メルカリの取引をキャンセル申請する方法。出品者・購入者それぞれのやり方を解説

スポンサーリンク

こんにちは!
メルカリで何度か取引キャンセルを経験した小林敏徳です。

メルカリの取引は、正当な理由がある場合に限り、キャンセルすることが可能ですよ。

もちろん、代金やポイントもちゃんと返金されます。

ただし、自己都合でキャンセルしてしまうとペナルティーを課せられる可能性がありますので、くれぐれも注意してくださいね。

このページでは、メルカリの取引をキャンセルする方法を、出品者・落札者それぞれの場合で解説します。

メルカリの取引をキャンセル申請する方法

メルカリの取引はキャンセルすることも可能

メルカリの取引は、キャンセルすることも可能ですよ。

もちろん、代金やポイントもちゃんと返金されます。

何事にも「不測の事態」はあるものですから、この仕組みは安心ですね。

ただし、正当な理由があり、双方が合意した場合にかぎる

ただし、メルカリの取引がキャンセルできるのは、正当な理由があり、双方が合意した場合にかぎります。

自分の都合で一方的にキャンセルすることはできないので、注意してくださいね。

「正当な理由」の例は、以下のとおりです。

  • 自分が落札者の場合:「発送日の目安」を過ぎても商品が発送されない
  • 自分が出品者の場合:落札者がなかなか支払いをしてくれない

他にもキャンセルになる理由があるかと思いますが、それについては後ほど詳しく紹介しますね。

キャンセルが成立した場合、代金は全額返金される

取引キャンセルが成立した場合、代金は全額返金されます。

ポイントやクーポンを使った場合は、それも戻ってきますよ。

キャンセル料が一切かからないのはうれしいですね!

自己都合の場合はキャンセル不可!

さて、取引キャンセルのやり方を見ていく前に、キャンセル不可のケースについて説明しますね。

取引をキャンセルができないのは、ズバリ「自己都合」の場合です。

たとえば以下のような理由のときですね。

  • 自分が落札者の場合:落札したけど、やっぱり買いたくなくなった
  • 自分が出品者の場合:落札されたけど、やっぱり売りたくなくなった

このような理由によるキャンセルは取引相手に迷惑がかかりますので、絶対にやめましょう。

自己都合のキャンセルが続くとペナルティーが課せられる

ちなみに自己都合のキャンセルが続くと、メルカリ事務局からペナルティーを課せられる可能性があります。

ペナルティーの内容はわかりかねますが、おそらく「アカウント停止(もしくは利用制限)」などでしょう。

メルカリの取引をキャンセルする方法(自分が落札者の場合)

それでは取引キャンセルのやり方を見ていきましょう。

まずは自分が落札者の場合からです。

落札者が取引をキャンセルするのはどんな時?

落札者が取引をキャンセルするのは、おおよそ以下のようなときです。

  • 出品者から一度も連絡がない
  • 「発送日の目安」を過ぎても商品が発送されない
  • 発送されたはずなのに商品が届かない
  • 届いた商品が破損していた
  • 受け取った商品が出品物とは違うものだった

ちなみにぼくも、「出品者から一度も連絡がない」「発送されない」の理由でキャンセルしたことが何度かあります・・・。

残念ではありますが、そのまま放っておくわけにもいかないので、ちゃんとキャンセル&返金してもらいましょう。

落札者が取引をキャンセルするまでの流れ

取引キャンセルの方法は簡単ですよ。

▼出品者が提示した「発送日の目安」を過ぎると、取引画面にこんな表示が出ます。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が落札者の場合の取引画面)

こうなったらキャンセル可能ですよ。

▼取引画面の下部にある、「この取引をキャンセルする」をタップしてください。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が落札者の場合のキャンセル依頼)

▼するとこんな警告文が出るので、よく確認しておきましょう。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が落札者の場合のキャンセル時の警告文)

あとは出品者の同意を待つだけです。
▼同意を得られたら、こんな通知が来てキャンセルは完了です。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が落札者の場合のキャンセル完了メール)

商品の発送前にキャンセルした場合は、その後万が一商品が届いても、絶対に受け取らないでくださいね。

宅配業者さんに事情を説明し、返送してもらいましょう!

スポンサーリンク

メルカリの取引をキャンセルする方法(自分が出品者の場合)

次は、自分が出品者の場合のキャンセル方法です。

先ほどと同じように解説していきますね。

出品者が取引をキャンセルするのはどんな時?

出品者が取引をキャンセルするのは、おおよそ以下のようなときです。

  • 落札者がなかなか支払いをしてくれない
  • 商品の重大な欠陥を発見した
  • 商品説明と現物の相違に気づいた
  • 在庫切れだった
  • オークション等で同時に売れてしまった

落札者や商品に問題のあるケースですね。

上記のような場合も、ちゃんとキャンセル&返金しましょう。

出品者が取引をキャンセルするまでの流れ

出品者による取引キャンセルは、落札者の場合と微妙に異なります。

▼まずは、取引画面にある「この取引をキャンセルする」をタップしてください。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が出品者の場合のキャンセル依頼)

ここからが違います。
▼次にキャンセル理由を選択する画面が表示されますので、詳細を書き込んでください。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が出品者の場合のキャンセル依頼画面)
引用:メルカリガイド

▼すると、落札者にキャンセル確認の通知がいきます。

mercalliの取引をキャンセルする方法(自分が出品者の場合のキャンセル同意画面)
引用:メルカリガイド

落札者がキャンセルに同意したら、それで完了です。

まずは落札者に事情を説明し、合意を得てから手続きしたほうがスムーズ

出品者の立場で取引をキャンセルする場合は、まず落札者に事情を説明し、合意を得てから手続きしたほうがスムーズですよ。

やはり落札者としても、いきなりキャンセル通知が来るよりも、あらかじめ事情を知らされている方が心象はいいですからね。

ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

緊急時はメルカリ事務局に連絡しましょう

メルカリアプリにキャンセル画面が出るまで待っていられない場合、つまり緊急時は、メルカリ事務局に連絡してください。

正当な理由さえあれば、キャンセルが認められますよ。

アプリの「お問い合わせ」→「お問い合わせ項目を選ぶ」から連絡してくださいね!

さいごに

メルカリは、トラブルがあったときにちゃんと対処してくれるのがいいですね。

キャンセルのやり方も簡単ですから。

ただ、これはあくまでも「不測の事態」があった場合の救済措置なので、自己都合キャンセルはやめましょう!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る