一度貼った切手をお湯でキレイにはがす方法を画像つきでやさしく解説

スポンサーリンク

こんにちは!
封筒に貼る切手をよく間違える小林敏徳です。

切手をはがす方法はいくつもありますが、最も簡単なのは「お湯ではがす」やり方です。

5分〜10分ほどお湯に浸すだけで綺麗にはがれますよ。

特別なコツは何もないので、この記事を参考に、ぜひ一度試してみてくださいね。

というわけでこのページでは、一度貼った切手をお湯ではがす方法について解説します。

一度貼った切手をお湯でキレイにはがす方法を画像付きでやさしく解説

切手をお湯ではがす場合の流れ

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(62円切手)

さて、それでは切手をお湯ではがす方法を紹介しますね。

大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 貼り付けた切手を封筒(またははがき)ごと切り取る
  2. 35℃程度のぬるま湯を準備する
  3. 切り取った切手を5分〜10分浸しておく
  4. 切手がはがれたら、お湯から取り出す
  5. やさしく水分を拭き取る
  6. 30分ほど自然乾燥させる

お湯に浸しておく時間と自然乾燥の時間は、あくまでも目安です。

実際の状態を見ながら微調整してくださいね!

切手をお湯で綺麗にはがす方法を画像つきで解説

さて、それではより詳しいやり方を見ていきましょう。

ここからは画像つきで解説していきます。

▼まずは、はがしたい切手を用意してください。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(封筒に貼られた62円切手)

▼次に、切手の部分をはさみで切り取ります。
(*封筒やはがきは無駄になってしまいますが、切手をもう一度買うよりは安いと思います。)

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(封筒に貼られた62円切手を切り取る)

▼それを35℃程度のお湯にそのまま浸してください。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(切り取った62円切手をお湯に浸す)

▼今回は10分間浸しておきました。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(62円切手をお湯にしばらく浸す)

▼すると、切手が封筒から自然にはがれてきます。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(62円切手をお湯にしばらく浸した後の状態)

▼お湯から取り出そうとすると、このとおり。
スルッとはがれました。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(62円切手をお湯にしばらく浸したらスルッとはがれる)

▼お湯に浸すだけで完全にはがれました!

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(62円切手を封筒からはがす)

さて、あとは乾燥です。
▼切手の表面についた水分をかるく拭き取り、そのまま自然乾燥させます。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(お湯ではがした後の62円切手)

▼30分ほど放置したら、このとおり。
パッと見ただけでは、はがしたものであることがわからないくらい綺麗です。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(はがした62円切手を自然乾燥させる)

▼切手の表面はこんな感じです。
傷や破れ等は一切ありません。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(自然乾燥させた62円切手の表面)

▼裏面も綺麗ですね。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(自然乾燥させた62円切手の裏面)

特別なコツは何もないので、簡単にできますよ。

再利用の際は糊付けを忘れずに!

▼一度はがした切手を再利用する際は、糊付けを忘れないようにしてください。

一度貼った切手をお湯で綺麗にはがす方法(一度貼った62円切手を再利用する場合は糊付けを忘れずに)

さすがにお湯に浸すと、糊は弱くなりますからね。

スティック糊などを使って綺麗に貼ってくださいね!

一度貼った切手のはがし方は他にもあります

ちなみに一度貼った切手のはがし方は他にもありますよ。

お湯がいちばん簡単ですが、他のやり方を検討するのもいいと思います。

ぜひ以下の記事をチェックしてくださいね!

さいごに

貼る切手を間違えた・・・。
切手の向きがズレてしまった・・・。

そういうことってよくありますよね。

でも、そのまま切手を捨てるのはもったいないですよ。

このページで紹介したように、お湯に浸せば簡単にはがせますから!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る