私がSkyscannerを愛する3つの理由。海外格安航空券を安く賢く手配しよう【伊佐知美の世界一周とお金の話#25】

スポンサーリンク

個人手配で海外を旅する際、航空券はどうやって選んでいますか?

私は、格安航空券の比較・検索サイト「Skyscanner(スカイスキャナー)」をこの数年間ずっと愛用しています。

検索方法を工夫するだけで、ぐっとお得になる可能性を秘めているSkyscannerの愛すべき点を3つご紹介します。

(画像引用:Skyscanner

海外格安航空券比較サイトの有力候補

まず海外格安航空券を探せる便利なサイトは、Skyscannerのほかにいくつかあります。私が比較的よく見るのは、「Expedia」や「トラベルコ」、「momondo」です。

このうちmomondo以外はすべて日本語で検索可能。使い勝手はよいです。

でも、それはすべてSkyscannerを検索し尽くして納得が行かなかった時に、参考として見にいく程度。実際に航空券を決済するとなると、私はほぼSkyscanner一択です。その理由は、以下。

私がSkyscannerを愛する3つの理由

価格が一番安い

伊佐知美調べですが、Skyscannerは価格が一番安いです。

まれに、国内線のスカイマークなどを利用する際は、航空会社の公式サイト経由で予約した方が安いこともありますが、海外格安航空券についてはSkyscannerがこれまで検索している中だと断トツで安い

先日、アエロメヒコ航空というメキシコの航空会社の公式サイトでメキシコとキューバを結ぶ便を探したのですが、その時は30,000円程度した航空券が、Skyscannerだとなぜか10,000円台でした。もはや怖い。

私は「調べフェチ」で、一度検索しただけだと何事も決断・決済できないタチなのですが、もちろんこの時もほかの格安航空券比較サイトよりも数百円〜数千円程度は安かったです。

ただし、価格はハイシーズンかどうかや、残席状況によってつねに変動しますので、一回検索したものがずっと有効だとは思わないようにしましょう!

格安航空券探しの鉄則は、「今見た航空券が一番安い」です。私は調べフェチすぎて、いつも最初の検索時点から数時間、ひどい時には数週間おいてから決済してしまうので(価格に納得できないと買えない)、いつも「この法則を知っているはずなのに、なぜ私は……!」と後悔しています。

「Skyscannerで海外格安航空券を探したら、その時が最安値」。できることなら、何度でも復唱していただきたい……。

検索結果で出てきた情報が、信頼できる

これも重要な点です。

海外格安航空券比較サイトは、毎回ではないですが「検索結果が信頼できない」ことが多いです!

つまりどういうことかと言いますと、「検索結果では10,000円と表示されていたから購入画面に進んだのに、『あなたのお探しの航空券は見つかりませんでした。15,000円でしたらご用意できます。どうぞでは決済へ!」……というような展開が往々にしてありえる、ということです。

分かりづらいですかね……。検索結果では安い価格が表示されていたのに、実際は「売り切れです」といわれる事態。
きっと、すでに売り切れてしまった格安航空券のチケットのデータが、残ってしまっていたりするんでしょうね。

なのですが、Skyscannerは検索結果に出ている航空券はだいたい予約できます
さすがに2〜3回は体験したことがありますたが、年間50回程度は航空券予約を個人手配しているので、この回数はSkyscanner優秀!と言っていいのではないかと思っています。

正確に数えたわけではありませんが、体感としてはほかのサイトはもっと多いです。

時間のムダもストレスもなく、さくさく予約できるSkyscanner、すごい。

逆に言うと、Skyscannerの検索結果だけ見て、ずっと悩んでいるのはムダです。

Skyscannerは、検索結果の次に進むと、実際に航空券を購入できる別サイトに遷移するように設計されています。そこに進んで初めて「その航空券が本当に予約可能」かがわかりますので、ぜひそこまで進んで航空券が予約できることを確認してから、悩みましょう。

行き先未定の「すべての場所」検索が可能

「すべての場所」検索。これもすばらしいですね。いやこれが、もう最高にすばらしい。

普通、航空券を探すときは、発着場所が決まっていることが多いかとは思います。

けれど、海外格安航空券を個人手配するような旅人は、そうじゃないことも多いですよね?

「行き先は、安い航空券が見つかるかどうか」とか、「とにかく、この空港からどの国・街へ飛べるのかが知りたいんだ……!」というような場合もある! そう、あるのですよ。

とすると、「行き先が決まっているから航空券を検索する」ということでは必ずしもないので、「すべての場所」つまり、「行き先未定の海外格安航空券検索」需要が発生します。

旅人が愛してやまない「すべての場所」検索。仕事や人間関係がつらいときの現実逃避にもオススメです。

「沖縄空港から、8,000円でタイに行けるんだ……」「イタリアからドイツまで2,000円で飛行機が飛んでいるなんて……」。そんな感動をいつでもあなたの右手(スマホ)に運んでくれるSkyscanner、愛してる。

よい航空券は「安くて賢い」航空券

そして、そもそも「どんな航空券を探しているの?」という話ですが、私はいつも「安くて賢い航空券」を探しています。

ここで言う「安い」とは、もちろん価格のこと。

そして「賢い」とは、実際のフライト時間と経路、あとは乗継便の場合は待ち時間がどれくらいあるか、そのバランスは取れているか、を指しています。

いくら安くても、たとえば「直行便なら8時間のところを、4回乗り換え、トータルで32時間かかる便」はあんまり賢いとは言えませんよね!

「タイムイズマネー」は真だと思っているので、ただ価格が安いだけで時間が膨大にかかってしまうような経路は、私は選びません。

具体的な安くて賢い航空券の探し方の秘訣ですが、「めんどくさがらずに、自主乗り継ぎ便を探す」ことに尽きるかなと思っています。

たとえば、先日日本からメキシコへ行く便を探していました。

Skyscannerで「日本→メキシコ」と検索すると90,000円程度の価格だったのですが、途中がアメリカのロサンゼルス空港乗り継ぎ便なことに気が付き、「日本→ロサンゼルス」「ロサンゼルス→メキシコ」と2回搭乗に分けて移動する経路も念の為検索してみました。

すると、前者は40,000円で、後者は20,000円の価格の航空券が見つかりました。自主乗り継ぎ便のため、手荷物は都度受け取らなければいけないのですが、値段は30,000円も安いです。ということで私は自主乗り継ぎ便を選びました。

と、普段もこんな風に海外格安航空券を個人手配しています。

あと、もちろんですが片道便よりも往復便のほうが安い航空券が見つかりやすいので試してみてくださいね。

わたしはいつも、こんな感じで航空券を探しています。

みなさまもよい旅を! ではまた次回。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

伊佐 知美

1986年生まれ、新潟県出身のライター・編集者。2016年4月から株式会社Waseiの社員として「世界一周×仕事」の旅に出発。これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が"私らしく生きるため"のライティング作戦会議」主宰。旅ガイド「ことりっぷWEB」にて「伊佐知美の世界一周さんぽ」連載中。旅と文章とカメラがすき。個人ブログはこちら

執筆メンバの一覧を見る