初心者が株を始めるにあたって必要なものは?勉強や本、資金、おすすめの証券会社について解説

大西カツシの画像

「株を始めたい」と思っていても、投資をしたことがないと、何から始めたらいいかわからないのではないでしょうか。

株を始めるには、株の購入資金や証券口座など、事前に準備が必要なものがいくつかあります。

また、実際に株取引をする前に知っておいたほうがいいこともありますよ。

そこでこのページでは、株を始めるにあたって必要なものや、株の勉強やおすすめの本、資金がどれぐらい必要なのか、おすすめの証券会社などについて紹介していきますね。

初心者が株を始めるにあたって必要なものは?

株を始める前に知っておきたいこと

まずは、株を始める前に知っておいたほうがいいことをまとめました。

  • 株式投資は元本保証ではない
  • 生活に支障が出ない余裕資金で行う
  • 投資結果は全て自己責任

株式投資は、銀行預金のように元本は保証されていません。

株価が上がると利益は出ますが、株価が下がると損失が出て、投資したお金は減ってしまいます。

投資先の企業が倒産して、投資したお金がなくなってしまう可能性もゼロではありませんよ。

株式投資で損をしても生活に支障が出ないように、まずは少額から始めて、取引に慣れてからも余裕資金で行うことが大切です。

また、ネットや雑誌にはおすすめの株がたくさん紹介されていますが、おすすめの株を買っても必ず利益が出るわけではありません。

株式投資において、投資結果は全て自己責任であることも理解しておきましょう。

もしかしたら、ここまでの説明を読んで、株を始めるのが少し怖くなったかもしれませんね。

しかし、現物取引だけにして信用取引を使わなければ、投資したお金以上に損をすることはないので、必要以上に怖がることはありません。

初心者が株を始めるために必要なもの

初心者が株を始めるために必要なものは以下3つです。

  • 株式投資の基礎知識
  • 株の購入資金
  • 証券会社の口座(証券口座)

実際に株を買う前に、最低でも取引ルールぐらいは知っておいたほうがいいですね。

また、株の購入資金や証券口座も必要です。

ここからは、これら3つについて詳しく説明していきますね。

株を始めるのに勉強は必要?

初めて株式投資をするなら、やはり基礎知識は必要です。

とはいえ、勉強に力を入れすぎると、いつまで経っても株を始められなくなります。

まずは初心者向けの本を1冊読んで、取引ルールなど最低限必要な知識を身に付けましょう。

マンガでわかる最強の株入門」がわかりやすくておすすめですよ。

本を1通り読んだら、後は実際に取引してみて、わからないところがあったらその都度ネットや本で調べるのがいいと思います。

サッカーの本を読んだだけでサッカーがうまくならないように、株も実際にやってみないとうまく取引できるようにはなりません。

最初は思うように取引できないかもしれませんが、場数を踏むことで、自分に合った取引方法や銘柄の選び方などがわかってきますよ。

株を始めるのに必要な資金

株式投資は、通常100株単位で取引が行われます。

たとえば、株価1,000円の株を買う場合は、購入資金として10万円(1,000円×100株)用意しなくてはなりません(手数料を除く)。

しかし、最近では1株単位で取引できる証券会社もあります。

1株単位の取引なら数百円から株を買えるので、数千円もあれば株を始められますよ。

これから株を始めるなら、まずは1株単位で試してみて、慣れてきたら100株単位で取引するのがおすすめです。

おすすめの証券会社については、後で詳しく説明しますね。

株を始めるならネット証券がおすすめ

株取引をするには、証券会社の口座が必要です。

初めて株式投資をする場合、「わからないことを担当者に直接質問できる店舗型の証券会社がいい」と思うかもしれませんが、おすすめしません。

店舗型の証券会社は取引手数料が高いですし、窓口で不要なセールスを受けて、手数料が高い金融商品を買ってしまう可能性もあるからです。

これから株を始めるなら、取引手数料が安く、パソコンやスマホから簡単に取引できるネット証券がおすすめですよ。

ネット証券は、株の注文方法などについて解説ページが用意されていますし、わからないことがあれば電話で質問できるので、初めてでも問題なく取引できます。

ただし、「どの銘柄に投資すればいいか」など、投資に関する質問はできないので注意してくださいね。

証券会社の口座開設に必要なもの

初めて証券会社で口座開設する場合、何を用意すればいいかわからないと思います。

証券会社の口座開設に必要なものをまとめました。

  • 銀行口座
  • 身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
  • マイナンバー(マイナンバーカード、通知カード)
  • ネット環境(スマホでOK)

証券会社の口座開設では、証券口座から出金するときの銀行口座を登録します。

また、本人確認として、身分証明書とマイナンバーの提出が必要です。

ネット証券で取引するにはネット環境が必要ですが、パソコンがなくてもスマホがあれば大丈夫ですよ。

初心者におすすめのネット証券

株式投資で必要なもの

これから株を始める場合、どのネット証券を使えばいいか気になるのではないでしょうか。

初めての株式投資は、SBIネオモバイル証券がおすすめです。

SBIネオモバイル証券は1株から株が買えるので、銘柄によっては数百円あれば株式投資を始められます。

Tポイントで株を買うこともできるため、Tポイントが貯まっているなら現金を使わずに株を買うことも可能ですよ。

また、SBIネオモバイル証券は手数料が割安で、1か月の取引金額合計が50万円以内なら月額220円(税込)で何度でも取引できるのも魅力です。

株式投資に慣れて100株単位で取引するようになったら、1日50万円まで手数料無料で取引できるSBI証券楽天証券もおすすめですよ。

さいごに

株式投資は元本保証ではないので、まずは少額から余裕資金で始めることが大切です。

初心者向けの本を1冊読んで基本的な取引ルールが理解できたら、証券口座を開設して、実際に取引しながら経験を積んでいきましょう。

最初は思うように取引できないかもしれませんが、回数を重ねれば、自分に合った取引方法や銘柄の選び方がわかってきます。

これから証券口座を開設するなら、1株単位で取引できるSBIネオモバイル証券がおすすめですよ。

この記事を書いた人

1979年生まれ、千葉県在住の金融ライターです。もともとはお金が苦手で、まったく貯金できませんでしたが、結婚をきっかけにお金について勉強するようになりました。保有資格は2級FP技能士・AFP。投資経験は10年以上で、インデックス投資と不動産投資で資産形成中。ノマド的節約術では、資産形成に関する記事を中心に執筆しています。

大西カツシのプロフィール