ウェリントン国際空港でSIMカードを購入してネットに接続する方法

スポンサーリンク

こんにちは!
ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

ニュージーランドの首都であるウェリントンに来ました!

オーストラリアのシドニーから便があり、国をまたいできたので、ネット接続するためにSIMカードが必要になります。

ウェリントン国際空港では、検査エリアを出たあとにvodafoneのSIM売り場がありますよ。

そこでSIMカードを購入しましたので、どのような手続きだったのかを紹介していきます。

ちなみに、2016年8月末時点でやったことなので、最新は現地の店舗で確認してください。

ウェリントン国際空港でSIMカードを購入して接続するまでの流れ

検査エリアを出て、左前に進むとvodafoneのお店が見えます。

▼赤い外観になっているので、遠くからでも目立っていますよ。

ウェリントン国際空港 vodafone SIMカード売り場

ニュージーランドのトラベルSIMは500MBと3GBの2種類があります。

私は、49NZDで3GB・10日間使えるSIMを選びました。

4Gに接続でき、SIMを入れておけば、スマホからのネット接続に困ることはなくなりますよ。

ウェリントン国際空港のvodafoneでは、クレジットカードを使った支払いに対応していますので、現金を持っていなくても大丈夫です。

ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」や、キャッシュパスポートなどの海外プリペイドカードでも支払いできますよ。

SIMカードを挿入してから、ネット接続ができるようになるまで10分ほどかかります。

その間にネット接続すると、vodafoneのアプリを入れてくださいという画面になりますが、ネットがつながっていないので、操作できません。

アクティベートという接続できるまでの時間を待って、しばらくしてからネット接続の確認をしてください。

しばらくしたあとに、スマホからネット接続してみると、普通に使うことができました。

また、ウェリントン国際空港に到着したのが、日付が変わるぐらいでした。
それでもvodafoneのお店は普通に開いてましたよ。

ウェリントン国際空港 vodafone

SIMフリー携帯を持っているならSIMを使おう

SIMフリーのスマホを持っているのであれば、国が変わってもSIMカードを差し換えるだけで同じスマホでネット接続できます。

SIMカードを挿すために必要なピンを持っていなくても、店員さんがやってくれましたよ。

SIMカードの設定ができたら、あとは細かいことを気にせず、ニュージーランド旅行を楽しみましょう!

petoneの海辺。 海と山が近い!

hiroki matsumotoさん(@cocowa_kobe)が投稿した写真 –

ネット接続はそこまで速くない

プリペイドSIM vodafoneの速度

スマホからパソコンにネット接続しようと思って、テザリングすることもあったんですが、たまにつながらないことがあって、不便に感じることもありました。

仕事しながら旅をする場合には、注意が必要です。

スマホだけでネットを使う分には、特に不便がなかったですよ。

おまけ:他のニュージーランド国内の空港でのSIM情報

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る