IKEAの配送サービスを利用してみた。送料は高いけど家具を持ち帰る重労働を回避できました

小林 敏徳の画像

こんにちは!
小林敏徳です。

IKEA(イケア)には、おしゃれな家具や雑貨がたくさんあります。

つい欲しくなる商品ばかりなのですが、自分で倉庫から取り出し、持って帰るのは重労働だったりしますよね。

とくに家具は、駐車場まで持って行くのも一苦労です。

IKEAに配送サービスがあることをご存知ですか?
送料はちょっと高いですが、もしたくさん家具を買うようなときには便利ですよ。

IKEAの配送サービスの詳細と、利用した感想を紹介します。

IKEAの配送サービスを使った感想

大きくて重い家具を持ち帰るのは大変

ぼくが感じているIKEAの不便なところは、自分で倉庫から出し、家具を持ち帰らなきゃいけないところです。

もちろんそうすることでコストを抑え、価格を安くしているのがIKEAの魅力なのですが、そうとは分かっていてもやはり大変・・・。

今回は子供の学習机と仕事用デスクに「ミッケ(MICKE)」を買うつもりだったので、持って帰れるかが心配でした。

IKEA鶴浜店で購入した家具と雑貨

IKEAには配送サービスがある

IKEA配送サービスの存在は知っていましたが、今回初めて利用することにしました。

サービスの詳細や送料などについて、これから解説していきます。

商品の支払いは先に済ませる・レジ付近の専用カウンターで受付

IKEAの配送・組み立てサービス

IKEA配送サービスを利用するときは、商品の支払いを先に済ませてください。

レジを通過したら、サービスカウンターの場所が分かりやすく表示されていますので、そちらに向かいましょう。

送料は3,990〜7,490円(商品20点まで)

IKEAの配送サービスの送料

IKEA配送サービスの送料は3段階あり、商品20点までは同じ金額で発送できます。

  • ゾーン1:3,990円
  • ゾーン2:5,990円
  • ゾーン3:7,490円

どこまでの区間がゾーン1〜3にあたるのかは店舗によって異なりますので、「イケア配送料金検索サイト」で調べてくださいね。

ちなみにぼくは大阪の「IKEA 鶴浜店」から自宅まで、7,490円かかりました。

大きな机など3点を送りましたので、1点あたりの送料は約2,500円。かなり高くついちゃいましたね・・・。

高層マンション・階段上げ等は別途料金

自宅がマンションの高層階で、しかもエレベーターが無いような場合は、別途作業料がかかります。

  • 6〜10階:1商品につき+10,800円
  • 以降5階層ごと:1商品につき+10,800円

あと、稀なケースかとは思いますが、クレーンでのつり上げが必要な場合も別途料金がかかりますので、「イケア配送サービス」のページを確認してくださいね。

送料を安くするコツはできるだけたくさんの荷物を送ること

IKEA配送サービスの送料は高いですが、安くするコツはあります!

それは「できるだけたくさんの荷物を送ること」です。

IKEA配送サービスの送料は「商品20点まで◯円」ですから、できるだけ多くの荷物を送った方が1個あたりの送料は安くなります。

ホテル料金が「お一人様◯円」ではなく、「1室◯円」で設定されている場合は、できるだけ大人数で泊まった方が安くなるのと同じですね。

一人暮らし・事務所設立・家具をたくさん買うときにおすすめ

IKEA配送サービスは、たくさんの家具を買うときに利用するのがおすすめです。

  • 引っ越しをするとき
  • 一人暮らしを始めるとき
  • 事務所を設立するとき

たくさん家具を買うようなときは、自分で持ち帰る方が困難だと思いますので、うまく活用してくださいね。

基本は玄関渡し・部屋への搬入はプラス500円

IKEAの配送サービスの搬入料

ちょっと驚いたのは搬入費がかかることです。

IKEA配送サービスは基本的に玄関渡しになり、部屋まで搬入する場合は、プラス500円がかかっちゃうんですよね。

玄関から10mほどの場所に机を設置しようと思っていたため、頼むのはもったいない気もしましたが、オプションでお願いしました。

最短配達日から7日目以降は1日300円の留め置き料がかかる

IKEAの配送サービスの留め置き料

配送サービスの手続きをするときに、「最短で◯月◯日から配達可能です」と言われます。

その最短配達日から7日目以降を希望する場合は、1日あたり300円の取り置き料がかかってしまいますので、くれぐれも注意してくださいね。

配送可能日と時間帯はスタッフと相談

IKEAの配送サービスの配達日

配送可能日と時間帯は、現地のスタッフの方が丁寧に案内してくれます。

細かい料金設定や注意事項についても時間をかけて説明してくれましたので、安心して利用できました。

料金の見積も目の前でやってくれるので、予算を相談しながら手続きを進めてくださいね。

支払いはクレジットカードか現金で

支払いは現金かクレジットカードで行います。

今回は送料とオプション費用で合計7,990円かかりましたので、クレジットカード払いにしました。

ぼくはANAワイドゴールドカードを使って、ポイントとANAマイルをコツコツ貯めています。

4月9日に購入して14日に到着しました

IKEAの配送サービスの受け取り伝票

今回は4月9日に購入して、14日着で配送してもらいました。

最短配送可能日から3日だったので、1日あたり300円の取り置き料はかかりませんでした。

わずか1分30秒・信じられないスピードで搬入してくれました

IKEAの配送サービスで配達してもらった家具

ちょっと感心したのは、搬入スピードがめちゃくちゃ早かったことです。

スタッフ2名で搬入してくださったのですが、「ピンポーン」のチャイムから搬入、受け取りのサインまでがわずか1分30秒です。

かと言って雑にされることもなく、非常に丁寧でした。

さすがはプロ!

送料は高い・ただ手間と時間は節約できる

IKEAのミッケ(MICKE)ワークステーションを子供机に

実際に利用してみて感じましたが、やっぱり送料は高いです。

でも、重い机などを持ち帰り、4階の自宅まで階段であがる重労働を回避できたのは良かったです。

前述しましたが、たくさんの家具を購入するときには活用できると思います。

レンタカーで持ち帰る方が安い場合もある

タイムズのカーシェアリング

IKEA配送サービスの送料が高いので、節約について考えてみました。

例えば自家用車をお持ちでない場合は、軽トラをレンタカーして店舗に行き、自分で持ち帰るのもアリかもしれません。

タイムズクラブ」のレンタカーであれば、軽トラやミニバンを「6時間:4,000〜6,000円」くらいで借りられますので、交通費やガソリン代を含めてもIKEA配送サービスより安いと思います。

その分手間はかかりますが、予算に合わせて使い分けてくださいね。

さいごに

IKEA配送サービスは、送料は高めですが、ぼくは利用して良かったと思っています。

小さな子どもたち2人を連れて買い物に行き、大きな家具を持ち帰るのはやはり重労働ですからね。

たくさんの家具を買うときや、重労働の時間と手間を節約したいときにおすすめです。

買いに行くときは、IKEAで安くできる方法も知っておきましょう。

参考:IKEAに関連した記事の一覧