【節約男メシ】一杯200円で満腹に!誰でもかんたんなスタミナ焼き肉丼と唐揚げとじ丼を作ってみた

スポンサーリンク

一人暮らしの男性がただ自炊するだけでは、お金がかかってしまいます。
なぜなら、食べる量が多く、一食分における予算がかなり大きいから・・・。

そんな理由で、もっともコスパの悪い「外食」をしていませんか?

私自身、健康志向の時期があり、健康的な料理をしようとしていました。

しかし、一食に対する予算は、お肉・野菜・調味料を買うだけで1,000円オーバー。
「明日のおかずに」と残しておこうとしても、案外食べきってしまうものですよね。

そんな節約できない自炊地獄から脱出するべく、筆者が実践する節約男メシを紹介します!

節約男メシ 1杯200円で満腹になるご飯の作り方

ボリューム満点!一杯200円で簡単につくれる、スタミナ焼肉丼!

焼肉丼

今回紹介したいのがお肉料理です。
安くて美味しいご飯を食べて、スタミナをつけたいですからね。

というわけで、ボリューム満点の丼ぶり料理2品のレシピを紹介!

まずは、「スタミナ炊き肉丼」です。

用意する食材

焼肉丼の用意する食材

この料理に必要な食材と予算は以下の通りです。

【食材】

  • 豚肉(200g)…200円
  • ピーマン(1個)…10円
  • 卵(1個)…12円 ※1パック12個入りで150円

【調味料】

  • 焼肉のたれ(大さじ2杯)…1本200〜300円
  • 青ネギ(1つまみ分)…1パック100円 ※お好みで

費用合計:約225円(1杯分:約110円)

※お肉の量は多めに!
2食分にしましょう。

丼ぶり料理なので、お米も炊き忘れないように!

あとは油も忘れずに。
私は健康志向なので、私はオリーブオイルを使っています。

▼この「Carbonell」のオリーブオイルはおすすめです。459gも入っているのに、298円でした!

「Carbonell」のオリーブオイル

料理手順

1.
まずはピーマンを3mmくらいに細切りし、炒めましょう。
切り方はお好みですが、お肉の大きさに合わせると食べやすいです。

ピーマンを3mmくらいに細切りし、炒める。

2.
ピーマンに焦げ目がついてきたら、お肉を入れて炒めます。

お肉を炒めている

ラフな男飯といっても、普段料理をする時にはお肉の次に野菜を炒めたほうが良いです。
先にお肉を炒めることでしっかりと火を通せるし、肉のうまみ部分が油の代わりになりますよ。

ただし今回は、お肉の量が二食分と多めでピーマンは一つだけなので、先に野菜を炒めます。
お肉を先に炒めてしまうと、加熱しすぎて固くなってしまうのでご注意を。

3.
お肉も野菜も火が通ってきたら、調味料の焼肉のタレを入れて具材と絡めましょう。

調味料の焼肉のタレを入れて具材と絡める

味付けはこれだけです。非常にシンプルですが、焼き肉のタレは美味しいですし、何よりご飯が進む味になります!

4.
全体にタレの味が絡んだら、ご飯の上によそいます。
卵の白身を抜き、黄身を乗せれば完成!

焼肉丼

スタミナ焼肉丼、完成! 調理時間は約10分

黄身を割って混ぜて食べると、本当に美味しいんです。
食べづらければ黄身はかき混ぜてから入れましょう!

スタミナ焼肉丼の動画はこちら

お惣菜を上手に使う!一杯200円で簡単につくれる、唐揚げとじ丼!

続いて紹介するのは、唐揚げとじ丼。

唐揚げとじ丼

唐揚げって美味しいですよね。
私が22年間生きてきたなかで「唐揚げが嫌い!」という人に出会ったことがないくらい、人気メニューでもあります。

しかし、一人暮らしにとって「唐揚げを揚げる」のは、とてつもなく面倒です。

つくるのは面倒だけど、安く美味しいものが食べたい・・・。
そんな欲求を満たしてくれるのが、スーパーのお惣菜です。

さらにスーパーは、つくってから時間が経過していると値引きをしてくれますよね。

出費も料理にかかる時間も節約してくれるスーパーを大いに活用すべし!

というわけで、スーパーで唐揚げを調達してきました。
もちろん、コンビニで販売している唐揚げでも大丈夫ですよ。

用意する食材

唐揚げとじ丼の食材

この料理に必要な食材と予算は以下です。

【食材】

  • 唐揚げ(178g)…164円
  • ピーマン(1個)…10円
  • 卵(1個)…12円 ※1パック12個入りで150円

【調味料】

  • 白だし(大さじ2杯)…1本200~300円
  • 青ネギ(1つまみ分)…1パック100円 ※お好みで

費用合計合計:約190円
※唐揚げも2食分の量を調達しました!

焼肉丼に同じく、こちらもご飯の炊き忘れには注意!
意外と大切なことなので、2回言いました。

料理手順

1.
まずは前述した焼肉丼と同じように、ピーマンを細切りにします。
もしピーマンを容易できない時は玉ねぎを代わりに使いましょう。

2.
焼肉丼レシピと同じく、まずはピーマンを炒めましょう。
ピーマンを炒めたら唐揚げを投下! というわけにはいきません!

3.
炒めたピーマンを別皿に移し、キッチンペーパーでフライパンを拭きましょう。

4.
きれいなフライパンに唐揚げとピーマン、水で薄めた白だしを注ぎ、弱火で加熱します。

炒めた唐揚げとピーマン、白だしで加熱

5.
卵を「の」の字にかけ、フライパンに蓋をして弱火で30秒ほど待ちます。

卵をかける

▼目安としては10~15回転ほど。この写真がお手本です。

たまごをかきまぜるお手本

フライパンが余熱の残る素材であれば、火をかけなくてもいいでしょう。

唐揚げとじ丼、完成!調理時間は約5分

自画自賛ですが、美味しそう!
最後は青ネギをのせて、完成です。

唐揚げとじ丼

大きな唐揚げの場合は食べやすい大きさにカットしてもよかったなという反省・・・。男飯ならではな失敗は日常茶飯事です。

お惣菜を上手に使う!一杯200円で簡単につくれる、唐揚げとじ丼!の動画はこちら

さいごに

今回のレシピで使用する食材なら、低予算で手に入れることができます。
特に調味料は、一度購入すれば何度でも応用できるので便利。

どちらのレシピも手軽さと安さを意識しているので、お腹いっぱいになれますし、男性でも料理を好きになるきっかけにもなるかもしれません。

ただ一つだけ注意しておきたいのは、健康かどうかはまた別の話ということ。
ガッツリ食べられる男飯だけではなく、日頃からバランスの良い食事を心がけてくださいね、

これを機に、出費の多い外食生活とお別れし、料理男子を目指してみてはいかがでしょうか。

関連する節約レシピはこちら

ノマド的節約術では、節約レシピや料理道具も紹介しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

石川優太(yutaishikawa)

ライター/編集者。オウンドメディア『LIFE,(ライフ)』編集長。博報堂ケトル出版『VVmagazine』ライター。他にも様々な媒体で編集、執筆、デザイン、撮影などのお仕事で生活しています。

執筆メンバの一覧を見る