・本人確認書類不要

イオンカードセレクトへの切り替えにあたり、書類の郵送や本人確認等は必要ありません。

なぜならイオンカード作成時にそれらのチェックは済んでいるからです。

面倒な手順をスキップできるのはうれしいですよね。

要注意・イオンカードセレクトの引き落とし口座はイオン銀行のみ

イオンカードセレクトの切り替えで、1点だけ注意したいことがあります。

それは引き落とし口座が「イオン銀行」に限定されることです。

イオンカードはいろんな銀行を引き落とし口座にできますが、イオンカードセレクトの場合は限定されちゃうんですよね。

ただ、イオン銀行は条件を満たすと普通預金金利が0.15%と一般的な銀行の150倍の金利になるのがおすすめです。

0.15%までにするのは難しいですが、0.10%までならそこまで難しくない条件で満たせますよ。

イオン銀行の投資信託口座を作っておくと満たしやすくなります。

参考:イオン銀行の投資信託口座を作るにはこちらから

口座開設からスタートする場合はカード発行までに2週間程度かかる

イオン銀行の口座開設から行う場合は、審査の影響でカード発行までに2週間程度かかります。

ちょっと時間がかかりますので、急ぎでカードが必要になる可能性がある方は前もって手続きしてくださいね。

イオンカードからイオンカードセレクトに切り替える手順

それではイオンカードからイオンカードセレクトに切り替える手順を解説していきますね。

今回はすべてスマートフォンで手続きを行いました。

公式ページにアクセスして「イオンカードセレクトに切替する」を選択

イオンカードセレクトの切り替え手順
引用:イオンカードセレクトの切り替え手続き

イオンカードセレクト」のページにアクセスして、「イオンカードセレクトに切替する」を選択します。

イオンカード・イオンバンクカード等の有無を選択する

イオンカードセレクトの切り替え手順

次にイオンカードやイオンバンクカードを持っているかどうかの確認です。

ここで「イオンバンクカードを持っていない」を選択すると、自動的に口座開設手続きも行われますので、カード発行までに時間がかかります。

ぼくは「イオンカード = あり」「イオンバンクカード = なし」を選択しました。

イオンスクエアメンバーID、パスワードを入力してログイン

イオンカード作成時に登録したイオンスクエアメンバーIDと、パスワードを入力してログインします。

イオンスクエアメンバーは、ポイントや利用明細の確認に便利なので、アカウント作成がまだの方はここで登録してくださいね。

名前・性別・住所・居住形態等を入力

イオンカードセレクトの切り替え手順

次に氏名や性別、住所等を入力していきましょう。

イオンスクエアメンバーの登録内容が自動表示されますので、あらためて入力する必要はありません。

変更する、または追記する部分だけをチェックしてくださいね。

スマートフォンで住所を入力するのは面倒ですから、自動表示されるのは楽でした!

勤め先名・勤続年数・事業内容・年収等を入力

イオンカードセレクトの切り替え手順

次に勤め先や勤続年数等を入力していきます。

ここは手入力していきましたが、項目が少ないので手間はかかりませんでした。

WAONオートチャージ・取引明細書等の利用有無を選択

イオンカードセレクトの切り替え手順

最後にイオンカードセレクトの追加機能を選択してしていきます。

追加機能は以下の通り。

  • WAONオートチャージ
  • 取引明細書の郵送(税抜200円)
  • 総合口座当座貸越
  • キャッシュカード用パスワード

イオンカードの2倍ポイントが貯まるWAONオートチャージは、選択したほうがお得ですよ。

取引明細書の郵送は、税別200円のコストがかかりますので、特別な理由がないかぎり必要ないと思います。

キャッシュカード用パスワードは、忘れないようにメモしてくださいね。

ここまでの登録内容を最終確認して、切り替え手続きは完了です。

スポンサーリンク

スマホで10分・簡単に手続きできました

今回の切り替え手続きはすべてスマートフォンで行いましたが、約10分で完了しました。

あまりにも入力内容が多い場合は、パソコンからの手続きをおすすめしますが、イオンカードセレクトの切り替えはスマホで十分だと思います。

ぼくはイオン銀行の口座開設を行っていますので、2週間後のカード到着が楽しみです。

申し込み10日後にカードが到着しました

▼切り替え手続きの10日後に、イオンカードセレクトが郵送されてきました。

切り替えたイオンカードセレクト

新しいカードってなんだかワクワクしますね。
ただ、イオンカードセレクトを使う前にちょっとした手続きが必要なので、注意してくださいね。

要注意・カードが到着したらWAONの移行手続きをしてください!

イオンカードセレクトが手元に届いたら、イオンカードを破棄してしまいそうになりますが、ちょっとだけ待ってください!

イオンカードに残っているWAON残高とポイントを、イオンカードセレクトに引き継ぐ必要があるんです。

ぼくも危うく無駄にするところでした・・・。

移行手続きはWAONステーション等で行う

WAONの移行手続きは、以下の場所でできます。

  • WAONステーション
  • イオン銀行ATM
  • WAONネットステーション(ICカードリーダーライターが必要)

WAONステーションはイオン系列店に設置されています。

ちなみにコンビニに設置されているWAONチャージャーでは移行手続きができませんので、注意してくださいね。

移行期限あり・カード発行時期によって期限が異なる

WAONの移行手続きには、以下の期限があります。

  • 4月1日〜9月30日に発行した場合:翌年3月31日まで
  • 10月1日〜3月31日に発行した場合:翌年9月30日まで

ぼくのイオンカードセレクトは7月末に届きましたので、来年の3月31日までが期限ですね。
忘れないように、早めに手続きしてください。

WAONステーションでWAONポイント&残高をイオンカードセレクトに移行する方法

注意点はこれぐらいにして、早速WAONポイントと電子マネーの残高を移行しに行ってきました。

まずはイオン系列店に行き、レジ付近にあるWAONステーションを探してください。

▼今回はマックスバリュのWAONステーションを利用しました。

WAONステーション

▼トップページの「各種設定・変更」をタッチし、次に「新カードへの移行」を選んでください。

WAONステーション

すると、新カードと旧カードをWAONステーションの上に置くように指示されますので、順番にやっていきます。

▼イオンカードに残っていたWAONポイントはゼロでしたが、774円の残高がありました。

WAONステーション

WAON残高とポイントが表示されたら、順番にアップロードとダウンロードを行います。

この手順も機械が丁寧に指示してくれますので、とくに迷うことはないと思いますよ。

▼移行手続きが完了したら、WAONステーションからレシートが発行されます。

WAONのポイント移行手続きが完了

新しいイオンカードセレクトにWAON残高が移行されていましたので、家に帰ってイオンカードをハサミで切って破棄しました。

手続きはとても簡単で、1分で終了しましたよ!

さいごに

この手順で進めていくことで、イオンカードからイオンカードセレクトへの切り替えは簡単にできますよ。

今まではWAONをあまり利用していませんでしたが、よりお得にWAONポイントが貯まるイオンカードセレクトをもっと使っていこうと思います。

ただ、イオン銀行の口座開設に時間がかかりますので、できるだけ余裕を持った手続きをおすすめします。

今回は、切り替えの手順を説明しましたが、新規でカードを作る場合だと、キャンペーンもありますよ!

参考:イオンカードセレクトを使うならこちらから

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る