ジャパンネット銀行が使えるコンビニATMと手数料を無料にする方法まとめ

松本 博樹の画像

ジャパンネット銀行を使うときに、コンビニのATMを使って入出金できるかどうか気になるのではないでしょうか。

預けているお金をコンビニで下ろせたら、使い勝手がよくなります。

そこでこのページでは、ジャパンネット銀行がどこのコンビニのATMに対応しているのかをまとめました。

ジャパンネット銀行が使えるコンビニATMと手数料を無料にする方法

対応しているコンビニATMの一覧

早速、ジャパンネット銀行のお金を入出金できるコンビニATMを一覧にして紹介しますね。

  • セブン銀行ATM:セブンイレブン
  • ローソン銀行ATM:ローソン・ナチュラルローソン
  • イーネットATM:ファミリーマート
  • イオン銀行ATM:ミニストップ

一覧から見てわかるように、主要なコンビニはすべて対応していますね。

システム側がメンテナンスしていない限りは、時間に関係なくATMが使えます。

セブンイレブン

セブン銀行ATM

セブンイレブンのATMといえば、セブン銀行ATMです。

セブン銀行ATMにジャパンネット銀行のキャッシュカードを差し込めば、いつでも入出金できますよ。

セブンイレブンは店舗数がとても多いので、気軽に使いやすいと思います。

ローソン

ローソンにあるローソン銀行ATMでも、ジャパンネット銀行のキャッシュカードを入れたら入出金できます。

以前はローソンに対応していなかったのですが、2014年10月にようやく使えるようになって、便利になりました。

ファミリーマート

ファミリーマートだと、イーネット(E-net)ATMを使ってジャパンネット銀行の入出金ができます。

また、ゆうちょ銀行のATMが置いてあるファミリーマートもあるため、そちらでもジャパンネット銀行のキャッシュカードを入れたら使えますよ。

ファミリーマートは、どちらのATMであってもジャパンネット銀行が使いやすいです。

ミニストップ

イオン銀行ATM

ミニストップでは、イオン銀行ATMが設置されており、ここでもジャパンネット銀行のキャッシュカードを入れたらちゃんと取引できます。

もちろんイオン銀行ATMであれば、ミニストップに限らずイオンなどのスーパーでも使えますよ。

コンビニATMの手数料を無料にする方法

ジャパンネット銀行がいろいろなコンビニで使えるのはいいですが、気になるのは手数料ではないでしょうか。

せっかく預けているお金、手数料で持って行かれるのはうれしくないです。

でも、ジャパンネット銀行は工夫次第で手数料無料にできますよ!

無条件で月1回は手数料無料

まず、毎月最初の1回であれば、入出金どちらも手数料無料になります。

入金することはまずないと思うので、出金が無条件で月1回無料になると思っておいて間違いないです。

入金でも1回分カウントされるので、コンビニATMでジャパンネット銀行に入金するのに使っているという場合は気をつけておきましょう。

2回目以降は3万円以上なら手数料無料

問題は、ジャパンネット銀行のお金を下ろすのが月2回目以降のときです!

2回目以降であれば、1回で3万円以上下ろす場合は手数料無料になりますよ。

条件は「3万円以上」だけなので、3回目・4回目・5回目…であっても手数料無料です。

ジャパンネット銀行のお金をコンビニATMで下ろすときは、必ず1回3万円以上下ろすように意識しておけば、ムダな手数料を取られることはありません。

手数料無料で下ろせるからといって、下ろしたお金をムダ使いしないように気をつけましょう。

ジャパンネット銀行はデビットカードとしても使えます

ジャパンネット銀行のキャッシュカード

ちなみに、ジャパンネット銀行の口座を持っていると、キャッシュカード兼デビットカードになっていると思います。

お店で買い物するときにカード決済すれば、わざわざ現金を使う必要がなくなりますので、コンビニATMに行く時間すら短縮できますよ。

現金を持っていることで、ついついお金を使いすぎてしまうという場合は、デビットカードでの支払いも検討してみましょう。

デビットカードだと、口座残高の金額しか使えないため、0円になればもう使えません。

デビットカードは抑止力がありますね!

松本 博樹

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール