クライストチャーチ国際空港でSIMカードを購入してネット接続する方法

松本 博樹の画像

こんにちは!
ノマド的節約術の松本です。

ニュージーランド第2の都市であるクライストチャーチ国際空港。

ニュージーランド以外の国からクライストチャーチに入った場合は、ネット環境が必要になりますよね。

SIMフリーのスマートフォンを持っているのなら、SIMカードが必要になります。

クライストチャーチ国際空港にはSIMカード売り場があるので、どのような感じになっているのかを紹介しますね。

SIM売り場はvodafoneとSparkの2種類

クライストチャーチ空港のSIM売り場は2ヶ所ありました。

vodafoneとのSparkの2種類。
2ヶ所がすぐ近くにあるので、迷うことはありませんよ。レンタカーエリアの奥にあります。

クライストチャーチ国際空港 vodafone SIM売り場

クライストチャーチ国際空港 Spark SIM売り場

値段の面では大して変わらないので、どちらを選んでも大丈夫です。

また、既にSIMを入れていて、データ容量を使いきってしまった場合の追加にも対応しています。追加する場合は1GBで20NZドル。

SIMカードの買い方は、店員さんに旅行日数と必要なデータ容量を伝えるだけ。
500MBと3GBがあるので、3GBにしておくのが無難です。

今回、8日間もニュージーランドにいましたが、毎日それなりに使っても3GBで十分でしたよ。

テザリングしてパソコンでの作業にも使いましたが、制限範囲内におさまったはず。

ネットがつながらない環境以外で、接続に不便を感じたことはありませんでした。

ちなみに、SIM売り場は午前2時まで営業しています。

遅くに到着したとしても、よほどではない限り、SIMカードを買うことができますので、安心してくださいね。

ネット接続できたら、旅を楽しもう

無事にネット接続できたら、あとはクライストチャーチでの旅を楽しみましょう!

レンタカーも借りたら、南島での行動範囲も広がりますよ。

南島の目玉になっているのが、レイク・テカポ。
このあと実際に行ってきましたが、あまりの美しい景色に衝撃を受けました。

レイク・テカポまで行けたのも、SIMがあってGoogleMapを使えたからこそ。

おまけ:他のニュージーランド国内の空港でのSIM情報

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール