ライブスター証券で現渡する方法を徹底解説。株主優待クロス取引に必須!

スポンサーリンク

このページは、以下のページの続編にあたります。
第1回:超初心者向け!ライブスター証券で株の買い方を画像つきで詳しく説明
第2回:株主優待タダ取りに使える!楽天証券で信用売り注文のやり方を画像つきで詳しく説明
第3回:このページ

株主優待だけをできる限りリスクを抑えて取得する時に使える、クロス取引。

現物買いと信用売りを組み合わせて権利を取得しますが、その後の決済で現渡(げんわたし)という取引が必要です。

現渡することで、現物買いと信用売りで同じ株数を持っているところが相殺されて、きれいサッパリなくなります。

信用売りでずっと持ち続けていると、利息がどんどん膨らんでいきますので、株主優待の権利を確定したあとは、すぐに現渡の取引をしておきましょう。

このページでは、ライブスター証券を使って、現渡する方法をPC版とスマホアプリ版でそれぞれ説明しています。

どちらで取引する場合でも、これを見れば解決する内容になっていますので、初めてで分からない方はぜひ活用してくださいね。

ライブスター証券で現渡する方法

ライブスター証券で現渡する流れ

ライブスター証券にログインしたあと、上のメニューにある「信用取引」を押すと、開いた画面の左側に「現引・現渡」というメニューが出てきます。それを押してください。

ライブスター証券で現渡する手順

以下のような一覧画面が出てきますので、「一括現渡」もしくは「現渡」ボタンを押してください。一括現渡だと、持っている株を全て現渡して、普通の現渡だと、株数を指定できます。

ここでは、エディオンを選んで現渡する流れを紹介していきましょう。

ライブスター証券で現渡する手順

次の画面に移動すると、注文株数だけ入力します。そのあと「注文確認へ」ボタンを押してください。

ライブスター証券で現渡する手順

確認画面に移動しますので、先ほどの入力内容に間違いがないかチェックしてください。問題なければ「注文する」ボタンを押してください。

ライブスター証券で現渡する手順

これで現渡の注文は完了です。お疲れ様でした。

ライブスター証券で現渡する手順

スマホアプリでライブスター証券から現渡する方法

もし、ライブスター証券の取引にスマホアプリを使っているという方は、ここから先が参考になると思います。

ライブスター証券のスマホアプリでログインしたあと、下にある「照会」を押し、上に出るメニューの「建玉」を押してください。

以下のような画面になります。

ここでは、愛眼を現渡する流れを説明していきましょう。愛眼をタップすると、画面遷移します。

スマホアプリでライブスター証券から現渡する方法

次に、明細画面が出てきますので、返済数量を入力してください。現物買いと信用売りの株数と同じ値を入力します。

入力が終われば、右上にある「現渡」を押してください。

スマホアプリでライブスター証券から現渡する方法

注文入力画面に切り替わりますので、取引暗証番号を入力します。そのあと、下にある「注文確認」を押してください。

スマホアプリでライブスター証券から現渡する方法

注文確認画面で、現渡する株数が間違ってないことをチェックして、下にある「注文する」ボタンを押してください。

スマホアプリでライブスター証券から現渡する方法

これで現渡注文が完了です。スマホアプリで現渡する流れはここまでとなります。

スマホアプリでライブスター証券から現渡する方法

さいごに

現渡という慣れない言葉を聞くと、どうやっていいのか分からないものですが、操作手順はそれほど難しくありません。

初めての方は、このページを見ながら一緒に進めていただけると分かるようになっていますので、ぜひ利用してくださいね。

ライブスター証券は、現物も信用も手数料が安いので、その分だけ株主優待を取得した時の利幅も大きくなります。

手数料の安さは本当に重要ですので、株主優待を狙っている方はライブスター証券は有力な選択肢となりますよ。

ライブスター証券についてにより詳しく知るなら、以下のページも合わせてどうぞ。
参考:手数料最安!ライブスター証券の株式取引・投資信託・おすすめの使い方を徹底解説!

株の買い方から分からない場合は、以下のページを順番に読み進めてくださいね。
第1回:超初心者向け!ライブスター証券で株の買い方を画像つきで詳しく説明
第2回:株主優待タダ取りに使える!楽天証券で信用売り注文のやり方を画像つきで詳しく説明
第3回:このページ

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る