確定申告の納税を節約!国税をクレジットカードで納付するメリット・デメリットとおすすめの支払い方法

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

確定申告をすると、その年の支払い税金額が決まりますよね。
税金の支払額の高さを見てうんざりしているのではないでしょうか。

できることなら負担を軽くしたいのが本音だと思います。

今までだと現金で税金を納付しないといけなかったので、精神的な負担も大きかったです。

でも今は、所得税を含む国税をクレジットカードで納付できるようになりました。

納付専用のサイト「国税クレジットカードお支払サイト」ができたんですよね。

一見とても便利に見えますが、使う上での注意点や知っておいたほうがいいこともあるので、そのことについてノマド的節約術で紹介していきます。

確定申告の納税を節約!国税をクレジットカードで納付するメリット・デメリットとおすすめの支払い方法

決済手数料は0.82%

ネットで税金を支払いできてしまうのはとても便利なんですが、クレジットカードで決済したときの手数料がかかります。

納付額10,000円ごとに税込で82円の手数料です。
パーセンテージにすると0.82%

現金で払うよりも支払額は大きくなってしまうんですよね。
それがネックだと思います。

10万円の納税なら820円。
50万円なら4,104円も余計な支払いが増えてしまいます・・・。

還元率が1%以上のクレジットカードならお得になる

決済手数料がもったいないように思えますが、クレジットカードを使うことで付与されるポイントのことを思い出してみましょう。

決済手数料の0.82%よりも多くのポイントが貯まるのであれば、現金で納税するよりもお得になりますよね。

仮に還元率が1%のクレジットカードで10万円を納税したとして計算してみましょう。

100,000円 + 820円(決済手数料) – 1,000円(還元ポイント) = 99,820円

この場合、180円だけになりますが、現金で納税するよりもお得になりましたね!

有名ドコロの楽天カードYahoo! JAPANカードであれば、還元率1%あるのでお得になりますよ。

また、マイルを貯めている方であれば、ANAカードJALカードを使うことで、多くのマイルを貯められます。

納税額が大きければ、特典航空券に交換できるぐらいのマイルになりますよ。

ノマド的節約術では、還元率の高いクレジットカードを紹介していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

参考:(年会費有料あり)ポイント還元率が高いクレカまとめ
参考:(年会費無料のみ)ポイント還元率が高いクレカまとめ

対応しているクレジットカードブランドの一覧

まずはお得に支払う方法を紹介しましたが、どのクレジットカードが使えるのかも気になるところですよね。

国税の納付に対応しているクレジットカードブランドを以下でまとめました。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • AMEX
  • Diners
  • TS CUBIC CARD

主要ブランドはすべて対応しているので、基本的にどのクレジットカードでも支払いができますね。

メインで使っているカードや上で紹介した還元率の高いクレジットカードを使うのがおすすめです。

対象になる税金

国税クレジットカードお支払サイトでは、国税の納付ができると紹介しましたが、具体的にどの税金が支払えるのかを知っておくと、より節約につながります。

以下で一覧にしましたので、自分がこれから支払う税金が対象になっているかチェックしてみてください。

  • 申告所得税及復興特別所得税
  • 消費税及地方消費税
  • 法人税
  • 法人税(連結納税)
  • 地方法人税
  • 地方法人税(連結納税)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
  • 源泉所得税(告知分)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税
  • 復興特別法人税(連結納税)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及たばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及地方道路税
  • 揮発油税及地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分)
  • 自動車重量税(告知分)
  • 印紙税

nanacoを使って納税するほうがお得です

すべての税金が対象になるわけではないのですが、所得税などのコンビニ払いに対応した納付書が届くものであれば、国税クレジットカードお支払サイトを使うよりもお得な方法があります。

それは、電子マネーのnanacoを使うこと。
チャージされたnanacoの残高は税金支払に使うこともできます。

また、一部のクレジットカードは、カードからのチャージでポイントが貯まるものもあり、これを使えば決済手数料を払うことなく税金払いができますね!

私はこの方法を使ってあらゆる税金を支払っていますよ。

詳しくは以下の2記事をチェックするのがおすすめです!

さいごに

国税クレジットカードお支払サイトがあるのはとても便利ですが、それだけ使うよりもお得にできる方法があります。

使うクレジットカードを工夫したり、nanacoチャージを活用するなどすれば、もっと税金の支払いの負担を軽くできますよ。

普通は税金の支払いを軽くできないので、地道なことの積み重ねの効果が出やすいです。

ぜひお試しくださいね!

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。
詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る