普通郵便が届くまでの日数は何日かかる?追跡や調査依頼の方法を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
仕事で普通郵便を使うことが多い小林敏徳です。

普通郵便を送る際、最も気になるのは「送った郵便物がいつ届くか?」ではないでしょうか。

たとえば、仕事で請求書を送ったとき、相手先へ届いたかどうかが気になるところです。

そもそも「郵便物は、追跡はできるのかな?」も気になるかと思います。

このページでは、普通郵便の配達日、届くまでの日数、追跡の有無、調査依頼についてまとめて紹介していきますね。

普通郵便が届くまで目安は何日?調査依頼の方法

普通郵便にあたる郵便物

メルカリで定形外郵便を送る方法(郵便ポストに投函する)

そもそも「普通郵便」ってなんだろう?
そう思ったかもしれませんね。

普通郵便は、いろいろな送り方を総称したもので、普通郵便に該当するものは以下の通りです。

「はがき」は想像しやすいですよね。
定形郵便物や定形外郵便物は、封筒のなかに手紙や資料などが入っているものです。

定形郵便の封筒と定形外郵便の封筒

このページでは、これらについて紹介しますね。

普通郵便が配達される日

普通郵便をポストに投函したり、郵便局の窓口へ持て行ったあとには、集荷されて配達されますよね。

そんな普通郵便は、いつ配達されるのかが気になるかと思います。

普通郵便が配達されるのは以下の曜日や日です。

  • 平日
  • 土曜日
  • 1月1日および1月3日〜5日

日曜日と祝日は配達されませんので、注意してくださいね。

これを知っていると、お出かけもしやすくなりますよ!

「速達」「書留」にした場合は土曜日、日曜日、祝日も配達される

郵便物を送るときには、「速達」「書留」にすることもできますよね。
この場合の配達日は、普通郵便と同じなのでしょうか。

オプションで郵便物を「速達」や「書留」にした場合は、土曜日、日曜日、祝日も配達されますよ。
ありがたいですよね!

「速達の料金」や「書留の料金」が別途かかりますが、急ぎの場合は手配しましょう。

▼ちなみに、それぞれに必要な最低料金は以下のとおりです。

  • 速達:290円
  • (簡易)書留:320円

▼速達と(簡易)書留については、以下のページで詳しく紹介しています。

普通郵便のお届け日数を調べてみた

普通郵便をポストに投函、もしくは郵便局の窓口で出したあとは、相手へ届くまでの日数が気になります。

普通郵便のお届け日数を調べてみたので、紹介しますね。

お届け日数は、郵便局の「お届け日数を調べる」で、目安を調べてみました。

郵便物のお届け日数を調べる
引用元:お届け日数を調べる

調べてみた結果は、以下のとおりです。
調べる対象として、僕が住んでいる大阪府を例にしていますよ。

  • 大阪府内→大阪府内(午前差し出し):翌日
  • 大阪府内→大阪府内(午後差し出し):翌日
  • 大阪市内→東京都内(午前差し出し):翌日
  • 大阪市内→東京都内(午後差し出し):翌日
  • 大阪市内→札幌市内(午前差し出し):翌々日
  • 大阪市内→札幌市内(午後差し出し):翌々日
  • 大阪市内→那覇市内(午前差し出し):翌日
  • 大阪市内→那覇市内(午後差し出し):翌々日

同一都道府県内なら翌日、他都道府県でも翌日〜翌々日に届きます。

沖縄でも翌々日には届くは、すごいですね。

ただし日曜日や祝日は配達がないので、木曜日〜土曜日あたりに送る場合は、もう少し日数がかかると考えてくださいね。

お届け日数の目安は事前に調べられる

じつは、お届け日数の目安を、自分で調べることができるんですよ。

郵便局の公式ページにある、「お届け日数を調べる」にアクセスし、差出元と宛先を入力するだけで、目安が表示されます。

たとえば、送り先のひとから「どれくらいで届くの?」と聞かれた場合は、この目安を伝えるといいですよね。

普通郵便の差し出し〜到着までの目安

それでは、先ほど調べたお届け日数をもとに、差し出し〜到着までの目安を算出してみます。

以下にまとめてみました。

  • 月曜日に送った場合:火曜日もしくは水曜日着
  • 火曜日に送った場合:水曜日もしくは木曜日着
  • 水曜日に送った場合:木曜日もしくは金曜日着
  • 木曜日に送った場合:金曜日もしくは土曜日着
  • 金曜日に送った場合:土曜日もしくは月曜日着
  • 土曜日に送った場合:月曜日もしくは火曜日着
  • 日曜日に送った場合:火曜日もしくは水曜日着

このようになります。

ただし配達日数は、差し出し時間、場所、時期などによって異なりますので、あくまでも目安として考えてくださいね。

スポンサーリンク

普通郵便は追跡ができない

さて、次は気になる郵便物の追跡についてです。

ポストへ投函、もしくは郵便局の窓口へ出した郵便物が「今どこにあって、いつ届くのか」って、気になりますよね。
たとえば、宅配便のように追跡できるのでしょうか。

結論からいうと、普通郵便に追跡サービスはありません。

ゆうパックレターパックには個別番号(お問合せ番号・追跡番号)が付いていますが、普通郵便には個別番号がないため追跡のしようがないんです。

では、万が一届かない場合は、どうすればいいのでしょうか?

普通郵便の郵送状態の調査を依頼することは可能

何かしらの事情で郵送物を追跡した場合は、郵便局に調査を依頼することができますよ。

差出日、場所、受取人の情報などをもとに、郵便局が調査してくれるんです。

調査依頼の方法は、以下の3つありますよ。

  • 最寄りの郵便局窓口
  • インターネット「郵便事故のお申出」ページ
  • お客様サービス相談センターに電話

ただし、調査結果が出るまでには約1ヶ月かかります

もっと早くわかる場合もありますが、基本的には時間がかかると覚えておきましょう。

普通郵便の調査を依頼する方法

では、普通郵便の調査依頼はどうやってやるのでしょうか?

まず以下を答えられるように準備しておきましょう。

  • 差出場所
  • 差出日時
  • 差出人の氏名、住所
  • 受取人の氏名、住所
  • 郵便物の種別、特徴、大きさ、重さ
  • 郵便物の内容品、数量

調査依頼のやり方は3つありますので、順番に紹介していきますね。

郵便局窓口で普通郵便の調査を依頼する場合

【ゆうメール着払い】郵便局の看板

まずは、郵便局窓口で依頼する方法です。
この方法が最も簡単ですよ。

手順は以下のとおりです。

  • 最寄りの郵便局窓口に行く
  • 「郵便物等事故申告受付票」をもらう
  • 必要情報を記入する

これだけでOKです。

調査結果が出たら、連絡先として記入した電話番号へ、電話で連絡してもらえますよ。

「郵便事故のお申出」ページで依頼する場合

次はインターネットで依頼する方法です。

まずは「郵便事故のお申出のページ」にアクセスします。

そして「調査のお申出はこちらから」をクリックし、必要情報を入力してください。

おおまかな手順は、以下のとおり。

  • 利用確認
  • 差出人の情報を入力
  • 受取人の情報を入力
  • 郵便物などの情報を入力
  • 差出場所や差出状況の入力
  • 確認

入力が終わると、「調査受付番号」と「パスワード」が付与されます。
これらは、いわゆるお問合せ番号のようなものなので、どこかにメモしておきましょう。

気になる調査結果も、インターネットで見られますよ。

郵便事故のお申出のページ」にある「郵便物等調査状況のご照会のページ」にアクセスし、調査受付番号とパスワードを入力すれば、現在の調査状況が表示されます。

郵便物等調査状況の照会
引用元:郵便物等調査状況のご照会

お客様サービス相談センターで依頼する場合

最後は、お客様サービス相談センターで依頼する方法です。

この方法も、とても簡単ですよ。
以下の電話番号に電話をかけるだけでOKです。

  • 固定電話から:0120-23-28-86(携帯電話からは不通)
  • 携帯電話から:0570-046-666(通話料有料)
  • 受付時間:平日8:00〜21:00、土・日・祝9:00〜21:00

調査結果の連絡は電話が基本ですが、郵便局員さんが自宅に訪問してくる場合もあります。

最もやりやすい方法で依頼してくださいね!

さいごに

普通郵便のお届け日数は、日曜日と祝日を除き翌日〜翌々日が基本です。

追跡はできないので、万が一の場合は調査依頼をしましょう。

調査依頼は郵便局窓口が最も簡単ですよ!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!