ヤフオク相場の調査におすすめ!オークファンの使い方と無料会員に登録する方法

スポンサーリンク

こんにちは!
一時期、オークション出品で生計を立てていたノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

フリーランスになるために会社を辞めたのですが、辞めてから1年ぐらいは仕事をいただけることがありませんでした。

そんな状態なので自分でなんとかしないといけませんよね。

そこで積極的に取り組んでいたのがヤフオクへの出品でした。
当時はまだメルカリがなかった頃でヤフオクしかなかったんですよね。

生活がかかっていたこともあり、どうせ出品するのであれば、1円でも高く売りたいと思うのが本音です。

そこで知ったのがオークファンというヤフオクの落札相場を知ることのできるサイト。

オークファンのおかげで生活を立て直すことができたといっても過言ではないぐらい下支えしてもらってました。

ヤフオク相場の調査におすすめ!オークファンの使い方と無料会員に登録する方法

オークファンとは? 使い方もシンプルです

オークファンとは、ヤフオク・モバオク・楽天オークションなどの落札相場を検索できるサイトです。

キーワードを入力して調べれば、条件にヒットした過去の落札データを見れるようになっています。

たったこれだけのシンプルな機能ではありますが、こで過去のデータがたくさん見れるので、相場感覚が養われるんですよね。

相場を調べるのであれば、すぐにでも使えるのですが、どうせなら会員登録しておくのがおすすめ。

会員にもいろいろな種類があります。

  • 無料会員
  • ライト会員
  • プレミアム会員
  • オークファンプロPlus会員

私は今、無料会員ですが、以前はプレミアム会員でした。

無料会員以外は有料になりますが、それぞれでサービスが充実していますよ。

転売などを本業にされていて、より売上を伸ばしたいのであれば、オークファンプロPlus会員になるのも検討してもいいぐらい。

メルカリまで調べられる機能は貴重ですよ。

出品だけでなく購入者にとっても便利なサービス

オークファンは相場がわかるサービスなので、出品者向けだと思うかもしれません。

出品者だけが得するサービスではなく、普通に購入者としてもオークファンを利用すると相場よりも安く買える可能性が出てきますよ。

相場がある程度わかっていれば、それより高いか安いかの判断がつきやすいですからね。

節約のためのツールとしてもオークファンを使うことができます。

オークファンの登録方法

ここからは、オークファンの無料会員登録の方法を紹介しますね。

まずはオークファンのサイトを開いてください。
▼以下のような画面になると思います。

オークファンの無料会員登録手順

▼会員登録に必要な情報はわずか3つ。
メールアドレス・パスワード・ご利用形式の3つだけ。

オークファンの無料会員登録手順

入力もすぐに終わりますよ。
ひと通り入力できれば、下にある「確認」ボタンを押してください。

オークファンの無料会員登録手順

これだけでオークファンの無料会員になることができますよ。

株主優待の相場を調べるのに毎日使ってました

会社を辞める前ぐらいから、株主優待を手数料だけで取得できるクロス取引のやり方を覚えました。

ほとんどは自分で使うつもりでいましたが、中には使えないものも出てきます。

株主優待券の場合だと有効期限があるので、切らしてしまうと1円の価値もなくなってしまうんですよね。

そうだともったいないので、もし売ることになった場合はいくらで売れるのだろうかと思い、オークファンでいろんな株主優待の相場を調べていたことがありました。

そのおかげでオークファンは自分の生活に欠かせないサイトになり、株主優待だけでなく、いろんな商品の相場がわかるようになったんですね。

オークファンがあることで、モノの価値がハッキリと数値化されるので、モノを売るときの計画が立てやすくなります。

オークファンを使わずにモノを買ったり売ったりすると知らずに損してしまう可能性もあるでしょう。

なので、オークファンに登録しておき積極的に利用するのをおすすめします。

さいごに

一度使い始めると、シンプルな機能ながら便利さを実感すると思います。

自分で出品する方であればもちろんのこと、ヤフオクやメルカリでモノを買うことが多い方にとってもオークファンで相場を知ることでよりお得な買い物ができますよ。

→ オークファンの無料会員登録はこちらから

おまけ:出品のやり方はこちらで

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!