一度貼った切手のはがし方9選。冷蔵庫を使えば綺麗にはがせる!

小林 敏徳の画像

こんにちは!
細かい作業が苦手な小林敏徳です。

間違って切手を貼ってしまった・・・。
切手の向きがズレてしまったから、貼り直したい・・・。

そんなときは、どうしていますか?
未使用の切手をはがすときは、とても神経をつかいますよね。

思いっきりはがしたら破れてしまいそうですし、糊付けにも影響がありそう。
かと言って、ゆっくりゆっくりはがしていくのは面倒くさいでしょう。

そんなわけでこのページでは、一度貼った切手のはがし方を紹介します。
どれも簡単にできる方法なので、ぜひ参考にしてくださいね!

一度貼った切手のはがし方まとめ

一度貼った切手の簡単なはがし方9選

それでは、さっそく切手のはがし方を紹介しますね。
全部で9つありますが、どれも簡単ですよ。

水・ぬるま湯ではがす方法

1つめは、水・ぬるま湯ではがす方法です。

貼り付けた切手を封筒(またははがき)ごと切り取り、水か35℃程度のぬるま湯に浸しておくだけでOK。

5分〜10分すると切手が自然にはがれてきますので、やさしく水分を拭き取り、乾燥させてから再利用しましょう。

詳しいはがし方の手順は以下のページが詳しいですよ。

冷蔵庫ではがす方法

2つめは、冷蔵庫ではがす方法です。

切手の付いた封筒やはがきを冷蔵庫に入れ、20分〜30分間放置するだけでOK。
冷却すると切手の糊が収縮するため、はがしやすくなりますよ。

はがしづらい場合は、さらに5分〜10分冷却してください。

*この方法は、後ほど画像つきで紹介しますね。

アイロンではがす方法

アイロンをかける

3つめは、アイロンの熱で切手を乾燥させてからはがす方法です。

やり方としては、湿らせた布に切手をのせ、その上からアイロンをかけるだけ。

布が乾燥する頃に、ちょうど切手の糊も乾いていますよ。

電子レンジではがす方法

電子レンジ

4つめは、電子レンジで乾燥させてからはがす方法です。

まずは貼り付けた切手を封筒(またははがき)ごと切り取り、切手の表面に水をつける。
それから電子レンジで30秒ほど温めれば、簡単にはがせますよ。

はがしにくい場合は、同じ作業をもう一度くり返してください。

ドライヤーではがす方法

ヘアドライヤー

5つめは、ドライヤーで乾燥させてからはがす方法です。

切手を水で濡らしたあと、ゆっくりドライヤーをかけるだけでOK。
切手全体が乾燥したら、簡単にペリッとはがせますよ。

注意点としては、ドライヤーをかけすぎないこと。
あまりにも長時間熱をかけると、切手が変色する可能性がありますので、ご注意ください。

やかんや鍋の蒸気ではがす方法

土鍋

6つめは、やかんや鍋の蒸気ではがす方法です。

切手の付いた封筒(またははがき)を、やかんや鍋の上にさらすだけでOK。
全体に湯気がいきわたったら、少しずつ切手が浮いてきます。

切手専用はがし液ではがす方法

7つめは、切手専用はがし液を使う方法です。

Amazonでも売っているはがし液を購入し、それを封筒(またははがき)の裏から、切手の裏までしみわたるように塗ってください。

2分ほど経過したら、切手をペリッとはがしましょう。

注意点としては、はがし液を切手の表面につけないこと。
印刷がうすくなったり、シワになる可能性がありますので、ご注意ください。

番外編:切り取ってそのまま利用する方法

ここからは番外編です。
切手をはがして再利用するのが面倒なら、切り取って再利用しましょう。

切手は、消印さえなければ封筒やはがきに付いたままでも利用可能。
切手の付いた部分をそのまま切り取り、郵便物に貼り付けてください。

不格好にならないように、きれいに切り取ってくださいね。

番外編:ゆうパックなどの配送料として利用する方法

間違えて貼ってしまった切手は、ゆうパックなどの配送料にあてるのもおすすめですよ。

こちらも切手の付いた部分をそのまま切り取り、郵便局で支払いの際に差し出すだけでOK。
現金と併用することもできるので、無駄なく使えるでしょう。

「冷蔵庫ではがす方法」を実際にやってみた

さて、ここまで紹介してきた方法で、実際どれくらい綺麗にはがれるのか知りたいですよね。

というわけで、「冷蔵庫ではがす方法」をやってみました。

▼まずは切手の付いたはがきを用意します。

切手のはがし方(はがきに切手を貼った状態)

▼しっかり貼り付いた状態です。

切手のはがし方(はがきと切手)

▼それをそのまま冷蔵庫に入れます。
はがきを冷蔵庫に入れるなんて、何だか変な気分。笑

切手のはがし方(冷蔵庫で冷やす)

▼今回の冷却時間は、20分にしました。

切手のはがし方(20分間冷やす)

▼20分後の状態がこちら。
見た目は何ら変わりありませんね。

切手のはがし方(冷蔵庫で冷やした後)

ただ、糊付け部分はちゃんと変わっていましたよ。
▼このとおり、簡単にペリッとはがせましたから。

切手のはがし方(切手をはがす)

▼少しだけ跡は残りましたが、おおむね綺麗にはがせました。

切手のはがし方(切手をはがした後)

▼このとおりシワもないので、自信を持って再利用できそうです。

切手のはがし方(はがした切手)

▼糊付け部分は心もとないですが、スティックのりを使用すれば問題ないでしょう。

切手のはがし方(はがした切手の裏)

冷却時間20分でちょっとシワができたので、30分にすればもっと綺麗にできそうですね。

いずれにしても、不器用なぼくでも簡単にはがせました!

使う予定のない切手は売ってしまおう!

使う予定のない切手がある場合は、売ってしまいましょう。

綺麗にはがしたものの使い道がない・・・。

ずっと前から古い切手があるんだけど・・・。

そのようなものでも買い取ってもらえますよ。
以下のページで買い取りサービスを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

さいごに

切手をはがすときは、神経を使うと思います。
そのままはがすとなると、破れたり、シワになるかもしれませんからね。

でも、このページで紹介した方法なら、綺麗にはがせますよ。
せっかく買った切手をムダにしないように、うまく再利用していきましょう。

再び切手を貼るときは、以下のページも参考にしてみてくださいね。

おまけ:切手に関連する記事

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール