クイックピックとは何?ロト6・ナンバーズ4・ビンゴ5での使い方と宝くじ売り場でクイックピックパックを購入する方法を紹介

スポンサーリンク

ロト6ナンバーズ4ビンゴ5(数字選択式宝くじ)には、『クイックピック』という買い方があります。

クイックピックの欄を鉛筆でマークするだけで、気軽にロト6やナンバーズ4を買うことができるんですよ。

どこが気軽なのかというと、自分で数字を選ぶ必要がなくコンピュータが自動的に数字を選んでくれるからです。

ただ初めてロト6などを買う場合、どうやって買えばいいのかわからないこともありますよね。
そこで、このページではロト6やナンバーズ4などの買い方をはじめ、クイックピックについて紹介しているページです。

クイックピックとは何?宝くじ売り場で購入する方法

クイックピックってどういう意味?

クイックピックとは、数字選択式宝くじの購入方法の1つです。

▼数字選択式宝くじは、以下の6つ。

宝くじ売り場で買う場合は、クイックピック欄を鉛筆でマークするだけで購入ができます。
またネット購入やATM購入の場合は、クイックピックのボタンを押すだけです。

クイックピックならコンピュータが自動的に数字を選んでくれるので、自分で数字を選ぶ手間がなく、気軽にロト6などを購入することができるんですよ。

手間をかけずに、高額当選できれば相当ラッキーですよね。

マーク式申込書のクイックピック欄

クイックピックが手軽だということがわかっても、いざロト6などを購入しようとしたとき、申込書のどこにクイックピックの欄があるのかわかりづらい部分もあると思います。

ここからは、各宝くじマーク式申込書のクイックピック欄を紹介しますね。
マーク式申込書は、宝くじ売り場とコンビニ購入のときに使いますよ。

▼ビンゴ5のクイックピック欄。

【ビンゴ5】数字に迷ったときはクイックピックにマーク

▼ロト6のクイックピック欄。

【ロト6】数字を思い浮かばないときは、クイックピック欄にマークする

▼ロト7のクイックピック欄。

【ロト7】クイックピック

▼ミニロトのクイックピック欄。

【ミニロト】ミニロト申込カードのクイックピック欄

▼ナンバーズ3のクイックピック欄。

【ナンバーズ3】クイックピック欄

▼ナンバーズ4のクイックピック欄。

【ナンバーズ4】クイックピック欄

だいたい申込欄の真ん中あたりにありますね。

数字を選ぶのが面倒な場合、クイックピック欄を知っているとパッとマークすることができ、あっという間に購入ができます。

ネット購入画面のクイックピック欄

ネット購入をする場合でも、クイックピック欄は選べますよ。

マーク式申込書と同じく事前にクイックピック欄の場所を知っていれば、あっという間に購入が終わりますよね。

ここからは、実際に楽天銀行の画面で紹介していきます。
なお、ビンゴ5はネット発売していません。

▼ロト7のクイックピック欄。ロト6、ミニロトも同じ位置にあります。

【ロト7楽天銀行で購入】クイックピックを選択

▼ナンバーズ4のクイックピック欄。ナンバーズ3も同じ位置です。

【ナンバーズ4ネット購入】クイックピック

ATM購入画面のクイックピック欄

銀行のATMでもロト6などの購入ができます。驚きですよね!

ここからは、みずほ銀行の画面で紹介していきます。
なお、ビンゴ5はATMで発売はしていません。

▼ロト6のクイックピック欄。ロト7、ミニロトの場合も同じ位置にあります。

【ロト6ATM購入】クイックピック

▼ナンバーズ3のクイックピック欄。ナンバーズ4の場合も同じ位置にありますよ。

【クイックピック】ATM購入でのクイックピック

楽天銀行のアプリからも、ロト6などのクイックピックが購入できます。
購入する手続きを進めると、アプリからスマホのブラウザに操作が移るんですよ。

【ロト6を楽天銀行で買う】アプリを終了し、ブラウザを起動してもよろしいですか?に対してOKを押す

【ロト6を楽天銀行で買う】ブラウザで楽天銀行が表示される

スポンサーリンク

クイックピックパックで数種類のくじを同時に購入できます

数種類の数字選択式宝くじを同時に購入するとき、マーク式申込書1枚ずつのクイックピック欄にマークするのは少し面倒に感じますよね。

そんな場合は、宝くじ売り場で発売している『クイックピックパック』がおススメです。

数種類のくじがセットになっていて、ぞれぞれクイックピックで数字を選んでもらえます。

▼クイックピックパックの種類は、以下の4つです。

  • ロト1,000円パック
  • バラエティパック
  • ミニパック
  • プチパック

それぞれの料金も気になるところ。
また、どんなくじがクイックピックパックに入っているのかも気になりますよね。

名称値段くじの種類
ロト1,000円パック1,000円ロト7:2通り
ロト6:2通り
バラエティパック1,000円ロト6:1通り
ミニロト:1通り
ビンゴ5:1通り
ナンバーズ4:1通り
ナンバーズ3:1通り
ミニパック600円ミニロト×1通り
ビンゴ5:1通り
ナンバーズ4:1通り
プチパック600円ビンゴ5:1通り
ナンバーズ4:1通り
ナンバーズ3:1通り

自分で考えなくてもいろいろな組み合わせが買えて、しかも600円~1,000円と低額なのが魅力です。

クイックピックパックで高額当選が出たらいくらになる?

クイックピックパックを買って、万が一高額当選が出た場合の賞金も気になりますよね。

名称最高当選額
ロト1,000円パック1,600,000,000円
バラエティパック616,650,000円
ミニパック16,550,000円
プチパック6,650,000円

ロト1,000円パックだと最高賞金額が、なんと16億円です!すごいですね!

クイックピックパックの買い方

クイックピックパックの賞金のすごさがわかったあとは、実際に買ってみたくなりませんか?
ここからは、買い方について紹介しますね。

クイックピックパックは、宝くじ売り場で発売していますよ。

▼宝くじ売り場に、以下のようなプレートが設置してあります。

【クイックピック】宝くじ売り場にあるクイックピックパックのプレート

▼プレートを手に取り、窓口の店員さんに『これ、ください』と差し出すだけでOKです。とても簡単ですね。

【クイックピック】宝くじ売り場にあるクイックピックパックのプレートを出す

▼店員さんは、それぞれのクイックピックパック用のクリアファイルを用意しているんですよ。
気になる中身は、マーク式申込書のクイックピック欄にマークをしたものが入っていました。

【クイックピック】宝くじ売り場にあるクイックピックパックのクリアファイル

▼マーク式申込書を機械に読み込ませたあと、それぞれのくじ券をくれます。

【クイックピック】クイックピックパック:ロト1,000円パック
ロト1,000円パック
【クイックピック】クイックピックパック:バラエティパック
バラエティパック
【クイックピック】クイックピックパック:ミニパック
ミニパック
【クイックピック】クイックピックパック:プチパック
プチパック

▼ナンバーズには、主に『ストレート』『ボックス』『セット』という申込タイプがありますが、クイックピックパクで買う場合『ストレート』になるようですね。

【クイックピック】クイックピックパックのナンバーズの申込タイプはストレートになる

自分で申込書にマークすることもなく、プレートを差し出すだけで購入できるので、とても楽々でした。

ちなみに、4枚すべてのプレートを購入した場合の金額は3,200円です。

クイックピックで購入しても当選するの?

クイックピックで購入した場合、本当に当選するかどうか不安ですよね。

▼安心してください。以前、クイックピックで購入したナンバーズ3が当選していたことがありましたよ!

【ナンバーズ3】抽選結果
引用元:当せん番号案内(ナンバーズ3)(2018年4月)

▼クイックピックで購入した『ボックス』、17,900円が当選していました!!

【ナンバーズ3】ボックス当選

クイックピックパックの結果はどうなった?

クイックピックで購入したくじが当選することは、わかりました。
どうせなら、クイックピックパックで購入したくじが大当たりするといいですよね!

▼でも、現実は3,200円分購入して、ビンゴ5の7等200円が当選しただけです…。3,000円も損をしています!

【クイックピック】そうそう当選しない

さいごに:堅実に節約や貯金でお金を増やすほうが簡単です

楽々とクイックピックで一攫千金を手に入れ生活をする夢を見てもいいですが、当選する確率はすごく低いですよね。

宝くじの当選確率については以下のページで詳しく紹介しています。

やっぱり現実的には、堅実に節約や貯金でお金を増やすほうが簡単ですよ。

ゆっくりコツコツ、やるべきことをきちんとやればお金は普通に貯まりますし、お金持ちにもだんだん近づいていけます。

ノマド的節約術では、堅実にお金を増やしていくためにできることを数多く紹介していますので、以下のページなどを参考にしてみてくださいね。

おまけ:宝くじの当選番号まとめ

他にもいろいろな宝くじなどがありますよね。
一覧にしていますので、気になる場合はチェックしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

パパンダの年子育児ライフを運営中!岡山県在住のWebライター兼パパブロガーです。男性として育児休業を1年間取得したあと退職したため、ジリ貧生活に突入しました。そのため社会制度を活用中。また、妻が精神障害者のため社会福祉制度もしっかり使っています。その辺りをわかりやすくお伝えします。 自己紹介記事はこちら

執筆メンバの一覧を見る