水道光熱費はクレジットカードで払った方が時間もお金も節約になるよ

松本 博樹の画像

先日、1度お会いしたことのある方からお金の相談を受けました。

いろいろと環境の変化があったことで、今後に向けてお金のことをしっかり考えておきたいという話でした。

今の貯蓄状況と毎月のざっくりとした支出状況を教えていただき、それを元に自分なりにアドバイスしました。

その中で気になったのが、クレジットカードを全く使ってなくて、今後作った方がいいのかどうか?という相談もありました。

いろいろと話を聞いてこちらも勉強になることがあったので、まとめておきます。

水道光熱費 クレジットカード

クレジットカードを普段使っていない

今回相談してくださった方は、そもそもの支出がかなり少なくて、お金の相談をする必要があるのかな?って思うぐらいでした。

1点気になったのが、クレジットカードを全く使っていないということです。電気・ガス・水道代も普通にコンビニや引き落としで払っているという話でした。

引き落としはともかく、自分で払いに行くと、その分時間もかかります。お得になることもない上に時間も消費してしまってもったいないです。

他のところでクレジットカードを使う必要はない、という話をしましたが、毎月の引き落としはクレジットカードにした方がポイントの分が節約になるという話をしました。

普段使わないということで、そんな方に一番いいな、と思ったのが「P-one Wiz」です。

このカードは、請求時に自動的に1%OFFになるので、ポイントを貯めて使うという面倒さがありません。

ポイントも0.5%貯まるんですけどね。

面倒なことをしなくてもいい上に1%安くなるのだから、普段全くクレジットカードを使わない方にも自信を持っておすすめできました。

ポイントを貯めることを考えたらもっと還元率の高いカードはありますが、その人に合っていなければ意味がありません。

P-one Wizを使うことで毎月1%も安くできると地味ですが、コツコツと節約できます。

浮いた分は自分の好きなように使ったり、投資にまわしたりできるので、よりお金が増えていく仕組みが作れますよね。

用途に応じてクレジットカードを使うのはアリ

今回相談してくださった方のように、全くクレジットカードを使わないという方もいると思います。

普段の生活でわざわざ使う必要はないと思います。どうしてもお金お使っている意識が薄くなってしまいがちで、支出のコントロールができなくなりがちだからです。

でも、毎月の支払いのように自分でやると手間がかかるようなものに関しては、うまくクレジットカードを活用していれば時間もお金も節約することができます。

水道光熱費などの引き落としは一括払いになるので、手数料で損することは絶対ありません。

今回の相談で、私自身も何でもかんでもお得だからといってその人にとって合うかどうかは分からないということが理解できました。

水道光熱費を節約するコツ

水道光熱費は毎月かかるお金です。
ちょっとした工夫で、節約できたりしますので、いろいろな方法をためしてみるのがおすすめですよ。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール