SMBC日興証券の口座開設のやり方と初回ログインまでの流れ

松本 博樹の画像

私は株主優待をよく取得しています。

株主優待を手に入れるためには株を買わないといけないんですよね。

でも、手数料がもったいなく感じることも多いです。

その点、SMBC日興証券を使えば、信用取引だと手数料がかかりません。

自分も使ってみたいと思ったので、口座開設してみることにしました。

このページでは、SMBC日興証券の口座開設の手順をメモ代わりに残しておきますね。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

SMBC日興証券に口座開設する手順

まずは、SMBC日興証券のページを開いてください。

以下のような画面が出てきますよ。

SMBC日興証券についての説明が続きますので、口座開設に進むなら赤いボタン「口座開設はこちら」を押してください。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

口座開設の方法は2種類あって、口座開設申込書を印刷するやり方と、資料請求して申し込む方法があります。

自分で印刷するやり方だと早く口座開設が終わるので、私は左側の青色ボタンから手続きすることにしました。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

続いて、口座開設についての注意事項が表示されます。

確認した上で大丈夫ならチェックして次に進みましょう。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

ここからは、SMBC日興証券の口座開設に必要な情報を入力していきます。

名前や住所などの入力ですね。

面倒なところではありますが、口座開設後のメリットのために頑張ります・・・!

SMBC日興証券の口座開設のやり方

口座開設の際に、支店を選べます。

私は神戸に住んでいるので、近くにある神戸支店を選びました。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

ひと通りの入力が終わると確認画面になります。

なんかここまであっという間だなぁ・・・。

入力に問題がなければ、ボタンを押して進みましょう。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

一応は申込手続きができましたが、ここから口座開設申込書の印刷が必要です。

書類を印刷して、SMBC日興証券に郵送します。

プリンタを持っていない方は、コンビニを使えば印刷できますよ。

SMBC日興証券の口座開設のやり方

私はたまたま家にプリンタがあったので、印刷できました。

印刷した紙に封筒もありますので、書類を入れてポスト投函しましょう。

NISA口座も同時に申し込めますが、必要ないなら記入する必要はありません。

2016年からはマイナンバーの確認書類の提示も必要になって、手間が増えました・・・。

なんとか自動化して欲しいところです。

正直なところ、SMBC日興証券の口座開設はかなり面倒に思いました。

書類は複数に分けて届く

ポスト投函したあと、書類が複数に分けて届きました。

確か3回ぐらい届いたかな・・・。

1つは口座開設キット、1つはログイン情報、1つは日興カードが入った封筒という感じです。

忙しくしていると、こうやって複数回にわけられるとかなり面倒に思っちゃいました。

とはいえ、無事に口座開設できてホッとしています。

1週間ぐらいで終わるって書いてたけど、2週間ぐらいはかかった印象がありますね。

こちらの手続きが早ければ、もっと早く終わったかもしれませんが。

書類が到着したらログインしてみよう

必要な書類が届いたら、そこに書かれている口座番号や仮パスワードを入力してSMBC日興証券にログインしてみましょう。

仮パスワードは、初回ログイン時に変更になります。

解読されにくいパスワードにしておきましょう。

ログインできれば、以下のような画面になります。
あとはお金を入れて自由に取引しましょう!

SMBC日興証券にログインしてみた画面

さいごに

SMBC日興証券の口座開設から初回ログインまでの流れは、これまで説明した感じで以上です。

ネットから申込は短時間で終わりますが、その後印刷したり書類記入したりするのは面倒に感じました。

もう少し申込方法が簡略化されるといいんですけどね。

とはいえ、無事に口座開設できましたので、株主優待タダ取りのために使ってみようと思います!

SMBC日興証券の詳細・申込はこちらから

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール