Suicaコインロッカーの使い方を写真付きで徹底解説!現金も使えるよ

松本 博樹の画像

旅行などで観光地に行くと荷物が重くて、コインロッカーを使うことがあるのではないでしょうか。

そんなコインロッカー、今はSuicaでも使うことができます。

Suicaでコインロッカーを使うとなると、どうやって使えばいいのかイメージしにくいかもしれませんね。

私も実際に使ってみるまではイメージしにくいものでした。
でも使ってみたら、小銭を出してコインロッカーを使うよりも手軽でしたよ。

そこでこのページでは、Suicaコインロッカーの使い方を写真付きで詳しく紹介していきますね。

Suicaコインロッカーは、交通系ICカードに対応しています

Suicaコインロッカーと聞くと、Suicaしか使えないように思うかもしれません。

でも、Suicaだけでなく他の交通系ICカードにも対応していますよ。

対応している交通系ICカードは以下の通りです。

これらの交通系ICカードを持っていれば、Suicaである必要はありません。

ただ、オートチャージでポイントが貯まるところとか、Apple Payに対応しているなどの点でSuicaのほうがおすすめですよ。

Suicaでコインロッカーを施錠する手順

ここからは、具体的にSuicaコインロッカーを使う手順を紹介しますね。

まずは、Suicaに対応しているコインロッカーを見つけましょう。

JR東日本エリアの主要な駅であれば、比較的見つけやすいと思います。

Suicaコインロッカー

▼Suicaコインロッカーが見つかれば、赤いランプがついていないコインロッカーを探しましょう。

赤いランプがついているのは既に使われているコインロッカーになります。

空いているコインロッカーがあれば、そこに荷物を入れましょう。

Suicaコインロッカーの空き

▼荷物を入れたら、コインロッカーのレバーを下げましょう。

そうすると、赤いランプが点滅しますよ。

Suicaコインロッカーを施錠する手続き

▼中央のタッチパネルを見ると、使いたいコインロッカーの位置を確認されます。

問題なければ「はい」を押しましょう。

Suicaコインロッカーを施錠する手続き

▼支払い方法はSuicaなどの交通系ICカードもしくは現金が選べます。

SuicaコインロッカーはSuicaだけしか使えないように思うかもしれませんが、現金でも支払いできますよ。

Suicaコインロッカーを施錠する手続き

▼Suicaを選んだら、料金が表示されます。

Suicaコインロッカーを施錠する手続き

▼手持ちのSuicaを読み取り部にタッチしましょう。
Apple Payに対応したiPhoneでも問題なく支払いできましたよ。

Suicaコインロッカーを施錠する手続き

▼画面を見ると、ちゃんとコインロッカーの料金が引かれていますね。

Suicaコインロッカーを施錠する手続き

▼ついでにロッカーご利用証明書が出てきました。

証明書を保管してくださいと書いてありましたが、この証明書を使うことは特になかったです。

何かあったときのための証明書だと思います。

Suicaコインロッカー ご利用証明書

▼おまけですが、Suicaアプリでも残高が減っていることを確認できました。

Suicaコインロッカーを使った証拠

これでSuicaコインロッカーで荷物を預けることができました。
ここでやれば、あとは観光などを楽しみましょう。

Suicaコインロッカーから荷物を取り出す手順

観光などを終えて戻ってきたら、Suicaコインロッカーから荷物を取り出しましょう。

▼まずはタッチパネルの前に立ち、「荷物を取り出す」ボタンを押してください。

Suicaコインロッカー 取り出し手続き

▼利用した鍵の種類について聞かれるので、Suicaを選びましょう。

Suicaコインロッカー 取り出し手続き

▼「Suicaを読み取り部にタッチしてください」と出てきますので、手持ちのSuicaをタッチしましょう。

Suicaコインロッカー 取り出し手続き

▼これでコインロッカーの扉が解錠できましたね。

Suicaコインロッカー 取り出し手続き

▼コインロッカーを無事開けることができました〜!

Suicaコインロッカー 取り出し手続き

あとは荷物を取り出して、これでSuicaコインロッカーを使う手順は以上となります。

Suicaはオートチャージのクレジットカードを使おう

Suicaを使うのであれば、コインロッカーの料金を間接的に節約することもできます。

ビックカメラSuicaカードJRE CARDなどのビューカードを使えば、Suicaにオートチャージできるため、そのときにチャージした金額の1.5%分のJRE POINTが貯まりますよ。

この手順を経ることで、間接的ではありますがSuicaコインロッカーの料金を安くできますよね。

ちなみに、貯めたJRE POINTはSuicaに1ポイント1円からチャージできるため、ムダになることがありません。

さいごに

Suicaコインロッカーはこのような手順でやれば使えます。

小銭を入れるときは両替のことを気にしないといけないので、余計なストレスがありますよね。

その点、Suicaコインロッカーだと小銭があるかどうかを気にする必要がないため、気軽に使えました。

Suicaコインロッカーを使えたおかげで、重たい荷物を持たずに観光を楽しめましたよ。

おまけ:その他交通系ICカード利用でコインロッカーを使う方法

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール