ETFを買うならどこの証券会社がおすすめ?手数料やポイントサービスなどを比較

大西カツシの画像

ETF(上場投資信託)を購入するには、証券会社の口座が必要です。

これからETFで投資を始めようと思っている場合は、どこの証券会社がおすすめなのかわからないのではないでしょうか。

ETFは株式市場に上場しているので、どの証券会社を選んでも、取引できる銘柄に違いはありません。

しかし、手数料やサービスには違いがあるので、証券会社ごとの特徴を理解したうえで、証券口座を作ることが大切です。

そこでこのページでは、ETFを買うのにおすすめの証券会社を紹介していきますね。

ETFを買うならどこの証券会社がおすすめ?

おすすめの証券会社を選んだ基準

ここで紹介する証券会社を選んだ基準は以下2つです。

  • 売買手数料
  • ポイントサービス

ETFは株式市場に上場しているので、株式と同じ売買手数料がかかります。

株式の売買手数料は証券会社によって異なり、一定額までは手数料無料で取引できるところもありますよ。

余計な手数料を払わなくて済むように、手数料が安い証券会社を選ぶことが大切です。

また、一部の証券会社では、ポイントでETFを買うことができます。

ETFを買う証券会社を選ぶときは、売買手数料の安さを重視しつつ、ポイントサービスも考慮するといいですよ。

ETFの購入におすすめの証券会社

それでは、ETFの購入におすすめの証券会社を紹介していきますね。

楽天証券

楽天証券は、1日50万円までなら手数料無料でETFの売買が可能です。

手数料コースに関係なく、売買手数料0円で取引できる手数料0円ETFも100銘柄以上取り扱っています。

手数料0円ETFは、期間限定のキャンペーンや手数料があとから戻ってくるキャッシュバックではなく、いつでも手数料無料で取引できますよ。

また、楽天証券はポイントサービスが充実しており、楽天証券や他の楽天サービスで貯めた楽天ポイントでETFを購入できるのもいいところです。

ETFは数千円から購入できる銘柄もあるので、現金を使わずにポイントだけで投資できるかもしれません。

普段から楽天サービスを利用して楽天ポイントを貯めているなら、楽天証券がおすすめですよ。

SBI証券

SBI証券も、1日50万円まで売買手数料が無料で、手数料が実質無料になるETFも100銘柄以上取り扱っています。

楽天証券とは異なり、手数料無料ETFは一度払った売買手数料が後日キャッシュバックされる仕組みですね。

また、ポイントでETFを購入できるサービスはありません。

とはいえ、売買手数料の安さと、手数料無料ETFの銘柄数が豊富なのは、SBI証券の魅力です。

どこで口座を作ったらいいかわからない場合は、SBI証券を選んでおけば間違いないですよ。

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、TポイントでETFを買えるのが特徴です。

Tカードを使って普段からTポイントを貯めている場合は、保有中のTポイントでETFを購入できますよ。

Tポイントを実質現金化できるので、Tポイントの使い道に悩むこともありません。

ネオモバでは、1か月の取引金額の合計が50万円以下なら、月額220円(税込)で何度でも取引できます。

しかも、ネオモバで使える期間限定Tポイントを毎月200ポイントもらえるので、手数料は実質消費税分だけですね。

さらに、ネオモバは100円からETFの定期買付が可能で、毎月指定した日に自動で買い注文が出せます。

ETFの定期買付ができるのは、他の証券会社にはない、ネオモバならではのメリットです。

松井証券

松井証券も、1日50万円までは手数料無料でETFを売買できます。

楽天証券やSBI証券のように、手数料無料ETFやポイントでETFが買えるサービスはありません。

手数料が安く、シンプルなサービスが松井証券の魅力ですね。

楽天ポイントやTポイントを貯めていないのであれば、松井証券もおすすめですよ。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券も手数料が安く、1日50万円までなら手数料無料でETFを売買できます。

松井証券と同じく、手数料無料ETFやポイントでETFが買えるサービスはありません。

ポイントにこだわりがなければ、岡三オンライン証券もおすすめです。

auカブコム証券

auカブコム証券は、これまで紹介してきた証券会社に比べると、売買手数料は少し高めです。

しかし、現物取引の売買手数料が無料になるフリーETFを100銘柄取り扱っています。

フリーETFは期間限定のキャンペーンやキャッシュバックではなく、いつでも手数料無料です。

商品ラインナップは豊富で、国内外の株式、債券、不動産などに分散投資できます。

フリーETFの対象銘柄を取引するのであれば、auカブコム証券もおすすめですよ。

個人的におすすめの証券会社ランキング

参考までに、個人的におすすめの証券会社のランキングも紹介しておきますね。

  1. 楽天証券
  2. SBI証券
  3. SBIネオモバイル証券(ネオモバ)

楽天証券は手数料が安く、手数料0円ETFも取り扱っていますし、楽天ポイントでETFを買えるのもいいですね。

楽天ポイントを貯めているなら、楽天証券以外の選択肢はありません。

SBI証券も手数料が安く、手数料が実質無料になるETFの取り扱いも豊富です。

どの証券会社がいいかわからない場合は、SBI証券を選んでおけば間違いないですよ。

Tポイントを貯めていて、TポイントでETFを購入したい場合はネオモバがおすすめです。

さいごに

ETFで投資を始めるなら、証券会社の口座が必要になります。

このページで紹介したように、売買手数料やポイントサービスを比較して証券会社を選ぶといいですよ。

個人的には、楽天証券とSBI証券がおすすめです。

証券口座は無料で作れますし、維持管理手数料もかからないので、気になる証券会社があればこの機会に口座開設しておきましょう!

この記事を書いた人

1979年生まれ、千葉県在住の金融ライターです。もともとはお金が苦手で、まったく貯金できませんでしたが、結婚をきっかけにお金について勉強するようになりました。保有資格は2級FP技能士・AFP。投資経験は10年以上で、インデックス投資と不動産投資で資産形成中。ノマド的節約術では、資産形成に関する記事を中心に執筆しています。

大西カツシのプロフィール