ヤフーカードの審査結果はホントに2分?時間を計測した結果と審査通過するためのコツ

スポンサーリンク

クレジットカードのYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)は、まずなんといっても審査が最短2分で終わる点が魅力です。
こんな短い時間でクレジットカードが作れるのは、すごいことだと思いませんか?

またTポイントカードとしても使えるので、日ごろの買い物でTポイントを貯めるときに活躍します。
たくさんTポイントが貯まって、そのポイントでまた買い物をするのは、すごくお得ですよね!

でも、実際に2分で審査が完了するのかどうかって疑問に思いませんか?

いくらなんでも早すぎでしょ!
2日の間違いじゃない?

そう思ったので、実際にヤフーカードに申込をしてみました。
本当に2分で審査結果がわかるのかや、審査の流れなどをこのページで紹介していきますね。

ヤフーカードの審査結果はホントに2分?

ヤフーカードに申込できる条件は?

ヤフーカードに申込みできる条件は、どんなものがあるのでしょうか。

▼申し込み工程や『Yahoo! JAPANカード会員規約』を読んだところ、以下の点があげられます。

  • Yahoo! JAPAN IDを持っていること
  • Tポイント(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)会員になること
  • 18歳以上(高校生は除く)
  • 各種規約に同意できる

Yahoo! IDを申し込み時点で持っていなくても、新規で登録することができますよ。
Tポイント会員は申し込みをするとなれるので、問題ありません。

こうしてみてみると、よほどのことがない限り申し込み自体はできますね。
問題は審査に通るかどうか、です。

審査は本当に2分で終わるのか実際にやってみた

ヤフーカードば、本当に2分で審査が終わるのでしょうか。
ここからは、実際に確かめてみますね。

▼まずはヤフーカードの申込ページにアクセスしてください。
赤いタップボタンに『最短2分で入会特典ゲット お申込みはこちら』と書いてありますね。

【ヤフーカード】申込みページ

▼赤い申し込みボタンの下には、Yahoo! JAPAN IDが自動反映されていました。別のページでログインしていたためですね。

【ヤフーカード】Yahoo!IDがログインされていた

▼こちらは、Yahoo! JAPAN IDでログインしていない画面です。

【ヤフーカード】Yahoo!IDでログインしていない画面

▼そのまま『最短2分で入会特典ゲット お申込みはこちら』をタップしてみます。
するとYahoo! JAPAN IDのログイン画面になりますよ。

IDを入力するか、IDを持ってない場合は『IDを新しく取得する』をタップして取得しましょう。

【ヤフーカード】Yahoo!IDを入力

▼パスワードを入力し、ログインをタップ!

【ヤフーカード】パスワードを入力

▼必要事項を入力する申し込み画面にいくかと思ったのですが、結局ここに戻ってきました。

【ヤフーカード】申込みページ

▼Yahoo! JAPAN ID欄の下には、特典内容が案内されていますよ。

【ヤフーカード】特典

【ヤフーカード】特典

では、改めて『最短2分で入会特典ゲット お申込みはこちら』をタップして申し込みをしていきましょう!!

▼最初に、Yahoo! JAPAN IDとメールアドレスが自動入力されたものが表示されます。
メインメールアドレスの変更もできますよ。

【ヤフーカード】Yahoo!IDとメアドの表示

▼クレジットカードの『ブランド選択』です。以下の3つから選びます。

  • JCB
  • Mastercard
  • VISA

【ヤフーカード】ブランド選択

▼『カードデザイン選択』では赤と黒が選べますよ。

【ヤフーカード】カードデザイン選択

▼『お名前』入力欄です。
『お名前(ひらがな)をローマ字に変換』という機能が便利でしたよ。

【ヤフーカード】お名前

▼『生年月日』と『性別』です。

【ヤフーカード】生年月日 性別

▼『運転免許証の有無』は、免許証の番号を入力する必要がありますよ。

【ヤフーカード】運転免許証の有無

▼『ご住所』欄は、郵便番号を入力すると『都道府県・市町村・丁目』のプルダウンで該当の住所が選べました。

【ヤフーカード】ご住所

▼『電話番号』『ご職業』『前年度ご本人様税込み年収』です。
電話番号欄は、自宅電話番号も持っている場合入力したほうがいいですよ

【ヤフーカード】電話番号 職業 年収

▼『ご家族』『お住まい』を入力しましょう。

【ヤフーカード】ご家族 お住まい

▼『住宅ローンまたは家賃のお支払い』『カードのご利用目的』を選んだら、『職業・カード情報入力画面へ』をタップ!!

【ヤフーカード】家賃 目的

▼『勤務先』情報を入力しますよ。僕は今現在フリーランスなので、『屋号』に自分の本名を入力しました。

【ヤフーカード】勤務先

▼『勤務先情報』『勤務状況』です。
都道府県は自宅住所がある岡山県にし、電話番号は自宅電話番号を登録しました。

【ヤフーカード】勤務先情報 状況

▼『役職』『前年度世帯年収』『預貯金額』。
僕はフリーランスなので役職に入れるべきものがないので、今回は空欄にしました。
預貯金額は任意入力になっていますが、念のため入力しておきましたよ。

【ヤフーカード】役職 前年度世帯年収 預貯金額

▼『暗証番号』です。わかりやすい数字を登録するのはやめましょうね。

【ヤフーカード】暗証番号

▼『キャッシングサービス』の希望を入力です。
僕はキャッシングを利用しないつもりなんですが、念のため枠を作っておきました。

【ヤフーカード】キャッシングサービス

▼『家族カード』『ETCカード』をオプションで申し込むかどうかのチェックをします。
家族カードを申し込んでしまうと入会キャンペーンが適用されなくなるため、申し込まないほうがおすすめです。

【ヤフーカード】家族カード ETC

▼『Yahoo!プレミアム』の申込みをすると、月額462円(税抜)かかります。
でもYahoo! JAPANカードと同時申込みで5,000ポイントもらえるため、ついでに申し込んでおきました!

これですべての項目入力が終了です。
『入力内容の確認・会員規約等の同意画面へ』をタップ!!

【ヤフーカード】Yahoo!プレミアム

▼次のページは『入力内容確認』です。
ここで入力ミスがないかどうか、しっかり確認しましょう。必要であれば訂正ですね。

【ヤフーカード】入力内容確認

▼続いて『会員規約等の同意』。
たくさんあるので大変ですが、目を通しましょう。

  • 個人情報の取扱いに関する同意条項
  • Yahoo! JAPANカード会員規約
  • カード会員サービスメニュー利用者規定
  • WEB書面利用規定
  • WEB明細利用規定
  • 個人情報の取り扱いに関する重要事項
  • T会員規約
  • ポイントサービス利用規約

【ヤフーカード】各種規約

▼『Tポイント利用手続きへの同意』『Yahoo!ウォレットの登録について』に、さまざまなことが書いてあるので、ここも確認ですよ。

【ヤフーカード】各種規約

▼これで最後ですよ!
『規約等に同意して申し込む』をタップです。

【ヤフーカード】規約等に同意して申し込む

▼これでヤフーカードの申込が完了しました。

【ヤフーカード】申し込み完了

▼『Yahoo! JAPANカード申し込み受け付け完了』というメールが届きます。
申込日時が、申し込み内容の欄に書いていますね。

2018年1月10日 15時42分51秒

果たして本当に2分で審査が終了するのでしょうか!!

【ヤフーカード】申し込み完了メール

ヤフーカードの審査が本当に2分で終わった!

▼その2分後…。本当に2分で審査が完了しちゃいましたよ!はやい!
『申し込み内容』に『申込日時』だけの記載で、審査完了時間などという項目はありません。
画像右上の赤枠、メール受信時間にて判断しました。

【ヤフーカード】審査完了メール

また申し込み作業を始めたは、15時21分です。
そして審査完了したが15時44分ですから、約20分で手続きが完了しています。
入力が速いひとであれば、もっと短縮できると思いますよ。

電話はありませんでした

クレジットカードの審査というと、電話がかかってくることもありますよね。
でも、ヤフーカードの審査の場合は、電話はありませんでした。

いきなり結果がわかりましたよ。

土日や夜でも申込できる

ヤフーカードは土日や夜であっても関係なく申込できます。
自分の好きなタイミングでヤフーカードを申し込んで、審査してもらうようにしましょう。

審査完了してすぐに期間固定Tポイントの5,000ポイントがもらえるのか

▼入会でもらえる5,000ポイント。
最短2分でもらえるのかも気になりますよね。

【ヤフーカード】特典

▼『申し込み完了』のページにある『審査・発行状況の確認ページ』経由で確認できます。

【ヤフーカード】審査・発行状況の確認ページ

▼『ポイント通帳』という文面にリンクが貼ってあるので、ここをタップ!!

【ヤフーカード】ポイント通帳

▼直前まで32ポイントしかありませんでしたが、5,000ポイントが追加されていました!

2分後ではなく、数時間後に確認したので、いつTポイントが加算されたのかの時間まではわかりませんでしたが、それでもその日のうちにしっかりとTポイントが入ってましたよ。

【ヤフーカード】5000ポイント

ヤフーカード発送のお知らせから実際に届くまで

審査完了したのは、1月10日の15時44分でした。
▼その後、ヤフーカード発送のお知らせメールが届きます。1月13日の11時53分。
約3日後ですね。

【ヤフーカード】カード発送のメール

▼カードを受け取るときは、本人確認書類が必要とのことです。

【ヤフーカード】受け取り時本人確認書類要

▼佐川急便が届けてくれます。その時に、こんなふうに免許証を渡し確認して必要な処理をしてもらいますよ。

【ヤフーカード】佐川

▼手元に届いたのは、大き目の赤い封筒です。

【ヤフーカード】赤い大き目の封筒

▼中を開けると、通常の封筒が出てきましたよ。

【ヤフーカード】普通の封筒

▼中身に条件などが書かれた紙と、その紙に引っ付いているヤフーカードがあります。

【ヤフーカード】ヤフーカード

封筒の到着は1月15日の14時9分でした。
申し込みから5日後に手元に届いたことになりますね。

カード到着のあと『お申込み内容の事前のご案内』という圧着式のハガキが届く

ヤフーカード発行元のワイジェイカードから、『お申込み内容の事前のご案内』という圧着式のハガキが届きました。

▼ハガキの表面。

【ヤフーカード】お申込み内容の事前のご案内 表

▼中身。リボルビング払いやキャッシングのことが書かれていました。

【ヤフーカード】お申込み内容の事前のご案内 中身

ヤフーカードの審査は甘い?厳しい?審査してみた感想

審査が最短で2分で終わるという触れ込みでしたが、僕は最初信じていませんでした。
でも実際に2分で審査完了メールがきたときは、驚きましたよ。

こうして考えると、たった2分で何を確認してどうやって審査しているのか、ものすごく謎です。
2分審査完了!という体験をしてみると、審査基準は「甘い」のかなぁと思っています。

逆に審査に落ちていた場合は、「いやぁ…、厳しいなぁ」と思っていたかもしれません。

必要項目の入力などは、普段のスマホ操作になれていれば特に問題なく進んでいきます。
入力に困る内容もありません。

僕のようにフリーランスの場合、無職扱いになってしまうこともあって「勤務先をどうしようか」と悩むかもしれませんが、なんとかなりました。

審査が長くなったり遅くなったりするときの原因

2分で審査通過との触れ込みでしたが、審査結果がわかるまでにそれ以上の時間がかかる場合もあります。

ノマド的節約術の管理人の松本がヤフーカードに申し込んだときは、残念ながら3日以上掛かってしまいました。

審査結果がわかるまでに時間がかかる場合は、他にもヤフーカードに申込している人が多いのだと思います。

入会キャンペーンの終了間近なタイミングや、11月11日のいい買物の日の頃とかは審査結果がわかるまでに時間がかかる可能性があるかもしれません。

ヤフーカードの審査に落ちる理由は?

今回は無事に審査通過できましたが、ヤフーカードの審査に落ちてしまったらショックですよね。

審査に落ちてしまう理由は、ハッキリとわからないのですが、できることは落ちる可能性を減らすことです。

ヤフーカードの審査に落ちてしまったと考えられる理由は以下のようなことだと思います。

  • 他のクレジットカードの支払い滞納がある
  • 携帯電話の支払い滞納がある
  • 申込時の入力項目に虚偽がある
  • 年齢を重ねているのに初めてのクレジットカード申込である

もう一度申し込んでみる場合は、時間を置いてから試してみると、もしかしたら結果が変わるかもしれませんよ。

他のカードと同時に申し込まないのもヤフーカードの審査に通りやすくするコツ

他のカードと同時に申し込むと、お金に困っていると思われるため審査に落ちやすくなります。
緊急の場合以外は避けたほうが無難かもしれません。

もし旅行などでカード発行を急ぐ場合は、「旅行利用のため」などとクレジットカード会社に相談すると、特例としてスピード発行などといった短期間での審査・発行をしてくれることもあります。そちらも上手く活用しましょう。

審査に通る通らないはともかく、すぐに結果がわかるクレジットカードの一覧はこちらです。

さいごに

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)の審査は駆け出しのフリーランスでも通りました。

審査結果がどちらにしろ、すぐに通った落ちたがわかるのはありがたいですよね。
万一落ちてしまったとしても、次にどうするかすぐに考えられるのは大きなメリットだと思います。

審査に通って無事にヤフーカードを入手できたら、貯まったTポイント(期間固定Tポイント)をお得に使っていきたいですよね。
僕は、さっそく加算された5,000ポイントでお買い物します!

▼ヤフーカードですぐにTポイントをもらうにはこちらから▼

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。

執筆メンバの一覧を見る