楽天買い回りの仕組み・いつ開催されるかや上限ポイントについて徹底解説!お買い物マラソンとスーパーセールの違いも紹介

スポンサーリンク

楽天市場では、お買い物マラソン楽天スーパーセールが定期的に開かれています。
気になってはいるけど、仕組みが複雑でよくわからないなぁと思っていませんか?

仕組みを知っているか知らないかでは、お買い物マラソン・スーパーセールに参加したときの楽天スーパーポイント獲得数が全く違いますよ。

私もセールに参加する機会が増えてきて気づきました!

そこでこのページでは、お買い物マラソンとスーパーセールの仕組みや違いについて、詳しく説明していきますね。

楽天市場買い回りの仕組みは?

まず、基本となる楽天市場の「買い回り」の仕組みから説明していきますね。

税込1,000円以上の買い物をしたショップ数に応じて、1ショップでの買い物につき1%のポイントがもらえる仕組みです。

例えば、10ショップで買いものをすると10倍のポイントがもらえますよ。
もちろん、途中でやめてもOK!

▼具体例を挙げて説明しますね。

楽天セール・お買い物マラソンの買いまわり具体例

ショップAで2,000円、ショップBで2,000円、ショップCで1,000円の買い物をしました。

3つのショップで買い回りをしたので、3%のポイントがつきます。
この買い物では、5,000円の3%分=150円のポイントがもらえますよ。

1ショップだけでの買い物なら1%、10ショップでの買い物なら10%です。
11ショップ以降は11%ではなく10%固定になりますから、買い物のしすぎには注意してくださいね。

お買い物マラソン・スーパーセールへの参加方法は?

楽天市場での買い回りはすごくお得ですよね。

そんな楽天市場での買い回り対象になっている「お買い物マラソン」・「楽天スーパーセール」への参加方法をこれから紹介していきます。

まずはエントリーする

▼楽天のセール会場ページから、エントリーボタンを押します。

楽天お買い物マラソン・スーパーセールにエントリー

▼ボタンを押すと、「エントリー済みです」という表示とともに、1〜10倍の画像が出てきました。

楽天お買い物マラソン・スーパーセールにエントリーできました

以前はエントリー不要でしたが、2019年7月現在ではエントリーをしないと、買いまわりをしてもポイントアップになりません。
必ずエントリーボタンを押してくださいね!

スロットを回す

▼次に、スロットを回してみましょう。

楽天お買い物マラソン・スーパーセールのスロット

お買い物マラソン・セール限定のポイントがもらえるかもしれませんよ。

▼残念ながら、私は高ポイントを当てたことはありません。

楽天お買い物マラソン・スーパーセールのスロット外れ

参加していればいつか当たると信じています…!

むずかしすぎる間違い探しに参加!

さらに、楽天ポイントがもらえるゲームを紹介しますね。
「むずかしすぎる間違い探し」では、正解者全員が100万ポイントを山分けできますよ。

▼お題の絵を見比べて、間違い探しをしてみましょう。

楽天お買い物マラソン・スーパーセールで間違い探し

こちらは、よく見れば間違いがわかるので、ほぼ確実に山分けポイントがもらえますよ!

クーポンをもらっておく

毎回、セール中にだけ使えるクーポンが出ています。

▼「クーポンを獲得する」を押して、もらっておきましょう。

楽天お買い物マラソン・スーパーセールで使えるクーポン

自分の買い物が対象かどうかは、レジに入れてから見れば大丈夫ですよ。
先着順のクーポンもあるので、利用はお早めに!

1ショップ税込1,000円以上購入×最大10ショップ

さて、ここからが本番ですよ。

目標10ショップで税込1,000円以上の買い物をしましょう。

店舗で独自のポイントアップキャンペーンが行われていれば、さらにポイントが上乗せされて、還元率がアップします。
商品自体の値段や送料も重要ですが、余裕があればポイント還元率についても確認してみてくださいね。

とはいえ、不要なものを買わないのが一番の節約ですから、途中でやめてもかまいません。

私は、あまり買い物するものは無いなぁと思ったら、数ショップくらいでやめています。
特に買うものがなければ、買い物をやめる勇気も必要ですよ。

スーパーセールに参加すると、どれくらいのポイントがもらえる?

ここからは、私の経験談をお話ししますね。
先日、楽天スーパーセール中に、9ショップと楽天ブックスで、41,670円分の買い物をしました。
合計5,047ポイントもらえましたよ!

▼獲得ポイントの内訳は、こちらです。

  • 楽天市場の店舗でもらえるポイントが782ポイント
  • 楽天カード利用特典分が4倍で812ポイント
  • 楽天ブックス0.5倍で204ポイント
  • 楽天スーパーSALE 買いまわりで9倍の3,645ポイント
  • スポーツチームの勝利で1倍10ポイント

▼明細の一部をお見せしますね。
楽天スーパーセールの購入履歴

4万円近くを普通に買い物したのでは、これほどのポイントはもらえませんよね。

私は楽天スーパーポイントを貯め始めて2年くらいですが、この2年で15万円分近くのポイントをもらっています。

2年で15万円ともなると、ちょっとした収入のようになってきました!

楽天スーパーポイントをもっともらうには?

お買い物マラソンやスーパーセールのときは、さらにたくさん楽天スーパーポイントをもらうワザもあります!

一つ一つ解説していきますね。

楽天カードを持つ

楽天ポイントをたくさんもらいたいなら、楽天カードの発行は欠かせませんよ。
こちらの記事で、楽天カードのメリットについて解説しています!

たくさん買いものする人はゴールド・プレミアムも検討

楽天市場で年間10万円以上の買い物をするなら、楽天ゴールドカードのほうがポイントで得をしますよ。

ゴールドカードの特典については、こちらの記事をみてくださいね。

SPUの条件をなるべく達成する

楽天には、スーパーポイントアッププログラム(SPU)という制度があります。
以下を達成すると、ポイントが最大16倍になりますよ。

  • アプリから買いものをする(0.5倍)
  • 楽天証券でポイント投資(1倍)
  • 楽天モバイル(2倍)
  • 楽天ブックス(0.5倍)
  • kobo(0.5倍)
  • 楽天ブランドアベニュー(1倍)
  • Rakuten TV(1倍)
  • 楽天トラベル(1倍)
  • 楽天銀行(1倍)
  • 楽天ビューティー(1倍)
  • 楽天の保険に加入する(1倍)

SPUについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

楽天市場の買い回りを使うときの注意点

お得な楽天市場買い回りですが、注意点があります。
一覧にしておきましたので、使うときはチェックしてみましょう。

  • 期間限定ポイントは期限に注意!
  • 上限ポイントは10,000ポイントなので、買いものは10万円まで。
  • 対象は税込1,000円以上の買いものです。1,000円未満は1ショップとしてカウントされません。
  • 送料は含まれません。送料込みの商品を買ったほうが、たくさんのポイントを獲得できますよ。

最大の注意点は、不要な買い物をしないことです。

ポイント目的で不要なものを買ってしまっては、節約になりませんよ。
お得だからといって、衝動買いも厳禁です!

買い回りショップを増やすコツはこちらにて解説していますよ。

お買い物マラソンとスーパーセールの違いは?

楽天お買い物マラソンと楽天スーパーセールの違いは、大きくわけて2つあります。

開催される時期はいつ?

開催時期をざっくり説明すると、お買い物マラソンは毎月、スーパーセールは3ヶ月に1回です。

以前はスーパーセールが開催される月はお買い物マラソンを開催していませんでしたが、ここ1年ほどは、お買い物マラソンが毎月開催される傾向にありますよ。

スーパーセールが開催される時期については、こちらの記事で詳しく解説しています!

セールの規模はスーパーセールが上

スーパーセールのほうが、店舗の割引率・ポイント還元率ともにアップする傾向にあります。

過去には、半額キャンペーンやポイント増額が行われた実績があるのですよ。

待てるようなら、スーパーセールで買い物をするのがオススメです。

とはいえ、毎月開催されているお買い物マラソンだけでも十分お得ですから、数ヶ月待つ必要はさほどありませんよ。

さいごに:お買い物マラソン・スーパーセールを上手に使って、生活を豊かにしましょう!

楽天スーパーポイントの付与条件はいろいろあって、難しいなぁと思ってしまいがちですが、知れば知るほど奥が深く、ポイントがたくさんもらえます。

私も楽天市場初心者でしたが、楽天ポイントのことを勉強し始めてから、貯まるようになってきましたよ。

あまり難しく考えず、使っていくうちにコツがつかめてくるはず。
楽天市場を上手に使いこなしていきましょうね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

2児の母でライター・ブロガー。タイ生活を4年経験・出産ののち帰国しました。趣味はカメラ・メルカリ・貯まったポイントの計算。独身時代は奨学金の返済で大変だったので、子どもたちの教育費をしっかり貯めたいです。

執筆メンバの一覧を見る