はちみつレモン生姜の作り方を写真つきでレシピ・アレンジ方法を解説

スポンサーリンク

こんにちは!
節約料理が趣味の小田政子です。

寒くなってくると風邪が流行り出して、体調面が気になるかと思います。

冬だけではなく、空気が乾燥しやすい春から秋なども「なんだかのどが痛いなぁ」と体に違和感があるときも。

私はそんなとき、コンビニなどで手軽に買える「ビタミンドリンク」や「のど飴」などについ頼ってしまいます。

ただビタミンドリンクなどは、1本200円くらいするのでこまめに買っていたらお金がもったいないんですよね。

そんなときは自分で「はちみつレモン生姜」を作ってみるのもいいと思います。

このページでは、どうやってはちみつレモン生姜を作ればいいのかについて紹介していきますね。

「はちみつレモン生姜」の調理時間と材料費

まずは、「はちみつレモン生姜」を作るには、どれぐらいの時間やお金が必要になるのかが気になるのではないでしょうか。

▼「はちみつレモン生姜」を作るときにかかる時間と材料費は以下の通りです。

  • 調理時間:約5分
  • 1人分:約38円

5分であっという間にできるので、思い立ったときにすぐ作れますよ。

はちみつレモン生姜を作るときの材料費は約38円!

市販されているのど飴やビタミンドリンクの値段と比べて、半分以下の金額で作れました。

また、このレシピには火を使いません。
材料を包丁でカットしたあとは、はちみつと混ぜるだけ。

とても簡単ですが、包丁を使うときは手を切らないように気をつけましょう。

はちみつレモン生姜を作るのに必要な材料

▼「はちみつレモン生姜」を作るのに必要な材料は以下の通りです。

  • レモン:2個
  • はちみつ:大さじ5
  • 生姜:1かけら

はちみつレモン生姜のレシピ画像

材料の中のはちみつですが、はちみつの容器に「1歳未満の乳児には与えないように」と注意書きがありました。

はちみつには「ボツリヌス菌」という菌がまれに含まれており、大人であれば食べても平気なのですが赤ちゃんは免疫力や抵抗力が弱く、大人にとっては平気なものでも、病気になってしまうそうです。

なので1歳未満のお子さんがいる場合は、はちみつをあげないように気をつけてくださいね。

「はちみつレモン生姜」の作り方を写真つきで紹介

材料が用意できたところでさっそく「はちみつレモン生姜」を作っていきましょう!

作り方を写真つきで紹介しますね。

▼1. レモンを輪切りにする
レモンを水でよく洗ったら、包丁で1センチ幅にカットします。

このとき、レモンの種も取り除いておきましょう。

はちみつレモン生姜のレシピ画像

▼2. 生姜を輪切りにする
生姜を水でよく洗ったあとに、包丁で2ミリくらいに薄くカットします。

私は生姜の皮を剥かずに使いますが、気になる場合は皮を剥いてくださいね。

はちみつレモン生姜のレシピ画像

▼3. 器にレモンと生姜を入れてはちみつをかける
レモンと生姜の上から、はちみつをかけたらあっという間に完成です。

はちみつの量は大さじ5としていますが、容器の大きさに合わせてたくさんかけても大丈夫ですよ。

ただ、はちみつに漬けてからしばらくすると、レモンや生姜から水分が出てきて、意外と水分量が増えるので様子を見ながらはちみつの量を調整してくださいね。

また材料を入れる容器は、長期保存に適している耐熱素材の瓶や、ガラス素材がおすすめです。

材料を入れる前に、容器を熱湯消毒して清潔にしておきましょう。

はちみつレモン生姜のレシピ画像

4. 冷蔵庫で1日以上冷やす
完成したらすぐ食べるのではなく、冷蔵庫に入れて一晩寝かせましょう。

そうすることで、レモンと生姜にはちみつが染みてより美味しくなりますよ。

はちみつレモン生姜は、一度作って冷蔵庫で保存しておくとだいたい3ヶ月以上は持ちます。

一度作ってしまえば、食べたいときにすぐ食べられますよ。

長期保存する場合は、雑菌が入らないようにスプーンの使い回しはせずに、毎回キレイなスプーンで取り出すようにしましょう!

「はちみつレモン生姜」を食べた感想・おすすめの食べ方

はちみつレモン生姜のレシピ

はちみつレモン生姜は、色々な食べ方や飲み方ができますが、まずはレモンだけ取り出して食べてみてください。

はちみつにしっかり漬けたことで、そのままでは酸っぱすぎて食べづらいレモンが、まろやかな甘酸っぱさに変わります。

市販のビタミンドリンクなどを頼らずに、生のレモンを食べることで「ビタミンしっかり取ってる〜!」という気持ちになりました。

私は疲れたときや気持ちをリフレッシュしたいときにレモンをよく食べます。

「はちみつレモン生姜」のおすすめアレンジ

はちみつに漬けたレモンと生姜は、そのまま食べても美味しいんですが、いろいろなアレンジができるので紹介しますね。

お湯を注いでホットレモンに

コップにはちみつレモン生姜を入れて、お湯を注ぐだけ。
たったこれだけで、簡単にホットレモンができちゃいます!

コップに入れるはちみつの量を調整することで、好みの甘さで飲めますよ。
ホットドリンクにすることで、体もポカポカ温まります。

紅茶に入れてもレモンティーにしてもいいですね!

はちみつレモン生姜のレシピ画像

ジャムの代わりにヨーグルトにトッピング

ヨーグルトの上にレモンを乗せるだけ。
レモンにはちみつが染みていて甘酸っぱいので、無糖のヨーグルトにもよく合うんです。

ただのヨーグルトがなんだかちょっとオシャレに見えちゃいますね。

▼思わず写真に撮りたくなってしまいました。

はちみつレモン生姜のレシピ画像

はちみつレモン生姜の作り方はこちら

さいごに

はちみつレモン生姜を作ると、自分でいろいろと買う必要がなくなって、節約になります。

自分で作ることでより美味しく感じると思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小田政子

1988年生まれ。長崎県出身のフリーライターです。 携帯ショップでの販売経験をきっかけに、自分が魅力的なモノ、サービスを人に伝えることが大好きになりました。 趣味は料理で特にお菓子作りが好きです。簡単にできて美味しいレシピを記事や動画で発信していきます。

執筆メンバの一覧を見る