PASPYのチャージできる場所や金額・クレジットカードチャージできるかについて解説

スポンサーリンク

広島市内にはバスや路面電車、アストラムライン(広島高速鉄道)などたくさんの交通機関があります。

そんな広島市内を移動するときに便利なのがPASPY(パスピー)です

PASPYは、SuicaICOCAなどのように、事前にお金をカードへチャージしておく必要があります。

でも、PASPYをチャージはどこでできるのか、どうやってチャージすればいいのかが気になりますよね。

そこで、このページではPASPYのチャージ可能な場所や、チャージ方法を紹介しますね。

PASPYとは

記名PASPY 実物

PASPY(パスピー)は、広島県内の主要な私鉄・バス・フェリー・ロープウェイなどで利用できる交通系電子マネーです。

事前にカードへお金をチャージしておくことで、PASPY対応の交通機関利用時に専用端末にカードをかざしたときに、自動で運賃が支払われますよ。

PASPYの種類や作り方・割引などについての詳細は、以下の記事を参考にしてくださいね。

PASPYにチャージできる金額とチャージ可能な場所

PASPYのチャージは1,000円単位でおこないますが、1,000円札のみしか使用できません

また、最大で20,000円までチャージすることが可能ですが、バスと広島電鉄の電車内では10,000円までになります。

PASPYがチャージできる場所は、以下の通りです。

  • バス車内
  • 広島電鉄の電車内にあるセルフチャージ機
  • 自動チャージ機
  • 各事業者のPASPY取り扱い窓口(窓口はPASPY公式サイトを参照)
  • アストラムライン(広島高速交通)の駅にある自動券売機・乗り越し精算機
  • 提携金融機関のATM

つぎは、それぞれのチャージ場所での、PASPYのチャージ方法について紹介していきますね。

バス車内でチャージする方法

PASPYは、PASPYに対応するバスの車内でチャージすることができます。

▼バスの前側、運転席横の運賃箱のところにあるカードリーダーでチャージができますよ。

トモテツバス PASPYカードリーダー(降車用)

ただし、安全のためにバスの停車中でないとチャージはできません

PASPYをバスの車内でチャージする手順は、以下の通りです。

  1. チャージ前に、バスの乗務員にチャージすることを告げる
  2. 乗務員が運転席横にあるカードリーダーを操作する
  3. 乗務員から指示があったら、カードリーダーに手持ちのPASPYを乗せて、そのまま置いておく
  4. 紙幣挿入口に1,000円札を挿入する
  5. チャージが完了したら、PASPYを取る

チャージをする前に、必ず乗務員にチャージすることを伝えましょう

チャージをするには、乗務員がカードリーダーを操作しないといけないためです。

広島電鉄の電車内にあるセルフチャージ機でチャージする方法

広島電鉄の電車・路面電車の車内にはセルフチャージ機が設置されています。

PASPYをセルフチャージ機でチャージする手順は、以下の通り。

  1. セルフチャージ機の前面にある「チャージ」ボタンを押下する
  2. カードリーダーの上にPASPYを読み取らす
  3. セルフチャージ機の前面にある紙幣挿入口に、1,000円札を1枚のみ挿入する
  4. もう1度カードリーダーにPASPYを読み取らす
  5. チャージ完了の音声が聞こえたら、チャージが完了

なお、広島電鉄の電車内にあるセルフチャージ機は、1回で1,000円しかチャージできません

1,000円以上のチャージをする場合は、1,000円のチャージを必要分くり返すことになりますよ。

たとえば、3,000円チャージをしたい場合は、3回チャージします。

自動チャージ機でチャージする方法

広島県内の街中には、PASPYの自動チャージ機が設置されています。

▼自動チャージ機を使うとチャージが簡単にできますよ。

PASPYの自動チャージ機

自動チャージ機は、広島県内の主要バスセンターや広島電鉄の主要駅、大型商業施設などに設置してありますよ。

▼自動チャージ機の操作部は、以下のようになっています。

PASPYの自動チャージ機 操作部

PASPYを自動チャージ機でチャージをする手順は、以下の通りです。

  1. 自動チャージ機の右上のカードポケットにPASPYを挿入する
  2. 自動チャージ機左側にあるチャージ金額ボタンのうち、希望するチャージ金額のボタンを押下する
  3. 自動チャージ機の右下にある紙幣挿入口に、必要な金額(1,000円札のみ)を挿入する
  4. 液晶画面で、チャージ完了を確認する
  5. PASPYをカードポケットから抜き取る

なお、領収書が必要なときは、チャージ後にPASPYを抜き取る前に、自動チャージ機右下にある発行ボタンを押下しましょう。

PASPY取り扱い窓口でチャージする方法

各事業者のPASPY取り扱い窓口でも、PASPYをチャージすることができますよ。

窓口にいる係員に、希望するチャージ額を告げるとともに、チャージ金額とPASPYを渡しましょう。
係員がチャージの作業をしてくれます。

チャージが完了したら、係員からPASPYが返却されますよ。

なお、各事業者のPASPY取り扱い窓口はPASPY公式サイトを参照してください。

アストラムラインの自動券売機・精算機でチャージする方法

アストラムライン(広島高速交通)の駅にある自動券売機・乗り越し精算機でも、PASPYのチャージが可能です。

PASPYを自動券売機・乗り越し精算機でチャージする手順は、以下の通り。

  1. 自動券売機・乗り越し精算機のPASPY挿入口にPASPYを挿入する
  2. 画面に表示されるチャージ金額のうち、希望するチャージ金額をタッチする
  3. 紙幣挿入口に、必要分の金額を挿入する
  4. 画面でチャージの完了を確認する
  5. PASPYを取る

提携金融機関のATMでチャージする方法

広島県内の一部の金融機関のATMでは、PASPYをチャージする機能がついています。

提携している金融機関は、以下の通りです。

  • 広島銀行
  • 広島信用金庫
  • 広島みどり信用金庫
  • 呉信用金庫
  • しまなみ信用金庫

なお、提携金融機関のすべてのATMがPASPYのチャージに対応しているわけではありませんので気をつけてください。

クレジットカードではチャージできません

PASPYをチャージするときに、クレジットカードでチャージできないか気になりますよね。

残念ながら、クレジットカードではPASPYにチャージできません。

もしクレジットカードでチャージして使いたいのであれば、PASPYではなくSuicaを使うのがいいですよ。

さいごに

PASPYを使うときに残額が少なかった場合、チャージできる場所や方法を知っておけば安心です。

しかも、PASPYはバスや電車の車内でもチャージができるのが便利ですよね。

特に広島市内を公共交通機関を使って移動するとき、PASPYがあるとても便利なのでおすすめです。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る