快速エアポートの料金・uシート指定席の買い方・乗り方・Suicaが使えるかのまとめ

松本 博樹の画像

北海道に行ったときの玄関口はたいていが新千歳空港になりますよね。
新千歳空港-札幌の区間の移動って、基本的には電車になります。

この区間では、快速エアポートと呼ばれるJR列車が走っており、一部指定席もあります。

初めてだとどうやって乗ればいいのかや、指定席チケットの買い方もわからないと思いますので、このページで快速エアポートの使い方をまとめました。

快速エアポート指定席「uシート」の料金は840円

JRの指定席(uシート)を使って札幌駅から新千歳空港駅に移動した場合は、料金が1,990円になります。

指定席の運賃が840円のため、指定席を使わず自由席に乗る場合は料金が1,150円です。

ちなみに指定席の運賃はどこの区間でも一律で840円になります。新千歳空港駅から小樽駅まで快速エアポートの指定席を使ったとしても840円ですね。

自由席なら予約なしで大丈夫です。

指定席でも座席があいていれば当日購入でも問題ありません。私はいつも当日購入で快速エアポートの指定席を予約しています!

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードが使える

快速エアポートに乗るときに、SuicaやICOCAなどの交通系ICカードが使えるかどうか気になるかと思います。

新千歳空港から札幌の主要区間のため、もちろん交通系ICカードに対応しています。改札が対応しているため、わざわざ現金で切符を買うといった手間はありません。

自由席に乗る場合はもちろんのこと、指定席を予約した場合でも、交通系ICカードでの乗車ができますよ。

uシートの指定席を予約しないのであれば、快速エアポートではSuicaも使えます。

SuicaやPASMOのように、乗車時にオートチャージされることないので、そこだけ注意しましょう。

Suica以外の主要な交通系ICカードはすべて対応していますよ。以下で一覧にまとめています。

快速エアポートに安く乗る方法

ここからは、快速エアポートに乗るときに使える割引方法を紹介します。

えきねっとでチケットレス予約するとJRE POINTが5%還元

えきねっとチケットレスで快速エアポートを予約した

快速エアポートの指定席はえきねっとでも予約できます。
えきねっとでチケットレス予約すると、JRE POINTが5%還元になってお得です。

紙の切符にした場合は0.5%しか貯まらないので10倍も差が出ます。

移動する時間が決まっているなら、先に予約しておくと確実に座れますし、ポイントも多くもらえておすすめです。

実際にチケットレス予約で快速エアポートに乗ってみましたが、予約の手間が省けてかなり便利でした。

また、えきねっとチケットレス予約だと、スマホからでも直前まで予約可能なのもいいですね。駅のホームで待っているときに指定席を予約しちゃうこともできるかもしれません。

チケットレスのほうがおすすめですが、紙の切符がないと不安な場合は、以下のページでやり方をまとめていますので参考にしてください。

北広島駅での分割乗車券を買えば50円節約になる

新千歳空港から札幌駅の運賃は通常1,150円です。
これを安くしたいのであれば、北広島駅で分割乗車券にすれば50円安くできますよ。

具体的に言うと、「新千歳空港-北広島」「北広島-札幌」の切符を1枚ずつ買います。それぞれの運賃が560円・540円なので、合計1,100円ですね。

新千歳空港から札幌まで、分割乗車券で割引した

駅の券売機でそれぞれの区間で切符を買えばOKです。ちょっと手間ですが、その手間を惜しまなければ50円節約できますよ。

もちろんクレジットカードでも買えますし、私はクレジットカード払いにしてその分のポイントも獲得するようにして節約しました。

▼買い方の流れは動画にしています。

▼以下の写真のように、指定席券を買うときは合計で切符が3枚になります。

快速エアポートと分割乗車券で最大限節約した

地味すぎる方法ではありますが、これを知っていると北海道旅行でちょっぴりお得になり、その分だけ観光などにお金を回せるのでより楽しめると思いますよ!

分割乗車券を利用しつつ、快速エアポートの指定席を利用したいときはこんな感じの買い方になります。

  • えきねっとで快速エアポートの指定席だけ予約:840円
  • 新千歳空港-北広島の乗車券を買う:560円
  • 北広島-新千歳空港の乗車券を買う:540円

このように割と面倒ではあります。3回券売機の前でカードを通して切符を買う手続きをしないといけません。

指定席ではなく自由席でいいなら、乗車券を2回に分けて買えばいいので、1回手間を減らせます。

ポイント還元率の高いクレジットカードで乗車券を買えばさらに節約できますね。

快速エアポートでお得な切符はありませんが、乗車券分割のテクニックで安くできます。

参考:札幌駅から新千歳空港の快速エアポート料金を安くする方法

[駅の券売機] 快速エアポートの指定席uシートの買い方

切符の入手方法はとても単純で、駅にある券売機から簡単に快速エアポート指定席のチケットが買えますよ。

初めてだったこともあり、不安に感じていたのですが、やってみるとあっという間に買えちゃいました!

それでは券売機の操作手順を1つ1つ紹介していきますね。

これまで紹介した節約方法を使わず、普通に買う場合はこちらの手順でOKです。また、指定席に乗らない場合はここの手順は飛ばしてください。

▼券売機の前に立ったら、右下にある「快速エアポート uシート指定席」のボタンを押します。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼方面を選ぶ画面になるので、行きたい方向を選びましょう。

私は札幌駅から新千歳空港駅に行きたかったので「新千歳空港方面」を選びました。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼降りる駅を選ぶので、ここは新千歳空港ですね。
逆に新千歳空港から買った場合は「札幌」になるかと思います。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼乗車日は乗りたい日を選んでください。
私は今すぐ乗りたかったので、本日を選んでいます。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼続いて利用人数を選びましょう。
複数人いればまとめ買いもできます!

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼続いて、乗りたい列車を選びましょう。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼次へ進むと、座席を選べます。
空いているところから好きな場所を選びましょう。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方
新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方
新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼指定席と合わせて乗車券も買わないといけないので、乗車券の区間を選びます。

ここでは左側を選べばOKですよ!

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼片道か往復かを選べますので、目的に合わせて選んでください。
私は片道乗車券にしました。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼ここまで来ると、最終確認になります。
大丈夫なら、右下にある確認ボタンを押しましょう。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼続いて、お金を入れます。
クレジットカードも使えるので、手間を省くならカード払いがおすすめ。

ポイントも貯まりますからね。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼お金やカードを入れると、発券中の画面になります。
領収書が必要な場合は、発券中の画面が出ている間に押しましょう。

新千歳空港駅-札幌駅の指定席のチケットの買い方

▼無事に指定席のチケットを発券できましたね!
よかった〜!

新千歳空港駅-札幌駅 チケット

快速エアポートの乗り方

快速エアポートの乗り方は、一般的な電車と同じです。

指定席ではなく自由席の場合は、特に何もすることなく乗車券があればOKです。交通系ICカードがあるなら、タッチして乗車後、指定席以外のところであればどこに乗っても問題ありません。

指定席の切符を買ったときは、4号車に行き、指定の座席番号を目指します。一致しているところに座れたら、あとは目的地までゆっくり過ごしましょう。

参考:快速エアポートの詳しい乗り方・駅の乗り場

さいごに

新千歳空港駅-札幌駅 時刻表

指定席に乗れたおかげで、札幌駅から新千歳空港までの移動はとても快適でした。

移動しながら仕事するスタイルなのですが、おかげで仕事がはかどりましたよ!

指定席にしたからといって、それほど料金が高くなるわけでもないので、確実に座って快適に過ごしたいのであればぜひ使ってみましょう。

もし、これから札幌に行こうと思っていて航空券をまだ取っていないのであれば、skyticketでチケットを取っておきましょう。

おまけ:小樽まで行きたい場合

ちなみにノマド的節約術では、札幌駅から小樽駅へ行く方法の記事もありますよ。

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。節約アドバイザー・クレジットカードアドバイザー。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール